〔山王機関本部〕

その朝、機関本部には興奮気味の新山眞にいやままことの姿があった。
霊式ヘテロヂン技術によって暗号が解読でき、芽府めふ須斗夫すとおの語る第七の予言が判明したのだ。

【新山眞】
とうとう解読できました!
【喪神梨央】
すごいです、新山さん!
それで何とあるんですか?
【新山眞】
ダイオウ
アラワレリ

【喪神梨央】
だいおうあらわれり?

新山はタイプ打ちされた用紙を見せた。

【新山眞】
大王現れり――
この予言の前の部分は……
【喪神梨央】
全地の主なる――
です、続けると、
全地の主なる大王現れり
【新山眞】
まさしく予言めいていますね。
第六の予言と繋げると――

日蝕ひくく明け新しき天地あめつちひらかれり
全地の主なる大王現れり

【喪神梨央】
日蝕にっしょくの日の明け方、
新しい天地あめつちひらかれて、
それを支配する大王が現れる――
【新山眞】
日蝕にっしょくは十二月二十六日の明け方、
まさにその時ですね。
【喪神梨央】
二十五日は先帝祭で祭日です。
山王さんのうホテルでもクリスマスの会が
もよおされます。
【新山眞】
パーティとかあるのですか?
【喪神梨央】
はい……
舞踏会ぶとうかい晩餐会ばんさんかいが予定されています。
大勢が参加します。
【新山眞】
異変がどこに起きるか不明な以上、
避難誘導ひなんゆうどうなどはできませんね――
【喪神梨央】
……
【新山眞】
山王さんのうにゲートがある限りは、
ここで何も起きないはずはない……

新山が危惧しているのはゲートの制御が効かなくなり、セヒラの奔流を招く事態であった。

【帆村魯公】
二十五日のうちに切り上げてもらう、
それがもっとも穏便おんびんな方法じゃな。
【喪神梨央】
あ、隊長!
――今、そのことで新山さんと……
【帆村魯公】
新山君の心配もごもっとも。
ただいたずらに騒ぎ立てるのも良くない。
【新山眞】
予言では二十六日を語ります。
前日のうちはまだ――
【帆村魯公】
パーティやらは、
早めに終えてもらうとしよう。
――それで大王がどうしたと?
【新山眞】
新しい世界をべる大王です。
それが現れるのだと――
大王とは何者でしょうか?

【喪神梨央】
帝都では度々たびたび、神曲が語られます。
地の底に氷漬けになるルシファー……なんだか気になります。
【新山眞】
しかし、帥士すいしの方も召喚師も、
まだルシファーの召喚は、
行えていないのですよね?
【喪神梨央】
ええ今のところは……
最近、独逸ドイツ勢の動きが、
読みづらくなってはいますが。
一度、虹人こうじんさんに、
近況を尋ねてみますね。

【帆村魯公】
新山君――
予言というのは、これですべてか?
【新山眞】
わかりません――
ただ、語り尽くされた感じはします。

【帆村魯公】
鏡の方はどうだね?
例のゼーラム何とかを塗った鏡だ。
【新山眞】
気密筐体きみつきょうたいにまだ煙が残ります。
もう少し時間がかかるかと――

ノックの音とともに九頭が姿を見せた。

【九頭幸則】
歩一、九頭くずです!
ちょっとした事件が――
顔をつぶされた死体が発見されました!!
【喪神梨央】
以前、似たようなレントゲン写真、
ありませんでしたか?
【新山眞】
沼津ぬまづの省線病院で撮られた、
顔を吹き飛ばされた怪人です。
中からが出たのではと――
【帆村魯公】
今では人前には現せない、
その仕組は保たれておるがな。
【喪神梨央】
幸則ゆきのりさん、顔のつぶされた死体、
どこへ運ばれたんですか?
【九頭幸則】
戸山とやま衛戍えいじゅ病院だ。
公務出動するのか?
だったら俺も同行するよ!
【喪神梨央】
気を付けてください!
公務電車、手配します!

