第三章 第七話 蝶々夫人

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

調べるほどに謎が深まる国立防疫ぼうえき研究所。
新たにゼームス師団、東京ゼロ師団など、妄念もうねんから生まれたような材料が出た――

帆村ほむら魯公ろこう
参謀本部で散々調べたが、
防疫ぼうえき研の実態、つかみきれん。
山王さんのう機関設立に関係する要人を、
京都から招くなどしたものの、
らちかなんだ――
喪神もがみ梨央りお
隊長、特急つばめ号でいらしたのは、
その方なんですね?
帆村ほむら魯公ろこう
柄谷がらたに生慧蔵いえぞうという物理学者と、
聖宮成樹ひじりのみやなるき親王、このお二方だ。
聖宮ひじりのみや親王は宮内庁くないちょう陰陽寮おんみょうりょうの方だ。
学者先生がに関する論文を書き、
聖宮ひじりのみや親王が参謀本部に進言された――
今の参謀長も同じ皇族だしな。
喪神もがみ梨央りお
そのことは薄々知っていました。
そんな方でも解決できない……
そうなんですか?
帆村ほむら魯公ろこう
いろいろとな、入り組んでおる。
それに参謀長のご存じないこと、
陸軍省が知るよしなしと――
両者の関係がギクシャクしかねない、
そんな状況にもいたってしまい、
一旦いったん退くことにしたんだよ。
喪神もがみ梨央りお
あっ、そうそう、隊長!
虹人こうじんさんですが、浜離宮はまりきゅう隣の、
海軍軍医学校に向かわれました。
何でも集団でおかしなことになった、
そう通報があったそうです。
わずかにセヒラも観測します――
帆村ほむら魯公ろこう
おお、海軍軍医学校か!
あそこには四探よんたんがあるな。
ならば感度もいいはずだ――
風魔ふうま、気分を変えて、海際うみぎわだ。
虹人の様子、見てきてくれないか。

海軍軍医学校かいぐんぐんいがっこう中庭なかにわ

帆村ほむら虹人こうじん
ここの学生、そろいもそろって、
様子が変なんだ。
芝居がかった台詞を吐いて――
最初は何かのものの練習かと……
でも、話しかけても答えない、
まるでかれたみたいなんだ!
台詞セリフを聞いていると、
どうも蝶々夫人ちょうちょうふじんのようなんだよ。
プッチーニのオペラだよ――
米海軍士官のピンカートンが、
長崎で若い芸者をめとる――
その芸者が蝶々ちょうちょうだよ。
彼は帰国してしまい、日本には、蝶々ちょうちょうと生まれたばかりの子供が残る。蝶々ちょうちょう健気けなげに夫の帰りを待ち続ける。
でもピンカートンは米国アメリカで結婚する。
三年後、彼は妻をともなって再び来日、
その時初めて蝶々ちょうちょうは真実を知る――
まぁそんな筋書きだよ。
蝶々ちょうちょうなんて源氏名げんじなは妙だけど、
そこは愛嬌あいきょうだ――
学生の中にピンカートン中尉や、
米国領事シャープスを名乗る
奴らがいて、何だか混乱する!
風魔ふうま、ちょっと様子を
見てきてくれないか?
――僕は疲れたんだ――

海軍軍医学校かいぐんぐんいがっこう廊下ろうか

廊下ろうかでは学生達がたむろしていた。
一見すると何もおかしなところはないが、場に不似合ふにあいなほど空気が張り詰めている。

【米海軍少尉A】
ピンカートン中尉は憔悴しょうすいされて、
もう目も当てられません……
奥さんと一緒に日本に来られて、
着いた夜から、奥さんのケイトさん、
その姿が見えないんです。
この二週間、ずっとケイトさんを
お探しなんです、中尉は――
奥さん、どこ行ったんでしょうか?

【米海軍大尉B】
ピンカートン中尉の細君さいくんケイトは、
二週間前の寄港きこう以来、行方知れずだ。
異国の地で~♪
遠い空の下~♪
細君さいくんはどこへ行ったのか?
彼女は日本が初めてと聞く。
――さぞかし心細かろう!
おお、我が君よ~♪
今宵こよい何処どこに~♪
青い月よ答えておくれ~♪

【米海軍軍曹C】
リンカーン号の寄港した夜、
自分、見たんです――
ケイトさんが一人の日本人女性と……
おそらくあれが蝶々夫人ちょうちょうふじん~♪
三年の間、港を見続け~♪
リンカーン号のはたを探した~♪
蝶々夫人ちょうちょうふじん、ひどく思い詰めたようで、
ケイト夫人を従えて、
暗い河口かこうの方へ向かいました――

【米海軍大尉B】
遠い異国の細い道~♪
星影ほしかげ頼りに歩きましょう~♪

《バトル》

【米海軍大尉B】
ピンカートン中尉は、
心配で心配で消え入りそうだ。
三日だけ公務を休ませてやろう!

