黒札 第一話 東雲流再興への妄執

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん、
赤坂界隈かいわいでセヒラを観測しています。
強くなったり弱くなったり……
何だか不安定な様子ですね。
こんなの、初めてです!
念のため巡視パトロールをお願いできますか。
本部で観測は続けます。
場所は……
溜池通ためいけどおり、赤坂見附電停近くです。
――十分に気をつけてください。

溜池通ためいけどおり

溜池通ためいけどおり電停付近。
何系統もの市電が行き交う要衝ようしょうである。

丁稚でっち
お兄さん! オイラ、見たんだよ!
怪人だよ! 怪人が出たんだ!
どっかそのへんだよ……

問屋とんやの使用人】
なんだぁ……おい!
今日はやけにまぶしいな!
天道様てんとさまがいくつも見えるぅ~

【着信 喪神もがみ梨央りお
ぃ……
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
近くでセヒラ濃度が上昇しています!
セヒラ探信儀たんしんぎを使ってください。
怪人の居場所いばしょを発見できます!

問屋とんやの使用人】
きゃはははははは!
俺はなぁ、力を得たんだ!
力だ力だ力だ、きゃはははは!

《バトル》

問屋とんやの使用人】
ううう……
どうしたんだ……俺は……
もう夜か……辺りがやけに暗いぞ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし……
その辺のセヒラ濃度は下がりました。
ところで――
鈴代すずよさんに会いませんでしたか?
赤坂に出かけたんです!
清水谷公園しみずだにこうえんで、
古い知り合いに会うとか……
気になります、向かってください!

清水谷公園しみずだにこうえん

ここは清水谷公園しみずだにこうえん
如月きさらぎ鈴代すずよが誰かに呼び出されたという。
平素へいそは人影もまばらな静かな公園だ。

【着信 喪神もがみ梨央りお
清水谷公園でもセヒラ濃度が――
けど……おかしいなぁ……
セヒラ濃度が分散しています。
これって……
近くに複数の怪人がいる――
その恐れがあります!
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし、注意してください!

【呉服屋の若旦那わかだんな
おやおや……
今日はお日柄ひがらもよござんすね!
お兄さんもお散歩ざんすか?
それではひとつ野辺のべのお散歩にでも
まいりましょうか!
四月は残酷ざんこくな季節と言いましょか……
心地よい冬籠ふゆごもりから目覚めると
つらい現実があるのみですな!

《バトル》

【着信 喪神もがみ梨央りお
ぃ……
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし、ごめんなさい……
――セヒラ探信する前に
怪人に襲われることもあるんですね!
清水谷公園ですが……
まだセヒラ濃度が高いままです!
近くに……誰か人がいませんか?

はかま姿の女】
あら! さっきのレディって……
あなたの許嫁いいなずけさんかしら?
素敵ね! あんなレディとデート?
なんてうらやましいこと!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
今、誰かが近くにいますか?
濃厚なセヒラを感知しています!
セヒラ探信儀を起動してください!

はかま姿の女】
ふふふふ……
アタシの正体知ったわね!
じゃあ、アタシに力を見せてごらん
どんな犬にも出番はある……
そんな言葉、あんたはご存知かしら!

《バトル》

はかま姿の女】
あんた、なかなかやるじゃない!
でも、アタシは、すぐに復活できる!
あんたを……近づけないようにって
そう言われたから手を貸しただけ!
また近いうちにお手並み拝見はいけんね!

【???】
ずいぶんと力を付けたようだな、
喪神もがみ風魔ふうま
さすが帆村ほむら流だな!

小森こもり時夫ときお
この小森こもり時夫ときお東雲しののめ流の
修練を積んだんだ。
――俺は諦めないぜ!
ちょいと怪人をいたぶってやった。
銀河ぎんがゼットーの所から逃げた
回収を手伝ったのはこの俺だ!
――力は、あるんだ。
如月きさらぎ鈴代すずよ、あの女さえ認めれば
東雲しののめ流はすぐ復活できるんだ!
あの女が勝手に流派を閉じやがった!
そんなこと、俺が許さねぇ!
まずはお前を始末してからだ!
帆村ほむら流がどれほどのものか、
とくと拝見しようじゃねぇか!

【着信 喪神もがみ梨央りお
いきなり強いを繰り出してくることも
考えられます!
相手の出方をよく見てください!

《バトル》

小森こもり時夫ときお
ちょっと早まったようだな!
ふふふふふふ……
まだ計画は始まったばかりだ!
次は手抜てぬかりなく準備して出直すぜ!

如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん! よかった……
突然、小森こもりに呼び出されて――
私……ごめんなさい……
小森こもりはうちの御用聞ごようききだったの……
でもまさか……
東雲しののめ流の使い手だったとは……
小森こもりは私から何かを引き出そうと
そう企んだのでしょう。
私が霊異りょういを現すように仕向ける……
そうすれば東雲しののめ流が再興するとでも。
私にはもう無理なのです――

審神者さにわにおけるもうひとつの流派、
東雲しののめ流は鈴代すずよの強い意志により
現在は閉じられている。
帆村ほむら流ただひとつが審神者さにわの流派として陸軍第一連隊に請われ山王さんのう機関が設立された。
それをこころよく思わない連中が、
存在することは確かである。

黒札 第二話 反勢力の台頭

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
怪人を見たという情報が
寄せられました!
場所は日枝神社ひえじんじゃ――
山王さんのう機関のすぐ近くです!
怪人は複数いるそうです。
ただ……
セヒラ濃度は低いままです……
どうも様子が変です――
気を付けてください!

日枝神社ひえじんじゃ

江戸城の裏鬼門うらきもんに位置する日枝神社ひえじんじゃ
山王さんのう信仰が今に伝わる、
由緒あるやしろだ。

【気取り屋の男】
お兄さん――
煙草シガレットたしなむかい?
ふふーん……
私のようなジェントルマンには、
シガレットが欠かせない!
でもね――
お生憎様あいにくさま
ライターを忘れたんだ……
お兄さん、火を貸してくれないか?
あははははーん!
俺が欲しいのはな、
お前の命の炎なんだよ!

《バトル》

【気取り屋の男】
お前だな、喪神もがみ風魔ふうまとやらは!
ちっ、小森こもりさんの言うとおりだ。
妙に力を付けやがって!
だがな、俺たちには同志がいる!
これは正に数の勝利だ!
あはははははは~

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
――聞こえますか?
今、一瞬だけ、セヒラ濃度が
高い値を観測しました。
でも、また低くなっています……
高濃度なセヒラに触れて怪人になる、
そう言われていますが――
そうじゃない場合もあるようです。
引き続き警戒してください!

乳母うば
59かう……
……
ふふふふ……ふふふ……
いひひひひひひぃ~

《バトル》

乳母うば
御社3846
64散々3383

乳母うば
ふふふふ……
お兄さん、算術はお得意じゃない?
士官学校で教わらなかったかしら?
古臭い帆村ほむら流とやらに、
うつつを抜かしていたのね、
きっと!
【着信 喪神もがみ梨央りお
大変です! 黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
溜池ためいけ通の電車通りで
セヒラ濃度が急上昇しています!
急ぎ、戻ってください!

溜池通ためいけどおり

如月きさらぎ鈴代すずよ
あっ! 風魔ふうまさん!
大丈夫でしたか?
これはみんな小森こもりの仕業です。
小森が東雲しののめ流再興をかかげて
同志をつのっているのです……
怪力を得て帝都の支配者になれる、
そう悪党たちにけしかけています。
小森こもりの一派は山王さんのう機関に……
――私の姿を認めると、
連中は悪戯いたずらに意気を上げます……
風魔ふうまさん!
小森こもり一派を迎え撃ってください!
【着信 喪神もがみ梨央りお
聞こえますか、黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
今、セヒラを感じますが……
乱れがひどくなっています!

予備役よびえきの軍人】
新兵シンペーさんは可愛カーワイそうだね~♪
寝てまたナーくのかねぇ~♪
【万年書生】
おお薔薇バラよ 病める薔薇バラよ。
見えざるむしが お前の内に
よろこびの臥所ふしどを見つけたのだ!

予備役よびえきの軍人】
小森こもり軍曹ぐんそうのご命令!
肉弾突撃あるのみです!

《バトル》

【万年書生】
小森こもりさんは、こんな私の
才能を見抜いてくれたんだ!

《バトル》

如月きさらぎ鈴代すずよ
小森こもりはどこかへ姿をくらませた……
東雲しののめ流を閉じたからには
私はただ見守るしかできない……
心の弱い者が力を得ようと――

如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん!
私、心配です!
帝都中で小森こもりに賛同する者が、
現れたりしたら……
喪神もがみ梨央りお
そんな時のために、
山王さんのう機関があるんでしょ?
兄さん!
如月きさらぎ鈴代すずよ
梨央りおちゃん……
何か悪い夢で目覚めたみたいよ……
喪神もがみ梨央りお
私、考えたんだけど……
前の特務と今回のは関連がある……
そうじゃないですか?
だからこの二つを黒札くろふだ特務にする!
黒札くろふだ特務は重要度が高いんです!
でも、ちゃんと終わりました!
それでは……
これにて特務は完了セリ!