九頭と風魔を乗せ、公務電車は一路戸山を目指した。

〔戸山衛戍病院〕

衛戍病院の前には軍用トラックが停まり、その脇に黒塗りの車もあった。白衣姿の医者、看護婦、玄関前を2名の憲兵が立哨に付く。

【九頭幸則】
なんだか物々しいなぁ……
ちょっと俺、
あの憲兵と話してくる。
怪人が運ばれたかも知れないって。

九頭は向かって左の憲兵の元へ。そこに別の医者がやって来た。白衣姿で頭には反射鏡を乗せている。

【猟奇的な医者Σ】
なかなか興味深い検体ですよ!
顔がつぶされている――

と思いきや、そうではなく、
あれは糜爛剤びらんざいの大量曝露ばくろによるもの。
目や口の粘膜ががり、
表にまで飛び出しています。
皮膚は方々で拘縮こうしゅくしています。
口が大きくゆがむのはそのためです。
内臓も酷い有様でしょう。
おそらく出血性肺水腫はいすいしゅ
消化器官に重篤じゅうとくな障害が
ありますね。
死後五時間というところ――
顔の一部は野良犬のらいぬに食われています。

九頭が駆け戻って来た。

【九頭幸則】
顔をつぶされた死体、
影森かげもりだと言うぞ!
影森愁一かげもりしゅういちだ――
一時、俺のお目付け役だった。
でも会ったことはない――
軍人かどうかもわからない――

目の前の医者の周りにセヒラが漂い始めた。

【猟奇的な医者Σ】
係留細線維けいりゅうさいせんいのプロテアーゼによる
分解によって
重篤じゅうとく水疱すいほう形状を招き、
角化かくか細胞や骨髄こつずい細胞で細胞死を生起!
ウハハハハハ~
その痛みは全身の皮を、
力任せにかれるかの如し!!

【九頭幸則】
風魔!!
注意するんだ!
こいつ、おかしくなってるぞ!

《バトル》

【猟奇的な医者Σ】
ルイサイトに大量暴露ばくろした例だ、
最高の検体ではないか!
捜査そうさなどさせないっ!

医者は斃れた。

【九頭幸則】
医者というのも困りものだな。
検体を独り占めしたいばかりに、
怪人になるなんて――

しかし影森かげもりとはまったく謎の人物だ。
その影森かげもりを誰が殺したんだ――
糜爛剤びらんざいきかけたりして。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
防疫研で奇妙な波形を確認しました!
急ぎ向かってください。
糜爛剤びらんざいはルイサイトかも知れません。
参謀本部が調査を引き継ぐそうです。
防疫研、一般中尉も同行されますか?

【九頭幸則】
ああ、一般も行くよ。
あと、このあたりの医者も、
全部しょっぴいたほうがいいな!

〔白金三光町〕

二人は公務電車で白金三光町電停へ向かった。電車通は静まり返っている。二人が電車を降りると、何十羽ものカラスが羽音を立てて飛び去った。

【九頭幸則】
なんだか不気味な雰囲気だ――
人の姿もないしなぁ。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
本当に奇妙な波形です――
注意してください!

二人は国立防疫研究所へ向かった。
かねてより仮構組織かこうそしきとの疑義のある施設だ。

〔国立防疫研究所・所長室〕

所長室の大きな机の前に白衣姿の柄谷生慧蔵が立っていた。

【柄谷生慧蔵】
ここにあった大きな市松人形、
あれは果たして何でしょうか?
気味が悪いので、
先ほど焼却炉しょうきゃくろてましたよ。

【九頭幸則】
あなたは……
ここの責任者の方ですか?
――この仮構かこうの場所の?
甘い匂いはしないようですが。

九頭の質問には答えず、柄谷は風魔を向いたまま続けた。

【柄谷生慧蔵】
軍人というのは単純ですね。
喪神さんは審神者さにわでおいでだ、
一線をかくしておいでなのでは?

九頭は前に踏み出し声を荒げた。

【九頭幸則】
おい、あんた!
我々は公務で来ているんだ。
いい加減なことを言っていると――

そのとき、柄谷はようやく九頭に気付いたというふうに九頭を向いて言う。

【柄谷生慧蔵】
私は山王さんのう機関の生みの親です。
帝都のセヒラ同定を受けて、
参謀本部に論文を出しました――
【九頭幸則】
すると、あんたが……
瑛山会えいざんかいの――
【柄谷生慧蔵】
その名前はあまり出さないほうが、
よろしいでしょうな。
私は一介の物理学者です。
森羅万象しんらばんしょうのすべてを計算で求める。
しかしそれでは真実は得られない――
存在と非存在の間には、
極めて曖昧模糊あいまいもことした空隙くうげきがある。
そこを貫く穴もあるはずです――
私はようやくそうした思いに至り、
内面にあるイメージも実は、
眼前に存在しうるのではと――
【九頭幸則】
何のことを言っているんですか?
もしやのことですか――
風魔たちが見ているという。
人の魂を食わせて作る人籟じんらい
その研究がここでなされていました。
それはご存知ですね?
【柄谷生慧蔵】
軍人にしては勘が鋭いですね。
人籟じんらいの材料になりそうな、
そういう怪人を期待したのですが。
実験にはおろかしい肉体も、
数多く必要なのですが――
別の手を考えますよ。

