黒札 第二話 反勢力の台頭

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
怪人を見たという情報が
寄せられました!
場所は日枝神社ひえじんじゃ――
山王さんのう機関のすぐ近くです!
怪人は複数いるそうです。
ただ……
セヒラ濃度は低いままです……
どうも様子が変です――
気を付けてください!

日枝神社ひえじんじゃ

江戸城の裏鬼門うらきもんに位置する日枝神社ひえじんじゃ
山王さんのう信仰が今に伝わる、
由緒あるやしろだ。

【気取り屋の男】
お兄さん――
煙草シガレットたしなむかい?
ふふーん……
私のようなジェントルマンには、
シガレットが欠かせない!
でもね――
お生憎様あいにくさま
ライターを忘れたんだ……
お兄さん、火を貸してくれないか?
あははははーん!
俺が欲しいのはな、
お前の命の炎なんだよ!

《バトル》

【気取り屋の男】
お前だな、喪神もがみ風魔ふうまとやらは!
ちっ、小森こもりさんの言うとおりだ。
妙に力を付けやがって!
だがな、俺たちには同志がいる!
これは正に数の勝利だ!
あはははははは~

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
――聞こえますか?
今、一瞬だけ、セヒラ濃度が
高い値を観測しました。
でも、また低くなっています……
高濃度なセヒラに触れて怪人になる、
そう言われていますが――
そうじゃない場合もあるようです。
引き続き警戒してください!

乳母うば
59かう……
……
ふふふふ……ふふふ……
いひひひひひひぃ~

《バトル》

乳母うば
御社3846
64散々3383

乳母うば
ふふふふ……
お兄さん、算術はお得意じゃない?
士官学校で教わらなかったかしら?
古臭い帆村ほむら流とやらに、
うつつを抜かしていたのね、
きっと!
【着信 喪神もがみ梨央りお
大変です! 黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
溜池ためいけ通の電車通りで
セヒラ濃度が急上昇しています!
急ぎ、戻ってください!

溜池通ためいけどおり

如月きさらぎ鈴代すずよ
あっ! 風魔ふうまさん!
大丈夫でしたか?
これはみんな小森こもりの仕業です。
小森が東雲しののめ流再興をかかげて
同志をつのっているのです……
怪力を得て帝都の支配者になれる、
そう悪党たちにけしかけています。
小森こもりの一派は山王さんのう機関に……
――私の姿を認めると、
連中は悪戯いたずらに意気を上げます……
風魔ふうまさん!
小森こもり一派を迎え撃ってください!
【着信 喪神もがみ梨央りお
聞こえますか、黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
今、セヒラを感じますが……
乱れがひどくなっています!

予備役よびえきの軍人】
新兵シンペーさんは可愛カーワイそうだね~♪
寝てまたナーくのかねぇ~♪
【万年書生】
おお薔薇バラよ 病める薔薇バラよ。
見えざるむしが お前の内に
よろこびの臥所ふしどを見つけたのだ!

予備役よびえきの軍人】
小森こもり軍曹ぐんそうのご命令!
肉弾突撃あるのみです!

《バトル》

【万年書生】
小森こもりさんは、こんな私の
才能を見抜いてくれたんだ!

《バトル》

如月きさらぎ鈴代すずよ
小森こもりはどこかへ姿をくらませた……
東雲しののめ流を閉じたからには
私はただ見守るしかできない……
心の弱い者が力を得ようと――

如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん!
私、心配です!
帝都中で小森こもりに賛同する者が、
現れたりしたら……
喪神もがみ梨央りお
そんな時のために、
山王さんのう機関があるんでしょ?
兄さん!
如月きさらぎ鈴代すずよ
梨央りおちゃん……
何か悪い夢で目覚めたみたいよ……
喪神もがみ梨央りお
私、考えたんだけど……
前の特務と今回のは関連がある……
そうじゃないですか?
だからこの二つを黒札くろふだ特務にする!
黒札くろふだ特務は重要度が高いんです!
でも、ちゃんと終わりました!
それでは……
これにて特務は完了セリ!

帝都の瘴気しょうき、すなわちセヒラによって心弱き者ばかりか自ら望んでよこしまな力を得ようとする者がいる。
小森こもり一派はあきらめるを知らない。
帝都の治安ちあんは、山王機関にゆだねられているのだ。