黒札 第十二話 大連からの来訪者

〔山王機関本部〕
猶太ユダヤ人の満蒙まんもう入植を企図きとするN計画。その実務をにな大連ダイレン特務機関長中条なかじょう大佐。愛娘まなむすめ中条忍なかじょうしのぶが来日した――

喪神もがみ梨央りお
兄さん、藤沢ふじさわレーネさんから電報で、
中条忍なかじょうしのぶさん、来日されました。
朝十時、横浜に着いた興洲丸こうしゅうまるです。
N計画を進める大連ダイレン特務機関の人。
機関長の娘さんです。

大連ダイレン中条忍なかじょうしのぶについては、以前、藤沢ふじさわレーネから聞き及んでいた。
関東軍中条なかじょう大佐の娘である。忙しい大佐を補佐する格好かっこうで、N計画を推進しているのだ。

喪神もがみ梨央りお
東京駅では目立つから、
新橋しんばしで汽車を降りるようにと、
レーネさんが伝えたそうです。
中条なかじょうさん、新橋で降りられて、
円タクに乗られましたが、
途中、霞町かすみちょう付近でセヒラ反応です。
兄さん、巡視パトロ―ル、お願いします!

霞町かすみちょう街路〕

藤沢ふじさわレーネの判断で、中条忍なかじょうしのぶ新橋しんばしで下車して市内へ向かう。その道中、霞町かすみちょうでセヒラが観測された。

【電信会社の社員】
一週間前から課長が行方不明なんだ。
突然、姿を消したんだ――
課長の家まで行ったんだけど……
裏口に大きな血溜ちだまりがあったんだ!
でも本人の姿は見えない――
【エレベーターガール】
最近、やけに心中事件が多いわよね。
それもこれも、怪人騒動と
何か関係あるのかしらねぇ?
莫大小メリヤス工場こうばの経理課員】
気分が落ち込んでたから、
脳楽丸のうらくがんを飲んだんだ、
一気に十じょうも飲んだよ。
かなり気分がすっきりしたな。

【電信会社の社員】
卯敷うずき課長、あいつはな、
四十トンもの銅線アカを横領して、
三千円以上もふところに入れやがった!
俺がそのことをぎつけるや、
卯敷うずきの野郎、俺を小樽おたるに異動させた。
俺を追いやって奴は逃げる算段さんだんだ。
奴の家に行ったんだ。
大きな旅行鞄トランク新京シンキョウ行き一等切符チケット
それに二千円の現金があった。
咄嗟とっさに奴の両目に親指突っ込んで――
そしたら……アハ、アハハ……
いきなり顔が避けた、真っ二つにな!
新京シンキョウには俺が行く、あの金持ってな!
――俺を止めるのは無理だ。
しつこいと、お前の顔も割くぞ!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
急なセヒラの上昇を観測しました!
付近、警戒してください!

《バトル》

【電信会社の社員】
ん?
…………
………………
俺、何かしたか?
何にもしてないよな?
なぁ、そうだよなぁ……
また人生よろづ相談に電話するよ。
番号は京橋きょうばし局三五のだ、
すっかり覚えた。
【着信 喪神梨央】
本件、警察に通報しておきました。
周囲のセヒラ、もう観測しません。

【田町の銀行員】
今の、人生よろづ相談の話か?
電信柱に案内が貼ってあるよな。
京橋きょうばし局三五の、福呼ぶってな!
よろづ相談、福呼ぶ、人生爽快そうかいって。
そんな宣伝文句が書いてあるんだ。
俺の友達も相談すると言ってた。
でもな、それ以来、そいつの姿、
見かけなくなったんだ。
あいつ、人生爽快そうかいになったのかなぁ。
思うに、ってさ、
ニクシミの一つ前でもあるな……

中条なかじょう 忍しのぶ
喪神もがみ風魔ふうまさんですか?
おかげで助かりました……
少し、お話をさせてくださいますか?

〔山王ホテル〕
【喪神梨央】
お帰りなさい、兄さん。
そちらの方が、中条忍なかじょうしのぶさんですね。
――大連ダイレン特務機関の。
中条なかじょう 忍しのぶ
風魔ふうまさんに助けていただきました。
――東京駅は危険だと聞き、
手前の新橋しんばしで降りました。
【喪神梨央】
霞町かすみちょうの怪人、まるでしのぶさんを、
待ち構えるようにしていました――
牛頭ごず機構が差し向けたのでしょうか?
よろづ相談で怪人化したようですが、
ちょっと調べてみますね。
中条なかじょう 忍しのぶ
私の来日が、
相手方に知られていたのでしょうか?