柄谷は教授のような口調になり続けた。

【柄谷生慧蔵】
さて、話を戻しますが、
心的なイメージから想起される、
幻視的な存在を表出させ得る――
その表出を見るためには、
見る側にも意識が必要なのです。
ある種の共犯関係ですな――
【九頭幸則】
似たようなことは帝都でも起きた。
銀座幻燈会げんとうえや人生よろづ相談――
憎しみや恐怖をあおてた。
怪人化をそそのかすような動き、
帥先そっせんヤと呼ばれて摘発てきはつを受けた。
それとどう違うんですか?
【柄谷生慧蔵】
新しい宗教の誕生、
とでも呼べばいいでしょうか?
信仰の対象を現すのですよ。
その瞬間に立ち会ってみては、
如何いかがでしょうか?

不意に柄谷は所長室を出て行った。

【九頭幸則】
待ってください!

九頭と風魔は柄谷を追って部屋を出た。柄谷はホールを横切り地下へと降りていくところであった。

〔防疫研究所処置室〕

処置室の奥には果たしてクルト・ヘーゲンがいた。
目を半開きにして明らかに様子が変だ。彼は車椅子に乗せられている――

【柄谷生慧蔵】
残念ですがこれは自失体ですよ――
クルト・ヘーゲンは自失した、
その実体、いや元の実体ですね。
状態としては前頭葉ぜんとうようが無くなった、
それと同じでしょうか――
欲望に正直なのですよ。

さぁ、クルト、
聞こえる言葉は何ですか?

【クルト・ヘーゲン】
きみジーのあまいしずくトロプン
はちみつリーブリング――
はちみつリーブリングがなくなる!
【柄谷生慧蔵】
君とは誰かね、クルト?
【クルト・ヘーゲン】
はんすHANS――はんすHANS――
ぼくのきみジー――
はんすHANS――
【柄谷生慧蔵】
クルトよ、黒胆汁くろたんじゅうの主よ、
さぁ、求めるものを思え!
戻らない日々を思え!
【クルト・ヘーゲン】
ううう……
はんすHANS……はんすHANS……
ぼくらはふたりミッツ――

クルトがたどたどしく話し終えるや、彼の顔の前に小さなセヒラの球が現れた。

【柄谷生慧蔵】
クルトよ、これがそうではないかな?
君の求めてやまない想い出――
ハンスの持ち物!
【クルト・ヘーゲン】
これは……てちょうノーボク……
はんすHANSの……てちょうノーボク……
ぼくのにがおえポートレイ……はんすHANSがかいた!
【柄谷生慧蔵】
そうとも!
バーデン国家青年団で支給された、
ハンスの手帳だ!
ハンスは親愛のあかしに、
この手帳に君の似顔絵にがおえを描いた。
絵のうまい子だったのかな?
これを君に授けよう。
いろいろ蘇ることだろう。

柄谷がさっと両手を広げた。するとセヒラの球は真っ赤な炎に包まれた。

【クルト・ヘーゲン】
やめろ!
もやすな!!
はんすHANSの……てちょう……

上体を小刻みに震わせるクルトの背後にアストラルが現れた。アストラルは膨張と収縮を繰り返している。

【クルト・ヘーゲンのアストラル】
貴様!
兄殺しを私になすけ、
まだ何を望む?
【柄谷生慧蔵】
ついに出ましたか!
あまりにも強い念が、
アストラルを表出させましたね!
【クルト・ヘーゲンのアストラル】
ここにを降ろし、
貴様をなぶり殺してやる!!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
整えてください!!

《バトル》

【クルト・ヘーゲンのアストラル】
糞!
山王さんのう機関の猿と戦うつもりはない!

