第二章 第一話 浜の松風

山王機関本部さんのうきかんほんぶ
帆村ほむら魯公ろこう
なんということだ!
全くけしからん!!

帝都も春爛漫らんまんツツジの花も
咲き誇る頃である。
山王さんのう機関本部――
帆村ほむら魯公ろこうの声が響く。
憤懣ふんまんかた無いといった様子である。

喪神もがみ梨央りお
た、隊長……
いったい、どうかされたんですか?
帆村ほむら魯公ろこう
どうしたも、こうしたも……
やれやれ………
第三連隊の常田松柏つねだしょうはく大佐が、
参謀本部に上申したらしい――
あろうことか玄理げんり派の署名も記して。
喪神もがみ梨央りお
玄理げんり派として、上申したんですか?
――それで、何を?
帆村ほむら魯公ろこう
連隊将兵の教育を目的として、
極秘資料の開示を求めておるそうだ。
戦計画実施綱領という論文だ。
喪神もがみ梨央りお
その論文……
セヒラが発見された年に
書かれたものですね――
帆村ほむら魯公ろこう
帝大のつた博士がセヒラを同定して、
それを待っていたかのように
参謀本部に提出されたんだ――
その論文が元で、戦も見据え、
山王さんのう機関が設立された。
当面は怪人鎮定ちんていが任務だが――
論文は柄谷がらたに生慧蔵いえぞうという京大の学者がまとめたものだが……
はたしてが見えておるのか――

山王さんのう機関の職員が一通の電報を持ってきた。
風魔ふうま宛の電報である――

喪神もがみ梨央りお
兄さんに電報だそうです。
帆村ほむら魯公ろこう
風魔に?
どこからだ?
差出人は?
喪神もがみ梨央りお
それが、不明です、
――記されていないんです。
帆村ほむら魯公ろこう
ふむ、梨央りお……
読んで見ろ。

喪神もがみ梨央りお
えーっと……
ハマカゼニ ミヤノシラユリ
ユレテマツ──
これは俳句でしょうか?
【落ち着いた声】
浜風に 宮の白百合しらゆり 揺れて待つ
――いきな句だな!
帆村ほむら魯公ろこう
虹人こうじん
戻っていたのか!

帆村ほむら虹人こうじん
その風貌ふうぼうからは想像し難いが、
魯公ろこうの歳の離れた異母弟にあたる。
虹人こうじんもまた山王さんのう機関の帥士すいしである。
軍属ながら帥士すいしとしては
風魔の先輩格だ。
その符号は、金ノ七号帥士きんのしちごうすいしという。

帆村ほむら魯公ろこう
いつ京都から?
連絡くらい入れたらどうなんだ。

帆村ほむら虹人こうじん
京都午後十一時四十五分発の夜行で、
東京に着いて、興亜こうあ百貨店に寄り、
今戻ったところです。
ところでその歌は、
何かのお誘いなのか?
喪神もがみ梨央りお
お誘い、ですか?
特務機関員にそんなことするのって、
誰なんでしょうか?
機関本部には参謀本部か、
第一連隊からしか連絡が来ません。
直接、電報が来るなんて――
帆村ほむら虹人こうじん
しかも……差出人不明だ。
これは公務発動でいいんじゃないか?
喪神もがみ梨央りお
えっ? この電報だけで公務?
そうなんですか?
帆村ほむら虹人こうじん
その俳句みたいなの、
いろいろ含みがあるよ。
それが問題なんだよ――
まず、浜風にというやつさ。
これは場所だね、海の近く――
浜の名のある場所じゃないか?
喪神もがみ梨央りお
浜の名前……
東京ですよね、横浜とかじゃなく。
――浜……どこでしょうか……
浜……
もしかして……浜松町はままつちょうでしょうか?
――あっ、浜離宮はまりきゅう
帆村ほむら虹人こうじん
そうか! でかしたぞ、梨央!
浜風は浜離宮はまりきゅうだ、宮の白百合しらゆりの宮、
まさに皇室、浜離宮はまりきゅうは皇室の管轄かんかつだ。
それじゃ、白百合しらゆりをどう読むか?
百合ゆりの季語は夏だしなぁ……
きっと別な意味があるはず――
白百合しらゆりが揺れて待つわけだから、
待つ人自身を現すのかもね。
――色白で百合ゆりのような人……
帆村ほむら魯公ろこう
それが電報の主という可能性もある。
けど、引っかけかも知れんから、
早合点はやがてんすんだな。
帆村ほむら虹人こうじん
白百合しらゆりから想像できるのは、
まぁ、普通は女だよ!
喪神もがみ梨央りお
え? 女の人?
誰か心当たりでもあるんですか?
――兄さん……
帆村ほむら虹人こうじん
どうした、梨央?
浮かない顔して……
喪神もがみ梨央りお
電報の主は女の人で、
浜離宮はまりきゅうで兄さんを待っている、
そういうことなんですね?
帆村ほむら虹人こうじん
多分、そういうことだろう。
揺れて待つというのは、
おそらく心情を現している――
喪神もがみ梨央りお
心情? 心の様子ですか?
そんなことまで織り込んで、
機関本部に電報を寄越すんですか?
帆村ほむら虹人こうじん
なぜかはわからんさ――
これ以上、詮索せんさくは無理だろう。
いっそ、誘いに乗ればどうだい?
帆村ほむら魯公ろこう
しかし、何かの罠やも知れん。
帆村ほむら虹人こうじん
それなら尚更なおさらですよ、兄上。
平気です、少し離れた場所から、
風魔の様子を監視していればいい。
喪神もがみ梨央りお
でも、あそこは皇室の離宮です。
用もなく立ち入ることは……
帆村ほむら虹人こうじん
今日は参謀本部が各界の要人を
案内するということみたいだ。
参謀長の橘宮慶和たちばなのみやよしかず親王がね。
帆村ほむら魯公ろこう
なるほど!
なら、なおさらだ、浜離宮はまりきゅうだ。
電報の主は招待客かも知れんな。
帆村ほむら虹人こうじん
僕もとある人から、さそいを受けて
いたんだが、ここの公務があるから
断ろうと思っていたのさ。
京都の報告書が後回しでいいなら、
僕が先に行って手はずを
整えておこう。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ、仕方がない、
しっかり頼むぞ、虹人こうじん
喪神もがみ梨央りお
兄さん、浜離宮はまりきゅう京橋きょうばしの、
海軍医学校にある四探よんたんで観測します。

