黒札 第八話 小森の最期

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
今さっき入った電報で、
高輪たかなわの方に騒乱そうらんがあるそうです――
黒札特務、発令です!
兄さん……
人籟じんらいうわさに飛び付く者もいます。
みなが力を欲しがっているようです!
騒乱の場所も、国立防疫ぼうえき研究所の
まさにお膝元ですよ。
慎重に探信を続けます。

白金三光町しろかねさんこうちょう

人籟じんらいが現れて以来、帝都では騒乱が勃発  ぼっぱつ
安易に指揮できる人籟じんらいを求めて、誰もが血眼ちまなこになっていた――

【人夫】
働けど、働けど……
我が暮らし、楽にならず!
――ってな!
お、お前!
ました顔して、何だ、ちくしょう!

【番頭】
お嬢様いとはんお嬢様いとはん……
ワテはお嬢様いとはんのこと、恋しおす、
なんぼでもおもてます……
そやのに、そやのに……
――何じゃ、おんどれは!
ワテに何かあるんけー!!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その辺り、力を求める者が
多く集まっているようです!
辛い修行無くして指揮できる……
それが人籟じんらいと言われています。
多くの市民が傾倒けいとうしつつあります――

【村田班技手ぎて
――私ですか?
私は国立防疫ぼうえき研究所の技手ぎてです……
しがない非正規の職員ですよ――
あそこは非正規ばかりですね。
中でも出色しゅっしょく山種やまたね源一郎げんいちろうさんです……
何しろ研究熱心なんです!
山種やまたねさんは、罪人ざいにんの合成を
懸命けんめいに研究するんです。
――ねぇ、すごいと思いませんか?

【川田班技手ぎて
罪人ざいにんの邪心を得ると、
強い悪を志向すると言われます――
それに――
そういうは……
お前みたいに古臭いまじないではなく
敵意の一欠片ひとかけら
いとも簡単に操れるのさ!

【川田班技手ぎて
お前も、人籟じんらいかれたのかい?
素敵だよね、人籟じんらい
古臭い修行しゅぎょうとか要らないものね!

《バトル》

【川田班技手ぎて
あらら~
アタシとしたことが、どうしたの?
ちょっとき人になっちゃった~
【着信 喪神もがみ梨央りお
国立防疫ぼうえき研究所にいる、山種源一郎やまたねげんいちろう
という技手ぎて人籟じんらいの考案者です。
罪人をきにして、
その魂をに吸収させている――
どうもそんな話のようです。

国立防疫研究所こくりつぼうえきけんきゅうじょ

国立防疫ぼうえき研究所――
梨央の調べによると、国立を名乗るが、国のどの機関にも属さないことが判明した。

【浅見班班員】
僕はひどく困惑こんわくしている!
というのも、あの技手ぎて――
山種源一郎やまたねげんいちろうさんのことだ。
あの人は……
いくらなんでも、おかしいよ!
なんせ、罪人の魂をに喰わせる。
そんなこと思いつく人は他にない。

【浦島班班員】
――あれ?
君は部外者ですか?
ここは部外者は立ち入れませんよ!
――それとも……
ははーん……
君は加藤かとう軍医ぐんいのお仲間ですか!
先生は市松いちまつ人形にご執心しゅうしんだ!
あの先生は市松いちまつ人形の蒐集家しゅうしゅうかです。
まったく、おかしな先生!
――あんな先生の元で働きたくなんぞ
断じてありません!!

《バトル》

【浦島班班員】
ひぃひぃひぃ……
息ができない……苦しい……
私は……私は……
ルサンチマンのかたまりなんだ!

帆村ほむら虹人こうじん
風魔ふうま
ここで大きな動きがあったと――
梨央から聞いたよ。
ここは国立でも何でもないらしい。
――実に怪しい限りだな。
帆村ほむら魯公ろこう
おう! 虹人こうじん
どうした、なにかぎつけたのか?
帆村ほむら虹人こうじん
新山技師が新手あらての波形を
見つけたって言うんだ。
原因は不明とのことだけど……
帆村ほむら魯公ろこう
新手の……波形、だと?
それはこの防疫ぼうえき研究所でか?
帆村ほむら虹人こうじん
そうだよ、一足先に巡視パトロールしてきた。
――そこで何を見たと思う?
帆村ほむら魯公ろこう
虹人こうじん! 勿体もったい付けるな。
早く言ってみろ!
帆村ほむら虹人こうじん
小森の死体だ。
――それも無残な殺され方だ。
帆村ほむら魯公ろこう
何? 小森が死んだだと?
東雲しののめ流の再興を目しておったのに。
帆村ほむら虹人こうじん
あの死に様は……
無念のうちに殺された――
小森のゆがんだ顔がそう語っている。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
ぜんたい何者が……
あの小森を手にけたのだ――
帆村ほむら虹人こうじん
小森は何かを知っていた……
山郷やまごうらに都合の悪いことを――
あるいは……
ここ防疫研究所に関わっていた?
――憶測が憶測を呼ぶ展開だな。
帆村ほむら魯公ろこう
一派いっぱのうちに沙汰さたがあったか……
人を殺すほどの沙汰さたが――
風魔ふうま
下手人げしゅにんは近くにおるぞ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
白ノ六号帥士しろのろくごうすいし! 
近くでセヒラが上昇しています……
あっ、金ノ七号帥士きんのしちごうすいしも一緒ですね。
それに……黒ノ八号帥士くろのはちごうすいしも!
警戒してください!
セヒラ、急上昇しています!!
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
大変危険な状況です!!

【元憲兵】
とうとう隊を追い出されちまった!
あの藤沢ふじさわって女の逮捕にしくじって、
ばらを切らされた格好かっこうよ!
――ここいらじゃ訓練積まなくても
指揮できるいてるそうだな!
だがな、俺は違う!
きたえ方がな、違うんだ!
麹町こうじまち憲兵分隊所属の憲兵中尉だ!

《バトル》

【元憲兵】
ちっ!
貴様も、なかなかやるじゃねぇか!
貴様の側に付いてやってもいいんだ。
誰が相手でも、り込んでやる!
ははははは~
また次の機会とするか!
【着信 喪神もがみ梨央りお
もうセヒラは観測されません!
新山さんに人籟じんらいの波形について、
教えてもらいました。
今後は混乱しないと思います。
でも、人籟じんらいあやつる者には、
強い悪意を秘める人間が多くいます。
そういう人にセヒラは集まります。

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
憲兵の怪人が、
逆恨さかうらみして小森をあやめたのか?
帆村ほむら虹人こうじん
それも一理あるが……
そもそも、大元おおもと山郷やまごうのはずだ。
憲兵怪人も山郷やまごう一派と思われる――
帆村ほむら魯公ろこう
小森が率いてきた牛頭会の、
今後の動向が気になるな。
帆村ほむら虹人こうじん
山郷やまごうは別な組織を擁立しようと――
そう企んでいそうな気がする。
小森が邪魔になったんじゃないか。
帆村ほむら魯公ろこう
それにしても……
いやはや……
に罪人の魂を喰わせるとはな。
罪人の魂を食っただと、
怪人になっても魂を喰われる
心配はないということか……
そのものも、が意図して
この世に放っている――
そんな気がしてならん。

怪人になっても魂を喰われるおそれがない――
そんな噂がまことしやかにささやかれ、力を求める者の関心を寄せ始めていた。