柄谷がらたに
貴様をどこまでも追ってやる!
覚悟しておけ!

アストラルは回転しながら消えた。柄谷は消えたアストラルをあたりを見ている。

【柄谷生慧蔵】
その調子です、いいですよ――
まされた憎しみは、
濃厚セヒラの中で悪の実体を呼ぶ。
兄の研究ノートが正しければ――
【九頭幸則】
今のは一体どういうことですか?
【柄谷生慧蔵】
ほんの小手調べですよ、
まだ本番はこれからです。
【九頭幸則】
何を言ってる?
ヘーゲン召喚師はどうなった?
【柄谷生慧蔵】
これはがらですよ。
日本人はせみがらにも美を求む。
あながちてたものじゃないですよ。

九頭は車椅子のクルトに向かって声をかけた。

【九頭幸則】
おい、意識はあるのか?
聞こえるか、俺の声が?
【クルト・ヘーゲン】
あう……あう……あう……
はちみつリーブリング……

【柄谷生慧蔵】
さぁ、もうこれくらいでいいでしょう。
彼にはまだ仕事があるのです。
大事な仕事がね――

風魔に一瞥をくれた後、生慧蔵はクルトの乗る車椅子を押して出て行った。

梨央りおからの無線でゲルハルト・フォス大佐を、品川駅前から警護するよう公務指示があった。
独逸ドイツ大使館からの要請だという――
影森愁一かげもりしゅういちのことを刑部おさかべ大佐に報告すべく隊に戻る九頭くずと別れ、風魔ふうまは品川へ向かった。

〔品川駅前〕

【着信 喪神梨央】
ユーゲントが出迎えるみたいです。
大佐は間もなく到着します。
船は花鳥玲愛カトレア丸でした――

交信が終わった時、大型の車が滑り込んできた。

【ゲルハルト・フォス】
ヘル! モガミフーマ!
君の警護を受けられるとは、
実に光栄の極みだ――
無粋ぶすいなSS隊員は行かせたよ。
フフフ――
ナチ党は何でも知りたがる。
独日どくにちは来年にでも協定を結ぶ。
君は同盟国の公務として、
私のことを余さず伝えてくれ――

それとも――

そうか!
君たちが使う無線で、
私の話はすべて伝わるのだな――
いいだろう――
いずれにせよ、そろそろ潮時しおどきだ。
それに私はあと一息なのだ。
愈々いよいよ、完成の域に達したからな!

フォス大佐は横浜港への入港直前に、アルツケアンを体内に取り込んだと語った。
蟻走痒感府ぎそうようかんふのカーンから入手したものだ。

【ゲルハルト・フォス】
カーンは私にたくしたのだよ。
第四帝国の総統として、
広大な欧亜ユーラシア大陸を統べることをね。

第三帝国は多くの爆弾を抱える。
各国の利欲がくすぶり続けるからな。
しかし欧亜ユーラシア大陸は違う。
まったくの新天地なのだ!

これから前祝いだ!
シナガワのレストランに向かう。
君も同行したまえ――

フォスは徒歩で品川遊郭に向かうようだ。風魔はフォスのやや後ろに付いた。

【着信 喪神梨央】
大佐はおそらく、
帝都のセヒラを確認して、
アルツケアンを入れたのです。
そのほうが効果が高いそうです。
公務、続行してください。

〔品川遊郭〕

暮れなずむ品川遊郭。長塀に添ってユーゲントが等間隔で立っていた。

【ゲルハルト・フォス】
アルツケアンは、
世界のどの聖石にもおとらないだろう。
フリジアのペシヌスにある太母の石、
ヘリオガバルス皇帝が、
ローマに持ち帰ったエメサの石――
メッカはカアバ神殿に置かれた石。
いずれも磁石である。
――北極星を指すことはあるが……

アルツケアンは北極星から来た。
至高の神のもとからやって来たのだ!
いや至高の神そのものなのだ!
仰ぎ北極星を見上げるがいい。
大熊座、小熊座が四季ごとに現す、
宇宙の意志、大スワスティカを!
あれこそアーリア人の起源を示す。
大スワスティカは調和であり永遠だ。
たゆまぬ宇宙の運動へと意思を繋ぐ――
私の精神は宇宙の至高の極みに向き、
永遠の呼応を約束されたのだ!!