〔山王ホテルロビ―〕

【エレミヤ佐古田さこた
喪神もがみさん、こちらにおいでなのが、
中条なかじょうさんですね、大連ダイレン特務機関の。
私、エレミヤ佐古田さこたです。
山郷やまごう武揚ぶようはご存知ぞんじですか?
中条なかじょう 忍しのぶ
是枝これえだ咲世子さよこさんからうかがいました。
N計画を阻害そがいしようとするという――
【エレミヤ佐古田さこた
山郷やまごうはアメリカの猶太ユダヤ人結社、
グランナイツから情報を得るため
交渉材料にN計画の利用をたくらみます。
中条なかじょう 忍しのぶ
N計画を……
利用……
【エレミヤ佐古田さこた
山郷やまごうは満洲へ向かいました。
しかし、私は山郷やまごうに嘘言いました――
山郷やまごう大連ダイレンに向かう予定でしたが、
私が材料を仕込んで、新京シンキョウへと
向かわせました。時間稼げます――
山郷やまごうの向かった新京シンキョウには
何もありません――
中条なかじょう 忍しのぶ
N計画は大連ダイレン特務機関と駐どく大使館、
この二つが中心です。
そして日本の協力者と――
【喪神梨央】
しのぶさん!
しのぶさんあてに電報が来ています!

スグ オメニ カカリタシ
            コレエダ

中条なかじょう 忍しのぶ
――すぐお目にかかりたし 是枝これえだ
是枝これえだ咲世子さよこさんからです!
この方はN計画の日本での協力者。
私、大崎おおさきへ出向きます。

〔山王ホテル前〕

中条なかじょう 忍しのぶ
風魔ふうまさん、今日は本当に
ありがとうございました。
佐古田さこたさん――
N計画を守ってくださり、
感謝します。

【喪神梨央】
兄さん、三探、つまり三つ目の
セヒラ探信儀たんしんぎは確か大崎広小路おおさきひろこうじ……
是枝これえだ大佐邸の敷地しきちにあるはず。
しのぶさんが向かった是枝これえだ大佐の屋敷に、
三探が設置されています。
念のため、警護をお願いします。

白金猿町しろかねさるまち

中条忍なかじょうしのぶの身を案じて公務電車を走らせる。ちょうど白金しろかねに差し掛かった時、町に変事が起きた――

【大阪北浜の商人あきんど
あんさん、えらいこっちゃがな!
えろう別嬪べっぴんな女怪人でっせ!!
怖いおばはんやったら、
なんぼでも知っとるけど……
あんなん初めてや!

【中条忍】
風魔ふうまさん……
どうしましたか?
私……
何か、変ですか?

《バトル》

【中条忍】
私――

式部しきべじょう
これを見つけました。
そこの道に落ちていました。

そう言って式部しきべが差し出したのは、割れたアンプルびんだった。

式部しきべじょう
からになった薬瓶アンプルです。
おそらく、この中に
濃度の高いセヒラが入れられていた。
【中条忍】
私の持ち物の中に、
それがあったんですか?
式部しきべじょう
誰かに入れられたのかも――
心当たりはありますか?
あなたをセヒラに触れさせ、
怪人にしようとたくらんだ者が
きっといるのですよ。
【中条忍】
そう言えば――
大連ダイレンつ前に哈爾浜ハルピン軍政署ぐんせいしょから
人が来ました。
その人は使いの用事で……
父に荷物を届けに来たのです。
式部しきべじょう
ふむ……哈爾浜ハルピンの……軍政署……
民政署ではなくて、ですか。
民政になって久しいのに……
ともあれですよ、
あなたは満洲からおいでになった、
そうなんですね?
【中条忍】
はい。父は関東軍中佐、中条勉なかじょうつとむです。
私は父の仕事を手伝う――
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
広尾ひろおの辺りはセヒラ探信儀たんしんぎ
空白地域です!
わずかなセヒラを観測しましたが、
異常はありませんか?
【中条忍】
私、大崎おおさきの方へ向かわなくては。
風魔ふうまさん、そして……
式部しきべじょう
式部しきべです。四谷よつやの方で古本屋を
いとなんでいます。
いかんせん不景気な店ですが――
【中条忍】
式部しきべさん、ありがとうございました。
重ねてお礼を申します。
式部しきべじょう
ちょうど、五反田ごたんだにある朝聞堂ちょうぶんどうという古本屋に行くところでした。
私がご同行しましょう!
【中条忍】
心強いお申し出、感謝します。
喪神もがみさん、
それではまたお目にかかりましょう。

【着信 喪神梨央】
大崎おおさきの三探はまったくセヒラを
観測していません。
もう大丈夫かと思います。

何者かが中条忍なかじょうしのぶを怪人にしようとたくらんだ。N計画が動き出し、また阻害そがいしようという動きも表面化してきたようだ。