帝都の瘴気しょうき、すなわちセヒラによって心弱き者ばかりか自ら望んでよこしまな力を得ようとする者がいる。
小森こもり一派はあきらめるを知らない。
帝都の治安ちあんは、山王機関にゆだねられているのだ。

黒札 第三話 牛頭会の誕生

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
風魔ふうまよ……
ちょっと話があってな。
じつは、池袋のとある作家先生が
ゴエティアのことをぎつけたんだ。
先生はこんなことをおっしゃる……
何冊かの偽典が帝都に集まる――
いやはや、大した慧眼けいがんじゃ。
西洋の悪魔共がこの帝都を目指す、
そんな光景が見えるようだな!
ゴエティアの偽典は、
我ら審神者さにわにとっても大事な書ぞ!
その作家先生にゴエティアの書、
是非お目通し願いたくてな。
書を帝大から池袋の先生宅へ運ぶ。
移送中、何者かに襲われんとも……
第一連隊の精鋭が護衛に付くが、
お前さんも隊に合流してくれ!
喪神もがみ梨央りお
兄さん!
敵勢力は東雲しののめ流残党、小森こもり一派……
となれば、
これは黒札特務となります!
第一連隊第三小隊の車列トラック
通常訓練に偽装しています!
上野広小路うえのひろこうじに向かってください!

上野広小路うえのひろこうじ

満洲まんしゅう回教徒かいきょうとからもたらされた
ゴエティアの偽典。
それをねらう者があるという――
第一連隊の警護に加えて、万が一に備えることになり、山王さんのう機関の出動となった。

如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん!
びっくりなさらないで!
池袋いけぶくろの先生って……
もしかして乱歩らんぽ先生ですか?
――梨央りおちゃんが教えてくれました。
江戸川えどがわ乱歩らんぽ先生……
私、乱歩先生のご本、大好きなの!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
聞こえますか?
上野近辺でセヒラ上昇確認!
それに……
連隊の車列トラックが停止したままです!
如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん……
これをお持ちください……
――東雲しののめ流の霊符です!
東雲しののめ審神者さにわの力を、
一時的に弱くできます。
連中が降ろすにも
霊符れいふの力が及ぶはずです!
あっ!
誰か人が……
私は公務電車の中にいます!

【小料理屋の女将おかみ
さっきから軍人さんが
こっちを気にしてるのよ。
――なんだか嫌な感じよね!
建具師たてぐし
軍人さんがなんか騒いどるわい!
わしには関係ないけどな!

【小料理屋の女将おかみ
きまって新月の夜に
アタシがおかしくなる……
兄はそう決め込んでたのよ!
だからさぁ~
新月の夜に食ってやったよ!
むしゃむしゃとね!
あはははははは~

《バトル》

【小料理屋の女将おかみ
なんだか……
アタシってば、頭痛が治ったみたい!
ちょいと、どいてよ!

建具師たてぐし
わしはなぁ……
こいつらにおのれたましい
しゃぶらせてるんだ!
くせになる味なんだってよ!

《バトル》

建具師たてぐし
最近、とみにせてきちまった……
風呂でも浴びっか!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その辺りのセヒラが弱まりました!
でも……
まだ少し残っています!
引き続き、警戒してください!

【???】
危ないっ!
こっちだ!

まだが残っていたんだ……
ところで……
君が……
喪神もがみ風魔ふうま君だね?
私は山郷やまごう……山郷やまごう武揚ぶようだ。
如月きさらぎ鈴代すずよ叔父おじに当たる……

山郷やまごう武揚ぶよう
もっとも、私は山郷やまごう家に婿入むこいりして、
姓は山郷やまごうと変わったけどね。
鈴代すずよのお父さんとは異母いぼ兄弟なんだ。

如月きさらぎ鈴代すずよ
叔父おじ様!
どうして、ここへ?
山郷やまごう武揚ぶよう
おおお、鈴代すずよもいたのか!
それなら二人に聞いて
欲しいんだが……
如月きさらぎ鈴代すずよ
どんな話ですの?
山郷やまごう武揚ぶよう
私は大いにうれいているのだよ。
この帝都まち享楽きょうらくに浸る様をね。
皆が自分の道を見失い、
求めるものさえわからず
彷徨さまよっているようだ――
正しき道を見つけねばならない。
そうではないかな、鈴代すずよ
如月きさらぎ鈴代すずよ
帝都では騒動が続いています。
市民はむしろ恐れているのでは?
山郷やまごう武揚ぶよう
恐れ! 誰が畏怖いふなどするものか!
鈴代すずよ、君は自分の進むべき道を
ちゃんと見通しているかね?
如月きさらぎ鈴代すずよ
私……それができそうもないから、
東雲しののめ流を閉じたんです。
霊力を……封じたのです。
山郷やまごう武揚ぶよう
我々は、世界を正しき道へと導く、
その役目を仰せつかっているんだよ。
私は歴史に学び、その役目を知った。
鈴代すずよ、君も私のように学ばなくては。
――私にはね、前進しようとする
力がみなぎっているのだよ。
今、一歩を踏み出すときなのだよ。

如月きさらぎ鈴代すずよ
父と叔父おじはお母さんが別々なの……
叔父おじはおめかけさんとの間に生まれた……
だから、父と叔父おじはほとんど口を
聞かなかった……
――そう聞いています。
それなのに……
父が受け継いだ東雲しののめ流に、
なぜあれほどこだわるのかしら……
【着信 喪神もがみ梨央りお
大変です!
連隊の車列トラック
怪人に襲撃されています!

【目付きの悪い男】
ちょっと道を聞きたいんだけどな……
兄さん、地獄の一丁目って、
このへんかい?
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
危険です!
セヒラ急上昇です!

【目付きの悪い男】
おやおや、そんな怖い顔しちゃって!
お兄さん、もしかして地獄の住人?
そりゃよかった!
でもほんとの地獄はこうなんだよ!

《バトル》

【目付きの悪い男】
こりゃ、小森こもりさんも、
手を焼くはずだわな!
小森こもり時夫ときお
ふふふ、どんな塩梅あんばいだ?
うちの手下どもも、よくやるだろ?
力を欲しがってる奴は――
帝都にゃ五万ゴマンといるんだ!
それらを組織すりゃ、
一大勢力の出来上がりだ!
そうだ、勢力だ!
牛頭会ごずかい、そう名付けさせてもらうぜ!
どんどん人を集めて、
お前らを飲み込んでやる!
力のすべては牛頭会ごずかいがいただく!
【着信 喪神もがみ梨央りお
第一連隊の車列トラックは無事池袋に到着!
幻影城げんえいじょうという場所だそうです。
上野広小路にいたのは
囮の車列トラックでした……
山王さんのう機関の動きが探られている
そのおそれがあります……
――今後、警戒を強めます。
以上です!

よこしまな力を求める者達によりいよいよ牛頭会ごずかいが結成された。
帝都は混迷こんめいを極めようとしている。

黒札 第四話 牛頭会の狙い

山王さんのうホテルまえ

九頭くず幸則ゆきのり
おい! 風魔ふうま! 風魔ふうま
聞いたか?
喪神もがみ梨央りお
どうしたんですか?
騒々しいですよ!
九頭くず幸則ゆきのり
あっ、梨央りおちゃん!
アーネンエルベが本格的に
召喚を始めたらしいぜ!
喪神もがみ梨央りお
ゴエティアの書を狙ったりとか、
いろいろ動いていましたから――
九頭くず幸則ゆきのり
そういえば鬼龍きりゅうのやつも
独逸ドイツ仕込みの召喚師……
鈴代すずよ東雲しののめ流を閉じると知った途端
不意に独逸ドイツへ行きやがった――
審神者さにわから召喚師って、どうなんだ?
喪神もがみ梨央りお
どうって?
――べるのは同じですが、
私には召喚の奥義おうぎなどわかりません。
九頭くず幸則ゆきのり
山王さんのう機関が向き合うのは、
アーネンエルベと第三連隊……
どちらも独逸ドイツ流の召喚師だ。
喪神もがみ梨央りお
ですね。
まるで三巴みつどもえの様相です。
九頭くず幸則ゆきのり
上手いこと言うね!
そうだよ! 
帝都を巡る三巴みつどもえの攻防だ!
この三勢力が我らが帝都で
合戦を繰り広げるんだ!
喪神もがみ梨央りお
もうひとつ、あるんです
――勢力が。
九頭くず幸則ゆきのり
何だ、そいつは?
喪神もがみ梨央りお
牛頭会ごずかい――
東雲しののめ流をあきらめずに再興さいこうしようと……
九頭くず幸則ゆきのり
東雲しののめ……
そういや鈴代すずよはどうした?
姿を見ないが……
喪神もがみ梨央りお
鈴代すずよさんなら調べたいことがあると、
セルパン堂に向かいました。
四谷よつや区にある古本屋さんです。
九頭くず幸則ゆきのり
そういや青山の方で騒ぎがあった。
気になる、ちょっと様子を見てきて
くれないか、風魔ふうま

青山街路あおやまがいろ

赤坂見附から西へ伸びる青山通りは、陸軍大学をようし陸軍通りとも呼ばれている。
人影まばらなさびしい通りである。

饅頭まんじゅう屋の主人】
あっしはね、
溜池ためいけ通りの方から来たんですけどね、
赤坂界隈かいわいは怪人のメッカだなんて……
そんな言われ方してますね。

【良家の令嬢れいじょう
あら! びっくりだわ!
気安く話しかけないでくださいな――
帝都は怪人情報で持ちきりですよ!
中には怪人にあこがれる者まで……
――けどね、私も二枚目の怪人なら
付いていっちゃうかもですわ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その周辺は、帝都に六基ろっきある
セヒラ探信儀の谷間なんです!
山王さんのう機関では
セヒラ濃度を測ることができません。
携行セヒラ探信儀を使ってください!