海軍軍医学校かいぐんぐんいがっこう講堂こうどう

【シャープレス領事】
私は蝶々ちょうちょう夫人のことも心配だ。
彼女の心中しんちゅう察するに余りある――
ピンカートンが蝶々ちょうちょうと結婚するという
その相談を受けた時、
私は彼に熟考じゅっこうを求めたのだ――
彼女は心底れていたのだよ。
領事館に挨拶あいさつに来た彼女を見て、
すぐにそう確信したのだ――
ちょうはねをむしるのは~♪
とても残酷な仕打ち~♪
たとえ愛が横たわろうとも~♪
ピンカートンはいずれ帰国する身。
罪な事をしてはいけない、
私はそうさとしたんだよ――
蝶々ちょうちょう夫人はこの三年間、
ずっと待ち、えたに違いない。
日本人女性らしい忍耐力にんたいりょくでね!

【シャープレス領事】
愛すればこその沈黙~♪
それは海よりも深く~♪
そらよりも広く~♪
それなのに、ピンカートンは
米人妻を連れて戻った!
奴の心はなまりで出来ているのか!

《バトル》

学生たちの芝居は浜でも行われているようだ。

浜松はままつまつ海岸かいがん

【ピンカートン中尉】
嗚呼ああ、我が妻ケイトよ~♪
その姿、見せておくれ~♪
仲介人ちゅうかいにんゴロー】
私が蝶々ちょうちょうを~♪
仲介ちゅうかいしたばかりに~♪
悲しみを増やしてしまった~♪
【女中スズキ】
蝶々ちょうちょう夫人の女中である私から、
申し上げるのは、やや困ったこと。
先日、夫人は子供を……
【ピンカートン中尉】
あああ、我が愛しの蝶々ちょうちょうよ~♪
二人の宝、あの子はどこに~♪
仲介人ちゅうかいにんゴロー】
ピンカートンさん!
蝶々ちょうちょうです、あなたに会いに……

蝶々夫人マダムバタフライ
ちょうはねをむしったのは貴方です。
だから私も同じことを――
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
セヒラ、観測しました!
蝶々夫人マダムバタフライ
あのを麻袋に詰め、
墓場にめました。
生きたままです――
【着信 喪神もがみ梨央りお
セヒラの値、
急上昇しています!
警戒してください!!
蝶々夫人マダムバタフライ
泣き声はじきみ~♪
命の炎が静かに消え~♪
墓の勝利が訪れた~♪
【着信 喪神もがみ梨央りお
すごいです! こんなセヒラ波形、
見たことありません!
蝶々夫人マダムバタフライ
ケイトさんは妊娠にんしんしていました。
どうか殺さないでと何度も何度も……
父の形見の刀、よく斬れますこと!
黒い水面みなもに血のあぶら~♪
命乞いのちごいもむなしく~♪
はらに刺した刀が月光つきひかりを受け~♪

《バトル》

辺りは静寂せいじゃくに包まれた。
その静けさは、何者かが息を潜めている、そんな静けさでもあった。

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
もうセヒラは観測されません。
本部へ帰還してください……

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん……
顛末てんまつは全部記録できました。
帆村ほむら虹人こうじん
今、話していたところだ、
蝶々ちょうちょう夫人とシナリオが違うって。
帆村ほむら魯公ろこう
蝶々ちょうちょう夫人は米海軍士官の妻を、
あやめたりはしない。
子供をめたりもしない――
喪神もがみ梨央りお
オペラでは、蝶々ちょうちょう夫人、
はかなんで自殺するんですよね?
帆村ほむら虹人こうじん
それも不自然な感じだけどね。
でも今度のは邪悪さに満ちている。
何者かが結末を書き換えたんだ――
帆村ほむら魯公ろこう
軍医学校の生らは、
それを演じさせられていたのか?
誰かが書き換えたシナリオを?
それはよほどのことだな……
しかも大勢の生らに一時いちどき
影響を与えたわけだ……
あの場所に何があったんだ……
梨央りお四探よんたんはどうだった?
海軍軍医学校の敷地内だろ?
喪神もがみ梨央りお
それが、四探よんたんの様子が変なんです、
セヒラを集めた形跡があります。
帆村ほむら魯公ろこう
何だと!?
それじゃ探信儀たんしんぎの不調によって、
軍医学校に怪異が生じたというのか?
喪神もがみ梨央りお
おそらくは……
今はもう直っていますが。
帆村ほむら魯公ろこう
探信儀たんしんぎがおかしくなると、
セヒラを集めたりするんだな?
喪神もがみ梨央りお
今回はそのようです。
もちろん、初めての事象です。
セヒラの波形も特異な形でした。
同じ形が出れば、同じことが……
今後、留意りゅういして観測します。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ、そうしてくれ。
まだまだセヒラの管理、
充分とは言えないな――
喪神もがみ梨央りお
セヒラが強くなっただけではない、
そうじゃないですか?
が脚本を書いたのですよ。
帆村ほむら魯公ろこう
おお、そうであった!!
これは思念の仕業にしては、
規模が大きすぎるな――
よほどの邪心が働いたようだ。
この件、調査対象としておこう。
喪神もがみ梨央りお
承知しょうちしました。
記録はまとめて提出できるように、
整理してじておきます。
帆村ほむら魯公ろこう
そうしてくれ……
虹人こうじんが疲れるのもわかる気がする。
風魔ふうまよ、ゆっくりしてくれ――