間もなく私は完全体となる。
新帝国を統べる完全なる総統コンプレットヒューラーとなる!
そろそろ食事の時間だ――

長広舌を終えるとフォスは遊郭へと入って行った。

〔遊郭廊下〕

【ゲルハルト・フォス】
大使館には余すこと無く伝えたかな?
完全体になれば、
誰も私に手出しはできない。
親衛隊長のヒムラーでさえな!

ところで、モガミフーマ――
このトウキョウに、
ヒムラーの間諜かんちょうがいるらしいな。
長官の股肱ここうしんに、
裏切る者がいると――
その者はトウキョウと関係が深い。
疑う者は悲しき存在だ。
自ら疑念のうずに巻き込まれるのだ。
私は信じた――
桃源郷を信じ、アルツケアンを信じ、
だからこそカーンは私にたくした。
もっともカーンは、
SS特務部隊の侵攻に恐れを為した、
そういう見方もあるがな。

廊下の奥から一人の遊女が現れフォスの前に立ち、端唄の節回しで歌った。フォスはリズムを取りながら聞き入っている。

【遊女櫻木】
心でとめて帰す夜は 
可愛いお方のためにもなろと
泣いて別れて又御見文字ごげんもじ
猪牙ちょき蒲団ふとん夜露よつゆれて
あとは物憂ものうき独り寝するも
ここが苦界くがいの真ん中かいな

フォスは遊女とともに廊下の奥に消えた。

〔品川遊郭〕

遊郭を出ると一人のユーゲントが素早く風魔に寄ってきた。

【嵯峨野丸】
ニ〇、一五――ニ一、四五、
唱歌、演説、余興!
ニニ、◯◯、
消灯、就寝!

――全部言わないとね、
何だか気持ち悪くって。
これ、幼年学校の時間割だね。
もう君とは戦わないよ。
アプドロックが解けたみたいだ。
不思議な気分だよ――

二人のもとにユリアがやって来た。

【ユリア・クラウフマン】
フォス大佐のことは聞きました。
彼は完全に踏み外しています――
私、心配で……
本国に問い合わせてみました。
フォス大佐のこと――
フォス大佐、爵位しゃくいを奪われて、
奸計かんけいめた弟に復讐したのです。
反逆者の汚名を着せて――

フォス大佐はシュタイナー家の長男だった。
弟の奸計かんけいめられ、爵位しゃくい剥奪はくだつされる。
弟はエルヴィン・シュタイナー――
SS上級大佐の地位にあった。
その弟が突撃隊員と男色関係にあり、
フォス大佐はそれを利用したのである。

【嵯峨野丸】
エルヴィンはフォス大佐を
追い出すために嘘を付いた。
大佐が別の男性の子だと父に告げ、
疑り深い父は大佐を追い出すことで、
自分に答えを出そうとした。
ゲルハルト・シュタイナー男爵だんしゃくは、
文具商のフォス家の養子になった。
ゲルハルト・フォスの誕生さ。
【ユリア・クラウフマン】
フォス大佐はシュタイナー家を告発、
一家はSS武装部隊の粛清しゅくせいを受け、
屋敷には火が放たれた――
【嵯峨野丸】
長いナイフの夜――
去年の出来事だよ。
シュタイナー家はなくなったのさ。
【ユリア・クラウフマン】
あなたはどこでそれを知ったの?
【嵯峨野丸】
何日か前だよ。
先のアプドロックのときに、
一緒に入ってきたんだ。
【ユリア・クラウフマン】
きっとフォス大佐が、
そのことを思い出したのね――
【嵯峨野丸】
かも知れない――
今は解けているよ、アプドロック。
【ユリア・クラウフマン】
そうみたいね。
コージンに指揮を任せましょう。
彼も張り合いが出るでしょう。

【着信 喪神梨央】
四谷見附に向かってください。
猟奇倶楽部りょうきくらぶから招待が来ました。
隊長と合流してください。

〔四谷見附〕

公務電車は四谷見附で停まった。町は普段通りの賑わいを見せていた。
電車を降りる風魔を魯公が待ち受けていた。

【帆村魯公】
どういう風の吹き回しか、
猟奇倶楽部から招待が届いた。
特別のもよおし――
招待状にはそうあるだけだ。
開催は本日になっておる。
前に本部に届いたのと同じ封筒だ。