【除隊兵】
残兵戦ざんぺいせんの、花と散れ~♪
ってな!

《バトル》

【除隊兵】
うううう……
まだまだ抜けないぜ!
俺みたいな人間にゃ、
が深く刺さってるんだ!
牛頭会ごずかい、万歳! 万歳!

【女給】
アタシはカフェーの女給なんかじゃ
ないのよ! まったく違うの!
もっとすごいのよ!

《バトル》

【着信 喪神もがみ梨央りお
気を付けてください、黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その怪人は気が立っています!
つねより強くなっている恐れがあります!

【女給】
残念ね……
あんたは本当のアタシを知らない……
山郷やまごう武揚ぶよう
大丈夫か? 風魔ふうま君!
いやぁ、危ないところだったな!
それにしても……
君の帆村ほむら帰神きしん法は新しい境地に
達しつつあるようだね!
私も実に心強いよ!
ところで、鈴代は出かけたのかね?
帝都では方々で事変が起きている!
無事に連れ戻せるように、
手分けして探そうではないか!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
鈴代すずよさんから電話がありました。
式部しきべさんに止められて、
まだセルパン堂にいるそうです。
セルパン堂まで移動してください!

市ヶ谷見附いちがやみつけ近辺で騒ぎがあると聞き、急ぎ、公務電車を市ヶ谷見附へやる。

【着信 喪神もがみ梨央りお
ちょっと寄り道になるけど……
そのあたりで怪人が出たそうです。
異変を感じたらすぐ行動を
起こしてください!

【洋行帰りの女】
洋行帰りのわたくし
ぬか漬けなんぞしょくさせるとは
何事ざますかっ!

《バトル》

【洋行帰りの女】
あはははは、
今度会ったら、あんたもステュウシチュー
具にしてやるからね!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その辺りのセヒラはなくなりました。
セルパン堂へ向かってください!

〔セルパンどう

如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん!
さっき梨央りおちゃんに電話したんです。
迎えが来るまでは店にいるって。
式部しきべじょう
鈴代すずよさんはね、
山郷やまごう武揚ぶようのことを聞きに来たんです。
山郷やまごうはこの店に二度ほど来ている……
それも魔導書まどうしょのような古書こしょ
探していました。
如月きさらぎ鈴代すずよ
では……
やはり叔父おじが……
式部しきべじょう
彼が東雲しののめ流再興に執着しゅうちゃくしているのは
間違いないでしょう――
そのきっかけとなったのが……
ゴエティアの偽典ぎてんです。
書にはユダヤ王が地獄に追いやった
神々のことが書かれています。
如月きさらぎ鈴代すずよ
どうやら叔父おじはアメリカにある
ユダヤ人結社にも働きかけて
いるようです――
式部しきべじょう
ただ、易々やすやすと情報は出さない――
相手も一筋縄ひとすじなわではいきません。
なにせ、連中は用心深いですから。
如月きさらぎ鈴代すずよ
叔父おじ執念しゅうねん深い性格です――
式部しきべじょう
うむ……
山郷やまごうの計略でいろいろと
動き始めている――
そうも考えられますね。
やがて大勢力になるための
基盤を整えつつあるのかも――
如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん……
叔父のこと、ここで何かわかるはず、
そう考えると家にも居れず――
そろそろ戻りましょう。
式部しきべさん、
いろいろ教えていただき、
ありがとうございました。
式部しきべじょう
いいえ、どういたしまして!
また、お顔見せてください!

流派を再興さいこうしうるすべを求める山郷やまごう
その計略が帝都の怪を呼ぶのだとすれば――
帝都の初夏は風雲急ふううんきゅうを告げつつあった。

黒札 第五話 憲兵怪人と満州からの客

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
憲兵けんぺい怪人が現れたそうです!
場所は銀座……
怪人は省線有楽町しょうせんゆうらくちょう駅近くに出現、
急いで向かってください!

銀座四丁目ぎんざよんちょうめ

省線有楽町ゆうらくちょう駅へと向かう途中、突然、情報が更新され、公務電車は銀座四丁目へと急いだ。

憲兵けんぺい
おい! こら!
近辺は重要警戒中だ!

憲兵けんぺい
きゃははははは!
貴様きさま
憲兵に歯向はむかうとは何者ぞ!
しかも怪人となった憲兵様にな!

《バトル》

憲兵けんぺい
ちっ!
上官に報告せねば!
【着信 喪神もがみ梨央りお
どの憲兵が怪人なのか、
見分けがつきません!
悪徳憲兵にも注意してください!

憲兵けんぺい
おい! 貴様きさま
こんなところで何してる!
今度見かけたら、タダじゃおかねぇ!
文字通りな! 覚悟しとくんだな!

憲兵けんぺい
ん?
貴様!
誰何すいかする!

憲兵けんぺい
貴様のことは知っている!
山王機関とやらの!
古臭い、まじない師だろ!

《バトル》

憲兵けんぺい
うぐぐぐ……
くそっ!
任務、失敗か?
俺としたことが……
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
大変です!
要人が憲兵怪人に拉致らちされました!
場所は……
――品川駅前です!

江戸を代表する悪場所あくばしょのひとつ、品川めが近かったせいか、帝都でもセヒラ濃度が高い一帯だ。

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし、要人というのは、
満洲から亞洲丸あしゅうまるで訪日した
藤沢ふじさわレーネという女性です。
危険を察知して
手前の品川で降りたそうですが、
怪人に捕まったとのことです。

【小僧】
あそこにいる憲兵さんのそばで、
急に寒気がしたんだ……
何か変だよ!
だんぜん、変だよ!

憲兵けんぺい
俺はなぁ、命令に従っただけだ!
便利な言葉だろ……
軍人はみなそうだ!
だがな……
俺は命令以上のこともするぜ!

《バトル》

憲兵けんぺい
ふん!
弱いやつには運が付くんだな!
――任務、失敗だ……
ううううう……
敷島しきしまの 大和やまとごころを 人と
朝日にに 山ざくらばな
藤沢ふじさわレーネ】
危ないところを助けていただき、
ありがとうございました。
私は藤沢ふじさわレーネと申します――
私を山王機関へお招きください。
ぜひともお耳に入れたい話が――
安全な場所でなければ
お話できないことなのです。

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

満洲から訪日したという藤沢ふじさわレーネ。
明かされるまでもなく山王機関を知る女性。
危険をおかしてまで来た彼女の目的とは――

喪神もがみ梨央りお
兄さん……
大丈夫でしたか?
――そして……
あなたが……
レーネさん?
藤沢ふじさわレーネさんですか?
藤沢ふじさわレーネ】
あなたが梨央りおさんね……
お兄さんに助けていただいたのよ!
喪神もがみ梨央りお
梨央りおさんだなんて……
みんな梨央りおって呼ぶんです!
藤沢ふじさわレーネ】
でも、私は客の立場……
喪神もがみ梨央りお
それもそうですが……
満洲から、でしょ?
藤沢ふじさわレーネ】
ええ、新京しんきょう大連だいれんから船で。
――実は、山王機関にお願いがあり、
それで参ったのです。
喪神もがみ梨央りお
兄さん、レーネさんのお願い、
聞いてあげて!
藤沢ふじさわレーネ】
満洲で、極秘裏ごくひりに進んでいる
ある計画があります。
それはN計画と呼ばれているもので、
独逸ドイツで迫害されるユダヤ人を
満洲の地に入植させる計画です。
満洲にユダヤ人社会ができれば、
世界中から投資が集まり、
自ずから共栄の理念が実現します。

本計画ハ北満ほくまんおけ猶太人ユダヤじん入植ヲ
推進スルモノトス
本計画ノ秘匿名ひとくめいN計画エヌけいかくト称ス

喪神もがみ梨央りお
すごいですね!
そんな話、はじめて聞いた!
満蒙まんもうの地が大いに栄えますね!
藤沢ふじさわレーネ】
計画はまだ準備の段階です。
でも……
喪神もがみ梨央りお
どうしたんですか?
藤沢ふじさわレーネ】
N計画の乗っ取りがはかられている、
そんなうわさがあるんです。
N計画を利用して、
満洲での権益を拡大しようとする、
そう企む者が、この帝都にいると……
喪神もがみ梨央りお
でも……
N計画は秘匿ひとくの計画なんでしょ?
藤沢ふじさわレーネ】
もちろんです!
けれど、私の日本行きでさえすでに
知られてしまっています……
これからも、N計画に係る者が、
風魔ふうまさんを訪ねてくるはず――
どうか、力になってあげてください!
N計画を推進するのは大連だいれん特務機関とくむきかん
機関長は関東軍の中条なかじょう大佐です。
お嬢さんの中条忍なかじょうしのぶさんが大佐に代わり実務にあたっています。
喪神もがみ梨央りお
レーネさんも
用心してくださいね!
藤沢ふじさわレーネ】
ありがとう、梨央りおさん!
そして……
よろしくお願いします、風魔ふうまさん!
帆村ほむら魯公ろこう
いよいよ満洲の方にも、
大きな動きが出てきたようだな!
ひとまず特務は終了だ!

