第三章 第八話 不忍池心中未遂

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

新聞では毎日のように怪人事件が報じられ、子供達の間では怪人遊びなる遊びが流行る。
興亜日報こうあにっぽう帝都版では再び特集を組んだ。
特集の中で「帥先そっせんヤ」と言う言葉が登場した。
悪戯いたずらに怪人化をそそのかすような連中のことだ。
あるいは自ら怪人を目指す者も帥先そっせんヤだった。

周防すおう彩女あやめ
こんにちは! 
喪神もがみさん、彩女あやめ、やって参りました!
今日は号外をお持ちしたんです――
興亜日報こうあにっぽうの号外です。

彩女の差し出した号外には、上野うえの公園で起きた心中未遂しんじゅうみすい事件を扇情せんじょう的に書き立てていた――
――画学生と売笑婦ばいしょうふ・心中未遂
――画学生行方ゆくえ知れず
――帥先そっせんヤによる教唆きょうさ

周防すおう彩女あやめ
昨日の夜、不忍池しのばずのいけに二人がいるところ、
散歩の人たちが見ているのです。
画学生さん、遺書も残して――
でも、朝には学生さんの姿がなく、
売笑婦ばいしょうふだけが死んでいたって――
不忍池しのばずのいけには物見遊山ものみゆさんのようにして、
大勢の人が集まっていました……
彩女さん、その心中事件に、
何か思うところ、あったんですか?
彩女、ざわざわとした胸騒ぎを
覚えましたの。
画学生は死にそこなって怪人になった、
裏で帥先そっせんヤがそそのかした――
そう言う人まで現れて……
喪神もがみ梨央りお
そんなことまで……
みんな、よく知ってますね!
帆村ほむら魯公ろこう
おう、周防すおうさん!
今日は、どうしましたかな?
周防すおう彩女あやめ
号外をお持ちしたんですの。
帆村ほむら魯公ろこう
さては、上野うえのの事件ですか?
売笑婦ばいしょうふだけが死んだという――
周防すおう彩女あやめ
そうですわ!
帆村ほむらさま、なにかご存知ですか?
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
死んだ売笑婦ばいしょうふなんだが、
その死因がさっぱりで――
外傷もなく、薬を飲んだ気配もなく、
とりあえず戸山とやま衛戍えいじゅ病院に収容し、
検死をしたらしい。
それでだ、どういうわけか、
参謀本部からうちに要請があってな、
銀河ぎんが博士が応援に駆けつけたんだ。
喪神もがみ梨央りお
ええ? ゼットー博士が?
じゃ、怪人化したのは、
学生じゃなく女性の方なんですか?
帆村ほむら魯公ろこう
状況を知った参謀本部の判断らしいが、
さっぱりわけがわからない!
――にしてもだ、この号外……
昨今さっこんの心中ブームと怪人現象を、
強引に結び付けようとしておるな。
帥先そっせんヤを増やすばかりだ――
喪神もがみ梨央りお
帥先そっせんヤって、率先そっせんするからですか?
片仮名のヤって屋のことですか、
普通に書くと率先屋ですよね?
帆村ほむら魯公ろこう
ブンヤの洒落しゃれだろうて。
この心中騒ぎ、何かありそうだ。
風魔、早速戸山とやまへ向かってくれ!

戸山衛戍病院とやまえいじゅびょういん・モルグ〕

銀河ぎんがゼットー】
検死医はアストラルを見たらしい。
バシーンと怪しい光が走ったと、
そういう報告だったそうだ!
彼らはアストラルを知らんからな。
でもボクはピーンと来たね!
参謀本部もピーンと来たんだ、きっと!
売笑婦ばいしょうふの思念がアストラル化した。
だとすればだ、このモルグにいるはず!
だが、現世では見えにくいぞ――
御託ごたくは沢山だな、勿論もちろんだ!
よし、この新開発の幽体刺激装置に、
電気を通して見るぞ!!

そう言うとゼットーは手に持つ2本の電気コードを接触させた。装置というより、普通の電気コードであった。

【売笑婦アストラル】
アタシは教えの通りにした――
ちゃんと死ねたよね……
死ぬ間際までしか覚えていないけど。
銀河ぎんがゼットー】
うぉう! 出たぞ、喪神もがみ君!
この反応、計算通りであーる!!
【売笑婦アストラル】
今がよみがえりの時かい?
――違う気がするよ……
さては金神こんじんは現れたのかい?
銀河ぎんがゼットー】
こ、金神こんじん
それが現れるとは、何事!?
一体全体、何が起きるっ!!
【売笑婦アストラル】
アタシ、だまされた?
フフフ……単純ね、アタシも。
悔しいから、あんたも道連れね!
銀河ぎんがゼットー】
喪神君! さぁ、審神者さにわの出番だぞ!!
を召喚して、戦うのだ!!
僕の愛しいたちよ、いでよ!!