今度もさそいに乗ってみる――
ただ、前回と違うのは、
探信儀たんしんぎを新しくしたことだ。
この探信儀たんしんぎを使うんだ、風魔。

そう言うと魯公は携行式探信儀けいこうしきたんしんぎを取り出した。
これまでのと見たところ変わりはない。

【帆村魯公】
それは新山君が、
帝国電工製真空管に変えたもので、
探信たんしん力が高まっておる。
猟奇倶楽部は探信儀たんしんぎの空白域にある。
一探、ニ探、四探、六探――
それぞれの探信儀たんしんぎの範囲外だ。
携行式けいこうしきの性能を上げて、
なんとか場所を突き止めたい。
それがこの公務の目的だ。
じき、迎えの車が来る。
無理はするなよ、風魔。

四谷見附の省線を見下ろすところに立つ風魔。そこへ一台の車が近づき停まった。ドアが開き、黒服の男性が降り立った。

【黒服の男】
お待ちになりましたか、
喪神もがみ風魔ふうまさま――
さぁ、ご案内します。
――車へお乗りください。
例によって目隠し、
させていただきます。
きまりはきまりですから――
ご協力有難うございます。
それでは参ります――

迎えの車は例によって幾度いくたびも角を曲がり、坂を登ったり降りたりを繰り返し、やがて速度を増して走り出した。
突然、急ブレーキの音とともに停車した。ドアの開く音がして、何人かの靴音もする。
風魔は車を降りた――

車は路地裏のような狭い道に停まっている。前にはもう一台の車があった。風魔と黒服の男は、三人の黒頭巾姿の人物に取り囲まれた。

【黒服の男】
一体、何事ですか?
車の前に飛び出すなんて!
あなたたちは、もしかして――

うわぁ~~~

目にも留まらぬ速さで黒頭巾が黒服の男を突き飛ばした。そして風魔を向いて言う。他の黒頭巾も寄ってきた。

【真光の大元老Σシグマ師】
我々を締め出して、
ぜんたい、どういう了見りょうけんですか?
あなたは何を知るのですか?
【永久の聖石工長Γガンマ師】
我々には高位の会員としての、
プライドがある――
わかりますか、プライドだ。
今日のもよおしのことなど、
何も聞かされていない。
なのにあなたは招待されている――
【真光の大元老Σ師】
おかしいではないですか?
筋が通りませんねぇ――
【永久の聖石工長Γ師】
特務機関の人間が、
果たして猟奇倶楽部に何用だ?
一体、何を計画している?
【暗黒の凱旋がいせん将軍Δデルタ師】
秘匿ひとく中の秘匿ひとくというわけですね。
これは無理にでも聞き出すしか、
なさそうですね。

我慢は美徳と教わりましたが、
今日はたがはずしましょう!!

《バトル》

【暗黒の凱旋将軍Δ師】
一体、何を隠している!
我々を出し抜いて――

黒頭巾は斃れた。

【真光の大元老Σ師】
仕方ないですね――
車はもう一台出ています。
【永久の聖石工長Γ師】
品川駅か?
【真光の大元老Σ師】
あちらには二人向かいました。
東方の黒騎士長Δデルタ師と、
大階段の審判長Λラムダ師です。
【永久の聖石工長Γ師】
なら大丈夫だろう。
【真光の大元老Σ師】
しかしΔデルタ師が、リードボーで、
食あたりとなり不参加かも……
【永久の聖石工長Γ師】
何だと?
なら我々が行くしかない!
急ぐぞ、Σシグマ師!

そう言うや2人の黒頭巾は走り去った。それを見計らうかのように先程の黒服の男性がやって来た。

【黒服の男】
いやぁ、何でしょうか、
あの乱暴狼藉らんぼうろうぜきぶりは!
私はね、喪神風魔さん、
より高位の会員から
仰せつかっているのですよ。
さぁ、参りましょう。
また目隠し――
もうご自分でお願いします。

再び車は走り出したが、
ものの五分ほどで猟奇倶楽部に到着した。風魔は案内を受けながらホールに入った。

〔猟奇倶楽部〕

猟奇倶楽部のホールは、以前と同様、
かすかに乳香にゅうこうの香りがしていた。
他に人影はなく静まり返っている。

ホールの端、大きく開いた開口部からフォスがやって来た。

【ゲルハルト・フォス】
君はよほど仕事熱心と見える。
そうではないか、モガミフーマ!
クラブの迎えがシナガワに来る、
そう知らされてね――
もちろん食事は済ませたよ。