満洲からの客、藤沢ふじさわレーネがもたらした情報、それは北満ほくまんの地にユダヤ人を入植させ繁栄をもたらすという壮大な計画であった。
その計画をねらう者が帝都にいるという――

黒札 第六話 情報ノ漏洩シタル時

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
風魔ふうまよ、式部丞しきべじょうだが、ああ見えて
なかなかに世界情勢に明るい。
N計画のこと、申し伝えた――
我々としても対応を検討したい。
四谷のセルパン堂へ同行願いたい。
――今は帝都も静かだ。

〔セルパンどう

帆村ほむら魯公ろこう
式部しきべのー……
おるかい?
式部しきべじょう
これはこれは……
帆村ほむらの先生!
ぜんたい、どうされました?
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……先だっての話だよ、
例の満洲へのユダヤ人移住計画――
独逸ドイツ迫害はくがいされつつあるからな!
式部しきべじょう
N計画、というやつですね。
いやはや、実に途方とほうもない計画です。
帆村ほむら魯公ろこう
われら山王機関として、
どのような協力ができるのか、
考えておったところだよ!
式部しきべじょう
――悩ましいですね、実に。
丁寧ていねいに、しかし急いで進めるべき
性質たちの計画でしょうね。
帆村ほむら魯公ろこう
N計画が大成功をおさむれば、
満洲の地に巨大な利権が生まれる。
世界中から金が集まるだろう……
式部しきべじょう
まぁ、そうでしょうな――
資源豊富な満洲に、人、物、金が
きれいに揃うわけですから。
帆村ほむら魯公ろこう
失敗すれば……
式部しきべじょう
満蒙まんもう基盤きばん脆弱ぜいじゃくさを増すことに……
ソビエットの南下を食い止めるために
満蒙まんもうの繁栄は火急かきゅうようですね。
――違いますか?
帆村ほむら魯公ろこう
明察めいさつだ!
その通りだよ!
――満蒙まんもうこそは日本の生命線……
式部しきべじょう
ソビエットと対峙たいじする独逸ドイツにも
満蒙まんもう盤石ばんじゃくぶりは頼もしいでしょう。
――外交の手札カードが増えますね。
帆村ほむら魯公ろこう
欧州ヨーロッパ独逸ドイツも、支那シナも日本も――
その要衝ようしょう満蒙まんもうにあり、だな!
式部しきべじょう
フフフ……
まずはN計画の秘匿ひとく
しっかりと守ることでしょう!
【着信 喪神もがみ梨央りお
レーネさんを品川まで護送中ですが、
憲兵けんぺい怪人の数が多くて、
虹人こうじんさんが苦戦しています!
兄さんも参戦してください!
私も品川駅に向います。
帆村ほむら魯公ろこう
そうそう、藤沢ふじさわレーネなんだが、
もうじき横浜を出る錦洲丸きんしゅうまる
新京しんきょうへ帰ることになっておる――
それで虹人こうじんに護衛を頼んだのだが……
式部しきべじょう
憲兵怪人とは!
これまた何とも!
これはまったく、新手あらてですね!
それに……
何か、組織の臭いがする――
帆村ほむら魯公ろこう
レーネじょうを守らねばな! 風魔ふうま
急ぎ、品川駅に向かってくれ!

品川駅前しながわえきまえ

横浜へ向かう藤沢ふじさわレーネを護衛するも憲兵怪人にはばまれた帆村ほむら虹人こうじん
まだ怪人の気配が漂っている――

【着信 喪神もがみ梨央りお
兄さん、私も来るようにと、
虹人こうじんさんに頼まれて――
私はすぐ近くにいます。

【アナーキスト志望】
ここだけの話だけどな……
――ヒソヒソヒソヒソ……
憲兵けんぺい
おい! 貴様!
謀略ぼうりゃくする者は許さん!

憲兵けんぺい
うううううううう、
巫山ふざんの雲は乱れ飛ぶ!

《バトル》

憲兵けんぺい
はぁはぁはぁ……
小森こもり魔大佐殿またいさどの
――無念でありますっ!

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
まだ怪人の気配が消えません……
その辺りでセヒラを観察しています!

【電話交換手】
ねぇ、お兄さん!
あたいの許婚いいなづけ、男前でしょ?
憲兵けんぺい
さぁ――ここは警戒区域だ、
急ぎ、去れ!

【電話交換手】
だそうよ、にぃさん!
ぼやぼやしてると引っ張られるよ!
この人、泣く子も黙る
哈爾浜ハルピン憲兵隊付きなのよ!
ふん、強がるのもいい加減におしぃ!

《バトル》

【電話交換手】
フフフフフフ~
こんなもんじゃ終わらないわよ!
さ、行くよ! あんた!

喪神もがみ梨央りお
もう大丈夫ですね。
憲兵怪人は普通の怪人とは違う、
虹人こうじんさんはそう言っていました。
言われてみれば、
これまでにはない波形がいくつも、
観測されています。

帆村ほむら虹人こうじん
風魔ふうま! 間に合ったのか!
いろいろと邪魔臭じゃまくさい連中だったな!
やつら、出所でどころが違う気がしないか?
それで梨央りおにも来てもらったんだ。
正しい観測をするためにね。

ところで、僕たちは似た者同士、
そんな気がしないか?
生きる目標を希求ききゅうしている――

さて、梨央りおちゃん、本部に戻ろう。
後の巡視パトロールは、風魔ふうま、お前に頼む。
喪神もがみ梨央りお
はい……
では兄さん、また後ほど。

藤沢ふじさわレーネ】
危ないところを……
ありがとうございました。
ナサニエル・カッツという
ユダヤ人実業家がいます――
彼から錦洲丸きんしゅうまるの乗船券を手配したと、そう電報があって、それで私は……まさに横浜へ向かうところでした。
もしや、それがれたとでも……
ひとまず私は満洲へ帰ります。
お願いしたこと、心強く思います。
風魔ふうまさん……
【着信 帆村ほむら虹人こうじん
おい、風魔ふうま! 梨央りおはぐれた!
今、品川から戻る途中だ。
怪人の波動だって梨央りおが言うから、
手分けするうちに逸れたんだ。
心配だ。風魔ふうま、お前は増上寺ぞうじょうじ界隈を
探してくれないか?
――無事だといいんだが。

芝増上寺大門前しばぞうじょうじだいもんまえ

【着信 帆村ほむら虹人こうじん
風魔ふうま――黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
赤羽橋あかばねばしの方だが、梨央りおの姿はない。
そっちはどんな感じだ?

小森こもり時夫ときお
ふはははは!
手下ども相手によくやったな!
憲兵の奴らは恨みつらみを
たぎらせるからな!
勧誘は簡単だった!
だがな、もっと上等の
手に入れることになった!
誰もが扱えるをな!!
【着信 喪神もがみ梨央りお
兄さん! もう大丈夫です!
金ノ七号……
虹人こうじんさんとはぐれてしまって……
増上寺のセヒラは何かの間違いです。
一瞬だけ、値が高くなって――
飯倉いいくら一丁目から市電三番に乗ります!
ところで兄さん、知っていますか?
虹人こうじんさんは小説をお書きなんです。
帝都の事変を題材にするのだとか――
虹人こうじんさんのペンネームは、
確か……
白金しろかねこうと言います。
【着信 帆村ほむら魯公ろこう
風魔ふうま
梨央りおは無事のようだな!
それでは、
すぐ山王機関へ戻れ!
満洲からお客人きゃくじんだ!

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
おおお、戻ったな、風魔ふうま
こちらが満洲の実業家、
ナサニエル・カッツさんだ。
【ナサニエル・カッツ】
喪神もがみ風魔ふうまさんですね。
もうN計画についてはご存知ですな?
帆村ほむら魯公ろこう
概要ならうかがっております。
壮大そうだいな計画ですな、まったく!
【ナサニエル・カッツ】
私はN計画が首尾しゅびよく進むよう、
資金を提供するつもりです。
資金だけではなく――
必要とあらば情報もです。
いやぁ、私など小さな人間ですが、
それなりにコネクションもあります。
帆村ほむら魯公ろこう
ほう……
それは頼もしい限りですな!
で、計画はいつ頃、本格的に?
【ナサニエル・カッツ】
まだそれは申し上げられません。
レーネ女史じょしともよく話し合わないと。
帆村ほむら魯公ろこう
そのレーネじょうなんだが、
錦洲丸きんしゅうまるの乗船券を用意したのは
カッツさんですね?
【ナサニエル・カッツ】
ええ――今日の便を逃すと、
三ヶ月ほど先になります。
たまたま乗船券チケットを手配できました。
さて、私は他を回らなければ
ならないのです。
まずはお見知り置きのほどを――
帆村ほむら魯公ろこう
ナサニエル・カッツという人物、
どう思う、風魔ふうま
――信用できるか?
うむ……
漏洩ろうえいの容易な電報で、レーネじょう帰国の
話を伝えるなど……
わざと情報をらして、
こちらの出方を探っておるのかも……
試されておる気もするな!
レーネ嬢も横浜に向かい、
梨央りおも無事だった。
本特務はこれにて終了だ。

N計画は、満洲での利権をはらみながら、そろりと動き出そうとしていた。
帝都にもまた、その利権をねらう者があるのか?