《バトル》

銀河ぎんがゼットー】
素晴らしいグレ――ート!!
ボクのもたいしたものだろう!
ふほーっ!!
さぁて、君!
今の現象は何だ?
考えるまでもなく、解明したぞ!
女の思念が死によってぎ取られ、
セヒラに触れてアストラル化した。
実に明瞭明晰めいりょうめいせき含蓄がんちく深き推論だ!
しかーし!
何故、女アストラルは金神こんじん等と……
――わからん、さっぱりだ……
女は生前、
金神こんじんの存在を強く信じていたのか!
うーむ……そうかも知れん――
何者かにそうまれ……
――何と言うか、これを……
そうだ!!
洗脳だ! 女は洗脳されておった!
答は現場にある、そうだろ喪神もがみ君!
喪神君!
ここは君の機動力にゆだねる。
ボクは研究室に戻ることにするぞ。

不忍池しのばずのいけ

下谷したや署の巡査】
こら! 立ち去れ!
怪人などおらん、ここは平定へいていされた!
むむ……
特務の……方ですか、
その徽章きしょう山王さんのう機関ですね!
失礼しました!
怪人が出たなんてうわさが飛び交い、
不埒ふらちやからが詰めかけまして!
死にそこなった学生が、
怪人になったと、もっぱらの噂です。

寛永寺かんえいじの僧】
弁財天べんざいてん様をお招きするこの地で、
新宗教が活動をするのです――
怪しげな神職しんしょく風体ふうていの女が張本ちょうほんです。
信者は明階めいかいだの権正階ごんせいかいだの、
僧侶の位を名乗ります。
修行を積んだわけではないでしょうに。
傍迷惑はためいわくな話ですよ。

御徒町おかちまちの老婆】
あの死んだ女、
ここに何度も来ておったわい。
巫女みこさんみたいなのと一緒にな。
あれはもしや新宗教かいな……
他にも何人かおったのう、
まだまだ騒ぎは続くんじゃわい!
あの学生、よっぽど女に、
入れ込んでおったようじゃな。
けどな……
あの女のやり方じゃ、
死ねなんだ、そういうことじゃな。

明階めいかい信者】
私はこの世にてつとめを果たす。
教えの通りであるならば、
終末の時、多くの者がよみがえるだろう。
私はそれを見届け、命を終える。
それは無駄死むだじになどではない。
宿命、そう、宿命なのだ。
お前の仕事もおしまいだ。
さぁ、よみがえりにそなえるんだ。
私につとめを果たさせてくれ!!

《バトル》

明階めいかい信者】
ふふふふ……
これが答なのか――
長年、求めていたものは、これか!
――まぁよい、つとめは果たせぬが、
これでよみがえりはできる。
せいぜい、終末を迎え、
苦しむがいい――
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
上野うえの界隈かいわいのセヒラ、下がりませんが、
一旦、帰還してください!

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
新しい情報があるんです、
それで戻っていただきました。
帆村ほむら魯公ろこう
そうなんだよ、風魔ふうま
探信儀たんしんぎをいじくっていて、
いろいろわかってきた――
危険思想の新宗教がからんでおる。
不忍池しのばずのいけぁさんも言っておったろう、
巫女みこさんみたいななりの女だ。
セヒラは観測するが、怪人はいない。
ある種の念が反応している、
そうとしか考えられん。
その念を強めているのが、
帝都満洲からのセヒラだと思われる。
帝都の上野うえのに照応する位置に、
帝都満洲の街ができた――
そう考えておかしくないのだ、
帝都満洲、どこまでの広がりを、
見せるというのか……
まったく想像だにできん。
喪神もがみ梨央りお
帝都満洲が広がると、
帝都にもアストラルが現れ始める、
そんなこと、あるんでしょうか?
それに……
あのアストラルが言った金神こんじんのことも
気になります。
帆村ほむら魯公ろこう
金神こんじん、終末、よみがえり……
洗脳された連中がいろいろと、
事を起こしているようだな。