浜離宮入口はまりきゅういりぐち

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
今のところセヒラはありません。
もしこれがわなで、
異変を感知したら、すぐ知らせます。

【着信 帆村ほむら虹人こうじん
そのまま奥へ進むといい。
お前のことがちゃんと
監視できる場所にいる。問題ない。

【高輪の婦人】
今日、陸軍参謀がお招きですってね。
先ほど英国イギリス領事をお見かけしました。
普段静かな離宮も、
今日に限ってはにぎやかなこと。
ここだけは帝都の騒動とも、
無縁のご様子ですね。
【着信 喪神もがみ梨央りお
兄さん、
来賓らいひんとはあまり話さないほうが……
疑われて騒ぎになると面倒です。

仏蘭西フランス大使館三等書記】
この庭園は、我が国の庭園とは、
また異なったおもむきがあります。
池を囲む景観が美しいですね。
【美しい碧い瞳の女性】
日本人は自然を取り入れるのが、
とても上手なのです。

……あなたは……
――フーマ……
仏蘭西フランス大使館三等書記】
おや、お知り合いですか。
【美しい碧い瞳の女性】
ええ、がお招きしました。
私はこれで……
失礼します。
【着信 帆村ほむら虹人こうじん
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
そのまま計画を進行してくれ。

【美しい碧い瞳の女性】
――またおい出来ましたね。
謎かけのような電報、
申し訳ありませんでした。
あまり自由にならないものですから。
改めて自己紹介します――
私はユリア・クラウフマン、
アーネンエルベの研究者です。
【ユリア・クラウフマン】
せっかくです、この美しい庭園、
少し、歩きませんか?

【ユリア・クラウフマン】
私は錬金術師アルケミストとして、
ホムンクルスの研究、
続けてきました。
研究は一定の成果を収めました。
魂を持たないホムンクルスは、
それゆえに最強の兵士になるのです。
アーネンエルベは、
優生アーリア人の根拠を探る、
それを目的に設立されました。
この国のセフィラを自在に操り、
を手に入れることができれば、
神霊しんれいの世界をも支配できる――
そうした考えが支配的です。
私の研究も日本に来て進展しました。
ただ……
アーネンエルベの召喚師、
クルト・ヘーゲンの野心には、
底知れぬものがあるようです――
彼はこの国の人々を憎んでいる――
いや、世界中を憎んでいるのです。
その憎しみ、途方も無く深い……

アーネンエルベのホムンクルスです。
今、こっちへ来ます――
我らがお嬢さんフロイラインです。
この娘はフーマと戦うように、
刷り込みアプドロックがされています。
戦いを終えると揮発きはつします。

【不思議な少女】
モガミフーマ……標的……確認……
戦闘ヲ始メル!

《バトル》

【着信 帆村ほむら虹人こうじん
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
セヒラに乱れがあるが、怪人なのか?
【着信 帆村ほむら魯公ろこう
何だ、新手か?
金ノ七号帥士きんのしちごうすいし、加勢できるか?
【着信 帆村ほむら虹人こうじん
いや、ちょっと手遅れです、
間に合いません!!

【不思議な少女】
戦イ……終了スル……
【ユリア・クラウフマン】
ホムンクルスには善悪がありません。
り込まれた通りに行動するのみ。
――どうか、失礼をお許し下さい。
フーマの戦い方、技を極める流儀。
憎しみや恨み、何ひとつ感じず、
またうかがえもしませんでした――
やはり私の思った通りです。
――ぜひ、これをお持ちください。
私の研究ノートです。
研究、いま道半みちなかばですが、
ホムンクルスの研究です、
お互いに発見があるはずです――
おそらく日本でも似た研究は、
すでにされているはず。
私の研究、まだ終りが見えません。
フーマ、日本と一緒に研究すれば、
相互にメリットが有るでしょう。
なかなか、素敵なこと――
そうではありませんか?
ただ、これがクルトに知れると、
やっかいです。
慎重に慎重を重ねるよう心がけます。
また、お会いできるでしょう。
今日は、ありがとうございました――
フーマ……

山王機関本部さんのうきかんほんぶ
喪神もがみ梨央りお
お帰りなさい、兄さ……
あっ!
銀河ぎんがゼットー】
やつらがホムンクルスの生成に
成功したというのが本当なら
これは大変なことになるぞ!!
連中に渡せる情報……
解読の済んだ偽典ぎてんの内容は
な~んにも問題がないっ!!
帆村ほむら魯公ろこう
帝都満洲ていとまんしゅうのことも、小出しにして、
渡してやれば良い。
連中から引き出せるもの、まだある。
銀河ぎんがゼットー】
このノートの解析こそが、
火急のよう、大火急のようである!!
帆村ほむら虹人こうじん
やれやれ、研究者というのは、
眼の色が変わった時は凄まじいな。
それにしても、アーネンエルベか……
なかなかに面白い。