黒札 第七話 山郷武揚の目論見

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
鈴代すずよさんがお出かけされます。
帝都の状況はかんばしくありません……
鈴代すずよさんを尾行してください。
危険な目にわないとは限りません!

溜池ためいけ通〕

如月きさらぎ鈴代すずよは、誰かに呼び出されたようだ。
急ぎ足で溜池ためいけの電停方面へと向かっている。

【帝大生】
悪い気に当てられて、
怪人になっちまう奴がいっぱいだ!
うちの寮生りょうせいにも一人いるんだ!
この間なんざ、
混凝コンクリートの壁に拳で穴を開けたんだ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
鈴代すずよさん、溜池ためいけから市電に乗ります。
三系統でしょうか……
公務電車を回します!

赤羽橋あかばねばし

鈴代すずよの乗る市電を付けて赤羽橋あかばねばしへ。
鈴代すずよ赤羽橋あかばねばしで4系統に乗り換えるようだ。

置屋おきや女将おかみ
あらいやだ、さっきの女性ひと
すっかり素敵すてきなモガさんね!
見とれちゃったのよ……

兵卒へいそつの男】
あんたも、ク号に興味あるってか?
あーん?
知らないってか!
見逸みそれしたな!
クは怪人クヮイジンのクだよ、
怪人兵士のことだ!
軍も大いに興味を持ち始めたってよ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
急激きゅうげきなセヒラの上昇を観測しました!
注意してください!

【陸軍少尉】
われ大君おおきみされたる者!
おお八洲やしま大義たいぎにかけて、
貴様をち取る!

《バトル》

【陸軍少尉】
うううう……
この俺でもを指揮できる……
そのはずだったのに……
ちくしょう!
――お前は、もしや……
軍の者なのか?
【着信 喪神もがみ梨央りお
その辺りのセヒラはなくなりました。
――黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし……
清正公せいしょうこう前の近くでセヒラ観測です……
鈴代すずよさんは市電四系統です。
ちょうど清正公せいしょうこう前にいるはずです。

清正公前せいしょうこうまえ

如月きさらぎ鈴代すずよ
あっ!
風魔ふうまさん!
帝都が危険なことは承知しています。
でも……
――叔父おじに呼び出されたのです。
折り入って話したいことがあると……
――叔父おじ様……
山郷やまごう武揚ぶよう
鈴代すずよ……
それに風魔ふうま君も!
それなら、話が早いというものだ。
――いやね、小森こもりの不始末を
ここでびようと思ってね!
如月きさらぎ鈴代すずよ
小森こもり
――それじゃ……
この一連の騒動そうどうは……
山郷やまごう武揚ぶよう
なんだ、その目は?
――ああ、そうだよ、
私が小森こもりに指示を出したんだ。
如月きさらぎ鈴代すずよ
叔父おじ様!
――
山郷やまごう武揚ぶよう
鈴代すずよ、お前は知っているだろう。
私はお前のお父さんとは異母いぼ兄弟……
私は父、松丘しょうきゅうめかけに産ませた子だ――
――まぁ、長話はよしておこう。
私には、鈴代すずよ――
お前のような能力は備わっていない。
如月きさらぎ鈴代すずよ
私も……審神者さにわとしては、
まったく至らぬ存在でした……
それで……東雲しののめ流を閉じたのです。
山郷やまごう武揚ぶよう
ふん……ずいぶんと身勝手な理屈だ。
お前が東雲しののめ流を閉じなければ、
私も、もっと研鑽けんさんを積めたのだ!
東雲しののめ流から暖簾のれんを分けた帆村ほむら流が
今や陸軍に協力しているというのに、
我々はまるで浪人ろうにん風情ふぜいだ――
如月きさらぎ鈴代すずよ
叔父おじ様は……
ただ力を求めておられるだけでは――
山郷やまごう武揚ぶよう
力!
いろんな力があるものだな!
――審神者さにわには強い霊力れいりょくが必要だ。
鈴代すずよ、お前が自らの霊力れいりょくふうじ、
我々に神なる力が届かなくなった……
――やがて力は自らに宿る……
それが東雲しののめ流の教えではなかったか?
この私にも宿やどるのだと――
如月きさらぎ鈴代すずよ
――私にはもっと禍々まがまがしい力に
思えてなりません……
山郷やまごう武揚ぶよう
はははは、力は力だ。
だが、もうよい。
まじないめいたことはおしまいだ。
迷信めいしんは弱者の宗教とも言う。
そうだろう、鈴代すずよ――
科学の力によって、
未来が開けようとしているのだ。
――輝かしい未来がな!
如月きさらぎ鈴代すずよ
それは……いったいどのような……
山郷やまごう武揚ぶよう
お楽しみはとっておくものだよ。
さぁ、今際いまわの別れとなるだろうか……
鈴代すずよ、それに風魔ふうま君!
わたしは残念だよ――
おい、小森こもり
新しいを試す時だ!
準備はおこたりないか?

小森こもり時夫ときお
無沙汰ぶさただな、喪神もがみ風魔ふうま
お前には楽しませてもらったよ!
まだ自分の力を信じるか?
――科学が生んだ人籟じんらいを相手に、
せいぜい威勢いせいを張るが良い!

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
なんだか不思議です……
セヒラが乱れていきます――
小森こもり時夫ときお
うははははは~
人籟じんらいはセヒラを取り込んで、
おのれの中で融合ゆうごうする!
お前らの技術は通用しない!

《バトル》

小森こもり時夫ときお
まだ序の口というやつだな。
人籟じんらいの材料は尽きない!
またお手合わせ願うとするぜ!
如月きさらぎ鈴代すずよ
風魔ふうまさん……
叔父おじは何かをつかんだ……
そうなのかも知れません。
人籟じんらい牛頭会ごずかいの肝いりだった、
そういうことなんでしょうか?
私も出来る限り調べてみます。
叔父おじのこと――
私も責任を感じています。
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし――
先ほどは……
――うまく伝えられませんでした。
怪人がを指揮しているのに、
セヒラをちゃんと観測できなくて……
人籟じんらいは波形が乱れやすい――
これを教訓としておきます。
それと……
探信の仕方ですが、
私の方でいろいろ研究してみます。

小森こもりの挑発は山郷やまごうの計略であった。
国立防疫ぼうえき研究所で生み出される人籟じんらい
山郷やまごうらはそれをも利用し始めた――

黒札 第八話 小森の最期

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
今さっき入った電報で、
高輪たかなわの方に騒乱そうらんがあるそうです――
黒札特務、発令です!
兄さん……
人籟じんらいうわさに飛び付く者もいます。
みなが力を欲しがっているようです!
騒乱の場所も、国立防疫ぼうえき研究所の
まさにお膝元ですよ。
慎重に探信を続けます。

白金三光町しろかねさんこうちょう

人籟じんらいが現れて以来、帝都では騒乱が勃発  ぼっぱつ
安易に指揮できる人籟じんらいを求めて、誰もが血眼ちまなこになっていた――

【人夫】
働けど、働けど……
我が暮らし、楽にならず!
――ってな!
お、お前!
ました顔して、何だ、ちくしょう!

【番頭】
お嬢様いとはんお嬢様いとはん……
ワテはお嬢様いとはんのこと、恋しおす、
なんぼでもおもてます……
そやのに、そやのに……
――何じゃ、おんどれは!
ワテに何かあるんけー!!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その辺り、力を求める者が
多く集まっているようです!
辛い修行無くして指揮できる……
それが人籟じんらいと言われています。
多くの市民が傾倒けいとうしつつあります――

【村田班技手ぎて
――私ですか?
私は国立防疫ぼうえき研究所の技手ぎてです……
しがない非正規の職員ですよ――
あそこは非正規ばかりですね。
中でも出色しゅっしょく山種やまたね源一郎げんいちろうさんです……
何しろ研究熱心なんです!
山種やまたねさんは、罪人ざいにんの合成を
懸命けんめいに研究するんです。
――ねぇ、すごいと思いませんか?

【川田班技手ぎて
罪人ざいにんの邪心を得ると、
強い悪を志向すると言われます――
それに――
そういうは……
お前みたいに古臭いまじないではなく
敵意の一欠片ひとかけら
いとも簡単に操れるのさ!

【川田班技手ぎて
お前も、人籟じんらいかれたのかい?
素敵だよね、人籟じんらい
古臭い修行しゅぎょうとか要らないものね!