君に届いた招待状はどうだ?
私のにはシュタイナー家の紋章もんしょうが、
それは美しく印刷されていた。

ユリアの話ではフォスは家を追われた身だ。
その家こそがシュタイナー家である。

【ゲルハルト・フォス】
長いナイフの夜、
シュタイナー邸は焼かれてしまった。
両親と弟は炎を恐れなかった――
なぜなら、屋敷が燃える前に、
SS隊員に処刑されていたからだ。
弟エルヴィンは爵位しゃくいを持つために、
とても出世が早かった。
死んだ時はSS上級大佐だった。

エルヴィンは突撃隊員のハンスと、
男色の関係にあった――
あの田舎出の青年と仲睦なかむつまじくね。
弟が反逆思想に染まるのに、
そう時間はかからないだろう。
どうだ、違うかね?

ここのクラブが何を知るのか、
私にはわからないが、
あの紋章が意味するところは――

完全なる総統コンプレットヒューラーを前にして、
是非ぜひ埋めておきたい小さな穴――
完全体に穴は不要だからな!
【???】
大佐にはご用意がありますよ――

その声の後、黒頭巾くろずきん姿の人物が、
ホールに姿を見せた。

【従順なる隸Θしもべシータ師】
シュタイナー家の紋入りのカップ、
私の手元に残りますよ。
世界でただひとつの品です。
【ゲルハルト・フォス】
何だと?
あの紋入りのカップを持つのか?
それは本物か?
【従順なる隸Θ師】
ご自分の眼で、
お確かめになっては如何ですか?
付いてきてください。

黒頭巾姿の男は廊下に入り、
小さな部屋へ二人を案内した。
隣の部屋がガラス越しに見えている――

〔猟奇倶楽部・控室〕

【従順なる隸Θ師】
さぁ、大佐――
あなた自身を示すものを、
ご確認ください。
【ゲルハルト・フォス】
カップはどこにあるのだ?
この部屋には見当たらないぞ。
【従順なる隸Θ師】
隣の部屋ですよ、大佐。
さぁ、そこの扉から入ってください。

うながされてフォス大佐は隣室へ入った。
黒頭巾の男は扉を閉めかぎをかけた。
しばらくして時計がかねを打つ音がする。

フォスが入っていた扉の両脇にガラス窓があり、部屋の中を見ることができる。その部屋の壁際には伝声管のような管が突き出し、脇に何かの装置があった。フォスは部屋の中央に佇み、その目は宙を泳いでいた。

【ゲルハルト・フォス】
おおお!
これは……私のカップだ!
すべてをなくした私に、
唯一ゆいいつ残されたカップだ――
このカップで私は埋まる!

時計のかねは十二回鳴り、
さらにもう一度、打った。
かねは十三回鳴った――

【ゲルハルト・フォス】
あああ!
どうしたんだ!
私のカップが!!

何故だ?
なぜカップを……
割ったのだ!!

貴様――
殺してやる!

フォスがこちらを向く。両手をガラス窓に叩きつけている。

【従順なる隸Θ師】
これから濃厚セヒラを圧縮します。
喪神さん、愈々いよいよですよ!
本番です!
この館にはセヒラを圧縮する
装置が用意されています。
セヒラは大佐のいる部屋に出ます。

フォスのいる部屋にある伝声管のような管からセヒラと思しき気体が吹き出した。部屋は見る見る紫色に染まった。

その時である。フォスの体からアストラルが表出した。フォスの体は浮遊するかのように揺らいでいる。そしてもう一体、アストラルが現れた。2体のアストラルはセヒラの満ちた部屋で対峙している。

【クルト・ヘーゲンのアストラル】
暗闇の中、こうとした灯りが見えた。
それがこの場所なのか!
ハンスの名を呼ぶのは誰だ?

【ゲルハルト・フォス】
――あう……あう……うう……

【ゲルハルト・フォスのアストラル】
あの男色青年のことか!
弟のエルヴィンとよろしくやって、
共に粛清しゅくせいを受けたハンスのことか!
【クルト・ヘーゲンのアストラル】
貴様か!
ハンスをめたのは!

2体のアストラルは激しく打ち震えている。やがて濃縮セヒラによって部屋は深海のように暗闇に包まれてしまった。