《バトル》

【川田班技手ぎて
あらら~
アタシとしたことが、どうしたの?
ちょっとき人になっちゃった~
【着信 喪神もがみ梨央りお
国立防疫ぼうえき研究所にいる、山種源一郎やまたねげんいちろう
という技手ぎて人籟じんらいの考案者です。
罪人をきにして、
その魂をに吸収させている――
どうもそんな話のようです。

国立防疫研究所こくりつぼうえきけんきゅうじょ

国立防疫ぼうえき研究所――
梨央の調べによると、国立を名乗るが、国のどの機関にも属さないことが判明した。

【浅見班班員】
僕はひどく困惑こんわくしている!
というのも、あの技手ぎて――
山種源一郎やまたねげんいちろうさんのことだ。
あの人は……
いくらなんでも、おかしいよ!
なんせ、罪人の魂をに喰わせる。
そんなこと思いつく人は他にない。

【浦島班班員】
――あれ?
君は部外者ですか?
ここは部外者は立ち入れませんよ!
――それとも……
ははーん……
君は加藤かとう軍医ぐんいのお仲間ですか!
先生は市松いちまつ人形にご執心しゅうしんだ!
あの先生は市松いちまつ人形の蒐集家しゅうしゅうかです。
まったく、おかしな先生!
――あんな先生の元で働きたくなんぞ
断じてありません!!

《バトル》

【浦島班班員】
ひぃひぃひぃ……
息ができない……苦しい……
私は……私は……
ルサンチマンのかたまりなんだ!

帆村ほむら虹人こうじん
風魔ふうま
ここで大きな動きがあったと――
梨央から聞いたよ。
ここは国立でも何でもないらしい。
――実に怪しい限りだな。
帆村ほむら魯公ろこう
おう! 虹人こうじん
どうした、なにかぎつけたのか?
帆村ほむら虹人こうじん
新山技師が新手あらての波形を
見つけたって言うんだ。
原因は不明とのことだけど……
帆村ほむら魯公ろこう
新手の……波形、だと?
それはこの防疫ぼうえき研究所でか?
帆村ほむら虹人こうじん
そうだよ、一足先に巡視パトロールしてきた。
――そこで何を見たと思う?
帆村ほむら魯公ろこう
虹人こうじん! 勿体もったい付けるな。
早く言ってみろ!
帆村ほむら虹人こうじん
小森の死体だ。
――それも無残な殺され方だ。
帆村ほむら魯公ろこう
何? 小森が死んだだと?
東雲しののめ流の再興を目しておったのに。
帆村ほむら虹人こうじん
あの死に様は……
無念のうちに殺された――
小森のゆがんだ顔がそう語っている。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
ぜんたい何者が……
あの小森を手にけたのだ――
帆村ほむら虹人こうじん
小森は何かを知っていた……
山郷やまごうらに都合の悪いことを――
あるいは……
ここ防疫研究所に関わっていた?
――憶測が憶測を呼ぶ展開だな。
帆村ほむら魯公ろこう
一派いっぱのうちに沙汰さたがあったか……
人を殺すほどの沙汰さたが――
風魔ふうま
下手人げしゅにんは近くにおるぞ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
白ノ六号帥士しろのろくごうすいし! 
近くでセヒラが上昇しています……
あっ、金ノ七号帥士きんのしちごうすいしも一緒ですね。
それに……黒ノ八号帥士くろのはちごうすいしも!
警戒してください!
セヒラ、急上昇しています!!
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
大変危険な状況です!!

【元憲兵】
とうとう隊を追い出されちまった!
あの藤沢ふじさわって女の逮捕にしくじって、
ばらを切らされた格好かっこうよ!
――ここいらじゃ訓練積まなくても
指揮できるいてるそうだな!
だがな、俺は違う!
きたえ方がな、違うんだ!
麹町こうじまち憲兵分隊所属の憲兵中尉だ!

《バトル》

【元憲兵】
ちっ!
貴様も、なかなかやるじゃねぇか!
貴様の側に付いてやってもいいんだ。
誰が相手でも、り込んでやる!
ははははは~
また次の機会とするか!
【着信 喪神もがみ梨央りお
もうセヒラは観測されません!
新山さんに人籟じんらいの波形について、
教えてもらいました。
今後は混乱しないと思います。
でも、人籟じんらいあやつる者には、
強い悪意を秘める人間が多くいます。
そういう人にセヒラは集まります。

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
憲兵の怪人が、
逆恨さかうらみして小森をあやめたのか?
帆村ほむら虹人こうじん
それも一理あるが……
そもそも、大元おおもと山郷やまごうのはずだ。
憲兵怪人も山郷やまごう一派と思われる――
帆村ほむら魯公ろこう
小森が率いてきた牛頭会の、
今後の動向が気になるな。
帆村ほむら虹人こうじん
山郷やまごうは別な組織を擁立しようと――
そう企んでいそうな気がする。
小森が邪魔になったんじゃないか。
帆村ほむら魯公ろこう
それにしても……
いやはや……
に罪人の魂を喰わせるとはな。
罪人の魂を食っただと、
怪人になっても魂を喰われる
心配はないということか……
そのものも、が意図して
この世に放っている――
そんな気がしてならん。

怪人になっても魂を喰われるおそれがない――
そんな噂がまことしやかにささやかれ、力を求める者の関心を寄せ始めていた。

黒札 第九話 失われた十支族

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん……
銀座ぎんざでセヒラが上昇しています。
銀座と言っても京橋の方です――
これまでセヒラが
観測されなかった場所ですね。
ちょっと様子を見てきてください。
新しい場所では何が起きるか、
予測不能です。注意してください。

銀座二丁目ぎんざにちょうめ

公務電車で向かったのは、帝都・銀座――銀座でも東京駅にほど近い界隈。今回はじめてセヒラが観測されたのだ。

太鼓持たいこもち】
機嫌きげん遊ばせ!
お兄さん、どちらへ?
この先、うんと危なっかしゅうて……
何でも怪人様がお出ましとかで……
クワバラ、クワバラざんすね~
猟奇趣味りょうきしゅみの男】
おお、君!
丁度ちょうど良かった!
いやね、すっかり道を間違えた……
行き先は……行き先は……
その横丁よこちょう曲がった先、
浅草六区ろっくのどこかにあるはずなんだ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
何か変です! 注意してください!
浅草六区ろっくはまったく方角が違います!

猟奇趣味りょうきしゅみの男】
何を探してるかって?
ふはは、それはな、善意ぜんいとか良心とか
そんなちっぽけなものさ!
無きゃ無いで、スースーしてな!
風邪かぜ引いちまう!

《バトル》

猟奇趣味りょうきしゅみの男】
俺はガキの頃からな、
みなを憎んできた――
そればかりか自分をもだ!
善行ぜんこうは水に記される――
悪行あっこう真鍮しんちゅうに刻まれる――
俺の座右ざゆうめいだ! 覚えとけ!!
太鼓持たいこもち】
あらま!
お兄さんもおっかないこと
しやすんか?
ならお相手させていただきましょ!

《バトル》

太鼓持たいこもち】
――ふぅ、ふぅ、ふぅ……
これは、これで、
疲れることざんすね!
――アタシを馬鹿にした者達に、
とんとお仕置しおきするざんすよ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
――まだセヒラ反応があります。
誰かが、そちらに、
向かっているようです!
【意気盛んな書生】
あんたのこと、聞いたよ、
喪神風魔もがみふうまさんよ!
東雲しののめ流を横取りした帆村魯公ほむらろこう
弟子入りして、頭角とうかくを現した……
陸軍に取り入って神兵しんぺい気取りか?
大人しく山にでもこもって、
猿を相手にたわむれるがいい!
さぁ、この帝都から去ることだ!
我々の邪魔じゃまをしないでもらおう!!

《バトル》

【意気盛んな書生】
ふふうふ……
お前も我々の軍門ぐんもんくだればどうだ?
牛頭会ごずかいは生まれ変わろうとしている!
それなりの地位を与えてやるぞ。
――お前が手こずったおかげで、
十分に時間稼ぎができた!
我々の任務は終了だ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
セヒラ解消です!
そして……新たな拠点きょてんが――
鍛冶橋かじばし近くの日支にっしビルヂングです!

【???】
アナタ! こっちです!
――早く! ハリーぎます!

鍛冶橋かじばし

【???】
――怪人は、もういません!
もう大丈夫です。

【エレミヤ佐古田さこた
私はアイアム佐古田サコタ、エレミヤ佐古田サコタです。
山郷やまごうさんのユダヤ人末裔まつえい探しに
資金援助をしています――
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その人物に接触してはダメです!
【エレミヤ佐古田さこた
待ってウェイトください!
――山郷やまごうさんの仕事を邪魔オブストラクトするのが、
私の本当の働きオプなのです!
私はアメリカの秘密結社グランナイツから
いくつもの指示を得ています。
ボスは将軍アイザック・ハリスです。
グランナイツは世界中で
失われたユダヤ十支族トライブを、
探す組織なのです――
あなたは、ユダヤ十支族トライブのこと、
よく知りますか?

五千年以上前に離散したユダヤ人。
その有力な十支族のうち、1つないし複数が、日本に渡来とらいしていたのだという――

【エレミヤ佐古田さこた
十支族の末裔まつえいは、必ず日本にいます。
そして強い霊異りょうい発現はつげんが期待できる。
山郷やまごうさんは、それを見つけようと――
【着信 喪神もがみ梨央りお
十支族の末裔まつえいを見つけて、
その力で東雲しののめ流をもう一度おこす……
山郷やまごうの狙いはそういうことですね!
【エレミヤ佐古田さこた
……
将軍ハリスは末裔まつえいが見つかっても、
武器として使われることを恐れます。
大連ダイレンにある特務機関から聞きました。
日本ではあなた方が頼りになると……
そしてこの場所も知りました。
ここは昔からユダヤの末裔まつえい探しをする
志恩会シオンという組織のオフィスです。
特に被害はなさそうですが……
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし……
エレミヤさんと一緒に
山王機関へ戻ってください。
話は山王機関で聞くことにします。
式部しきべさんもすぐにいらっしゃいます。

ユダヤ十支族の末裔まつえいが日本にいるという。やがて霊異りょういを現すという――
真実なら勢力図を塗り替えかねない事態だ。

黒札 第十話 さらなる力をめぐる動き

〔セルパンどう

失われたユダヤ十支族――
その末裔まつえい霊異りょういを現すという。いつか鈴代はユリアに打ち明けた。自分はマナセ一族のすえであることを。しかし力為ちからな霊異りょういは伝わっていない。鈴代が流派を閉じた理由であった。

式部丞しきべじょう
失われたユダヤ十支族ですか。
その末裔が霊異りょういを発現する……
話が大きくなってきましたね。
如月きさらぎ鈴代すずよ
実は私の曾祖母そうそぼはユダヤ系です。
マナセ一族と言います――
式部丞しきべじょう
なるほど! そうだったんですね!
――でも霊異りょういは伝わらなかった?
如月きさらぎ鈴代すずよ
ええ――
マナセの霊異りょうい女系にょけいに伝わります。
祖母の代、産まれたのは男の子――
それが私の父なのです。
叔父は父とは異母兄弟いぼきょうだいです――
式部丞しきべじょう
叔父さんには愈々いよいよ霊異りょういがない。
でも、なんとか手に入れようと、
そういうことなんですね?
如月きさらぎ鈴代すずよ
私、なんだか怖いんです――
叔父のなりふり構わぬさまが。
式部丞しきべじょう
末裔まつえい探しはエレミヤ佐古田氏さこたの機転で思うようには進んでいない――
そうなんですよね?
如月きさらぎ鈴代すずよ
でも……
志恩会しおんかいの事務所が荒らされました。
――核心に、迫っているのでは?
式部丞しきべじょう
おそらく……エレミヤ佐古田さこた
彼が尾行されたのですよ。
無防備な人はこの上なく危険です。
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
帝都に新たな脅威が出現です!
市民は――
人造怪人だと騒いでいます。
確かに初めて見るセヒラ波形です!
至急、山王機関へ戻ってください!
式部丞しきべじょう
おやおや! 
人籟じんらいの次は、人造怪人ですか!

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
通報では人造怪人などと言うが、
わしの見立てではな、
あれは新型のホムンクルスだ。
ホムンクルスならアーネンエルベ……
あすこが出処でどころと見て間違いない。
だが、梨央の言うセヒラ波形が違う、
これが気になる。
いや、断然気になる!
梨央や、何か思い当たるフシは?
――何でもいいぞ。
喪神もがみ梨央りお
この波形、一昨日の夜に現れました。
その夜、伯林ベルリン丸が横浜港に。
船のことはラヂオで言っていました。
帆村ほむら魯公ろこう
独逸ドイツから新型がやって来た、
そういうことなんだろうか?
喪神もがみ梨央りお
ユリアさんは何も言っていません。
新型のこと、知らないのでしょうか?
人造怪人の騒ぎは麹町こうじまちです。
アーネンエルベのある独逸ドイツ大使館の
すぐ近くですね。
兄さん、いや、黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
麹町の巡視パトロールをお願いします。

麹町こうじまち

麹町こうじまち――
大名屋敷を今に伝える閑静なたたずまいの町並み。独逸ドイツ国大使館が近くにそびえている。

気触かぶ気味ぎみの学生】
あすこは最近、活発だね!
独逸ドイツ大使館だよ。
第三帝国ナ チはね、いろいろやるからね!

【旅館の若女将わかおかみ
ちょっと、そこのヒト……
なんだか様子が変よ、
気色悪きしょくわるいのよぉ~

【レーベンクラフト一〇三】
ドゥンケル! ツュリック! 
ユーベル! ブルート
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
ホムンクルスです!
どんなを呼ぶかわかりません!

《バトル》

【レーベンクラフト一〇三】
釜! ヴァッサルケッセル
フォイヤー! ハーゲル
レーベン! クラフト

【着信 帆村ほむら魯公ろこう
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいしよ!
どうやらナチ高官が裏にいるな。
じき日本に着任の噂もある、
親衛隊のゲルハルト・フォス大佐だ。
新型ホムンクルスは、
フォス大佐直轄の研究のようだな。
【レーベンクラフト一〇一】
レーベン! レーベン! レーベン
フォイヤー!  クリンゲ
トート! トート! トート

《バトル》

【レーベンクラフト一〇一】
ヒンメル! ヴォルケ! ラント
メーア! ブルーメ……

【旅館の若女将わかおかみ
ちょっと~
もう、気色悪きしょくわる兄弟ブラザーなの?
――あれ?
どっか行っちゃったね!
アタシも帰ろうっと。

気触かぶ気味ぎみの学生】
僕はねぇ、ナチは結構やると思うよ。
機械化と科学化を同時に進めてね!
この間のナチ党大会で演説したのが
親衛隊のゲルハルト・フォス大佐だ。
――機械化と科学化が独逸ドイツの栄光!
機械化と科学化がもたらすもの……
それは独逸ドイツの勝利である!
独逸ドイツ勝利万歳ジークハイル――
そのフォス大佐が日本に来るらしい。
赴任が決まったって噂だよ――
独逸ドイツ大使館では、さっそく前祝い!
赤坂に繰り出して、料亭の黒塀くろべいから
真っ赤な鉤十字旗ハーケンクロイツ下げたそうだ!

【着信 帆村ほむら魯公ろこう
そっちはどうだ?
セヒラは鎮まったみたいだな!
山郷やまごうの野郎、とうとう
牛頭機構ごずきこうをおっ立てやがった!
市ヶ谷の方らしい、向かってくれ!

市ヶ谷見附いちがやみつけ

三下さんしたやくざ】
なんだ、そン目はよぉ~
俺が関東滝一家たきいっかの者と知ってんのか?
ブチのめされたいのか、ああ~ん?

《バトル》

三下さんしたやくざ】
ちっ!
てめぇ、俺の舎弟にならねぇか?
牛頭機構ごずきこうでひと暴れしてやるぜ!
深窓のしんそう令嬢れいじょう
今の人、今日、出所した人です……
ここ、市ヶ谷刑務所が近いから、
たまにそういう人に会うんです……
怖くって、怖くって……
金縛かなしばりに遭ったみたいになって……
追い払ってくださって助かりました。

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
市ヶ谷いちがやの西方面で、
セヒラ確認しました……
ただ、波形が乱れていて、
怪人かどうか確認できません。
市ヶ谷刑務所の近辺です。
周辺を確認してください。

市ヶ谷いちがや街路〕

牛込うしごめ署の巡査】
ん?
このあたりはいたって平定へいていだ。
小官が警邏けいらしているからな!

【???】
あなたが……
山王機関の……喪神もがみさんですね!
私は諏訪社すわしゃの神職、多加美たかみです。
山郷やまごうに請われて神託を……
彼は神託の回復を望んでいました。

多加美たかみ宮司ぐうじ
しかし、あのひとは神への
おそれを知りません――
それで私は、山郷やまごうから離れようと……牛頭機構ごずきこうは出所者を狙っています。
それだけではなく、脱獄を教唆きょうさする、
そんな計略もあるようです。
喪神もがみさん、人籟じんらいをご存知ですね?
人籟じんらいを操るのに修行は不要です。
力に憧れる人間であれば操れます。
牛頭機構が狙ごずきこうっているのは罪人です。
五年後の紀元二六〇〇年を記念して、
大規模な恩赦おんしゃがあると聞きます……
人籟じんらいを造る材料を求めるのです。
今はここも静かです――
ひとまず引き上げましょう!

不意に帝都に現れた新型ホムンクルス。そして山郷やまごうの立ち上げた牛頭機構ごずきこう。邪な力が虎視眈々こしたんたんと出番を待つかのようだ。

黒札 第十一話 東京駅の変事

〔山王機関本部〕

東雲しののめ流の再興を目論もくろ鈴代すずよ叔父おじ山郷やまごう武揚ぶよう。彼は日本に渡来した猶太ユダヤ支族の末裔まつえいこそ、強い霊異りょういを発現すると信じている。
アメリカの猶太ユダヤ人秘密結社、グランナイツに働きかけるも、末裔まつえいの存在、ようとして知れず、愈々いよいよ山郷やまごうは次なる行動に出ようとしていた――

喪神もがみ梨央りお
兄さん、
多加美たかみ宮司がおいでです。
魯公ろこう隊長とロビーでお話中です。

〔山王ホテル〕

帆村ほむら魯公ろこう
風魔ふうま
多加美たかみ宮司ぐうじと話していたところだ。
――山郷やまごうもはなはだ諦めが悪い。
多加美たかみ宮司】
山郷やまごうですが、グランナイツは、
なかなか本当のことを明かしません。
次なる行動を考えているようです。
帆村ほむら魯公ろこう
ほう! 
やつもとうとう
暖簾のれんに腕押しにごうやしたか!
多加美たかみ宮司】
N計画ですか、その計画を乗っ取り
猶太ユダヤ人の命運を掌中しょうちゅう
収めるつもりじゃありませんか?
満蒙まんもうの地を猶太ユダヤ人の新天地にする。
その計画を牛耳ぎゅうじれば、
グランナイツも言うことを聞く――
帆村ほむら魯公ろこう
さもありなんだな。
N計画が、人質ひとじちのようになる……
そのおそれも出てきたな!
多加美たかみ宮司】
牛頭ごず機構も勢力を増しつつあります。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
だが、牛頭ごず機構の連中が扱う
人籟じんらい……あれは戦力にはならん!
素人でも使えるなど駄目だ!
修行を積んだ審神者さにわこそが扱う
本物のじゃないとな!
【着信 喪神もがみ梨央りお
兄さん、隊長、山郷やまごう渡満とまんします。
本日の佳木斯チャムス丸のようですが、
さだかではありません。
帆村ほむら魯公ろこう
満洲! やはりN計画狙いか!
風魔ふうま、手をこまねいてはおれん!
まず動向をさぐることだ。
【着信 喪神もがみ梨央りお
割り込まないでください、隊長!
市ヶ谷いちがやでセヒラ観測、
おそらく牛頭ごず機構に動きがあるかと。
帆村ほむら魯公ろこう
よし、山郷やまごう側の動向偵察ていさつねて、
市ヶ谷いちがや刑務所へ向かってくれ!

市ヶ谷いちがや刑務所に向かう途上、市ヶ谷見附みつけで怪人騒動があり、公務電車は市ヶ谷見附みつけで停車した。

〔市ヶ谷見附〕

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
波形からの判断ですが、
比較的単純な怪人のようです。
【目白の婦人】
市電、止まってしまいましたわ。
貴男のも……
あら、見かけない市電ですこと。
円タクも来そうにないし……
目白めじろまで歩いて帰るのでしょうか――
私、そんなに歩けませんことよ。
【瓦職人】
こう暑くちゃ、瓦葺かわらふきも大変て―へんでぇ!
なにせね、怪人騒動のせいで、
こちとら大忙しよ!
怪人が屋根突き破るとかね、
そんなうわさで、丈夫なかわらをってんでね、
注文、ひっきりなしだ!
【物理学生】
馬鹿もいるもんだな!
囚人しゅうじんのやつら、自分が改造されて、
人籟じんらいにされること知らないんだ!
罪人をにすりゃ、
無駄飯むだめしを食わさなくて済む。
なかなか頭のいいやつの計略だな!

おいおい、君!
そんな目で僕を見ちゃだめだよ!
僕が本気出しちゃうからね!

《バトル》

【物理学生】
吉原よしはら帰りに徴 用リクル―トされたから、
ちょと気が緩んだみたいだね!

【世捨て人】
ふふふ、君がそうなんだな、
怪人倒しの軍人とは!
一部始終いちぶしじゅうを見学したよ。
市中に電線するいろんな声がね、
不意ふいに聞こえ出したんだ――
怪人とはそういうものなのかね?
その理屈りくつで言うなら、私も怪人だ。
今さっきのを披露ひろうしようじゃないか!
すれちがつた今の女が
眼の前で血まみれになる
白昼の幻想
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
危険です、探信儀たんしんぎを使ってください。
【世捨て人】
なかなかの上出来じゃないかね!

《バトル》

【世捨て人】
省線の駅近くがいいって話だ。
電気がそれだけ強いからね!
電気がね、私を強くするんだ。
【着信 喪神梨央】
わかりましたよ、あれは短歌です。
ユリアさんは詩と言いましたが、
短歌なんです。
夢野ゆめの久作きゅうさくという作家が発表した、
猟奇歌りょうきうたという短歌です。
雑誌に連載されているのです――
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
市ヶ谷見附みつけのセヒラは消えました。
市ヶ谷刑務所に向かってください。

厳重な警備がかれる市ヶ谷いちがや刑務所。しかしこの日、看守かんしゅの姿はなく、普段にも増して静まり返っていた。

〔市ヶ谷刑務所〕

【噂好きの男】
なんでもここの囚人しゅうじんは、
豊多摩とよたま刑務所に移されたとか。
いやね、小耳にはさんだだけですが――
ここはもうお役御免の
用済みなんでしょうか?
【目白の婦人】
たくの兄様は内務省のお役人、
ですから話はおよびますの――
何でも司法省に
大きな沙汰さたがあったって、
そう言うじゃありませんか!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
東京駅で怪人騒動です。
至急しきゅう向かってください!
山郷やまごうが東京駅に向かったのかもだ。
市ヶ谷のセヒラは収束しゅうそくしている。
東京駅へ、急いでくれ!

〔東京駅〕

満洲へ渡る山郷やまごう阻止そしすべく東京駅へ。怪人情報が飛び出したためか、普段より心持ち人影は少ないようだ――

【芝の貿易商】
このところやけに物騒ぶっそうですなぁ~
ここも満洲国の皇帝が来た時は、
えらい人出でしたけどなぁ……
ところで、あんさん……
怪人というのはまことのものですか?
【扇子屋の番頭】
アッシはねぇ、旦那だんな様に頼まれて、
駅に着く荷物をね……
汽車の到着がやけに遅れてますね。
【三下ヤクザ】
俺はなぁ、こう見えても
学校出てんだ!
頭使って仕事してんだ!
今日は東京駅で暴れてくれ、
そう言われてな!
くそったれぇ~

《バトル》

【三下ヤクザ】
ふわぁ~、どうしちまったんだ?
口から脳みそが出そうだ……
グペッ!

【着信 帆村ほむら魯公ろこう
黒ノ……
え―っと、風魔ふうま
山郷やまごうは車で横浜に向かった!
【着信 喪神梨央】
だめです!!
セヒラ、急上昇です!
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいしは現場の確認を!
【目付きの鋭い男】
君たちですか、擾乱じょうらんを起こすのは?
いけませね、ここは帝都の玄関。
こんなところで怪人騒動はご法度はっと
また宮城きゅうじょうのすぐ近くでもあります!
すべてはやがてあなた達の手には
負えなくなっていくんです。
それが筋書きシナリオというものですよ――

《バトル》

【目付きの鋭い男】
私は、不思議でならないんだ――
君達が、何故にそうも躍起やっきになるのかが。
私には、それがわからないんだよ――
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
危険です……何かとてつもなく――
危険な感じがします!
【目付きの鋭い男】
君達のことが……もっと知りたいんだ……
君達を動かすものは何だ?
使命感? 信頼? 
あるいは友情やきずなということかね?
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
目の前の敵は、普通の怪人ではありません!
もっと、奥深いところに、
ぬぐいようもない邪悪さを潜めています!
【目付きの鋭い男】
あははははは!
こうなることはわかっていた!
怪人となれば仮初かりそめの力を得る――
だが、それは長くは続かない。
――やがてどもに魂を吸い取られるのだ!
今の私はその途上プロセスにある!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
その場に強い力が渦巻いています!
【目付きの鋭い男】
フフフフ……
魂の中に英雄を飼っているとでも?
やがてもっとみにく
自分と向き合うことになる!
――その前に力を得ることだな!

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
セヒラの値がなくなりました。
【着信 帆村魯公】
藤沢レーネと大連ダイレン特務機関、
これらに第一連隊から軍用電報で
山郷やまごうのことを知らせておいた。
ひとまず撤収てっしゅうしてくれ!

山郷やまごうはN計画乗っ取りを企図きとして満洲まんしゅうへ。山郷やまごうの去った後、牛頭ごず機構をひきいるのは――
東京駅に現れた謎の男、一体何者か?

黒札 第十二話 大連からの来訪者

〔山王機関本部〕
猶太ユダヤ人の満蒙まんもう入植を企図きとするN計画。その実務をにな大連ダイレン特務機関長中条なかじょう大佐。愛娘まなむすめ中条忍なかじょうしのぶが来日した――

喪神もがみ梨央りお
兄さん、藤沢ふじさわレーネさんから電報で、
中条忍なかじょうしのぶさん、来日されました。
朝一〇時、横浜に着いた興洲丸こうしゅうまるです。
N計画を進める大連ダイレン特務機関の人。
機関長の娘さんです。

大連ダイレン中条忍なかじょうしのぶについては、以前、藤沢ふじさわレーネから聞き及んでいた。
関東軍中条なかじょう大佐の娘である。忙しい大佐を補佐する格好かっこうで、N計画を推進しているのだ。

喪神もがみ梨央りお
東京駅では目立つから、
新橋しんばしで汽車を降りるようにと、
レーネさんが伝えたそうです。
中条なかじょうさん、新橋で降りられて、
円タクに乗られましたが、
途中、霞町かすみちょう付近でセヒラ反応です。
兄さん、巡視パトロ―ル、お願いします!

霞町かすみちょう街路〕

藤沢ふじさわレーネの判断で、中条忍なかじょうしのぶ新橋しんばしで下車して市内へ向かう。その道中、霞町かすみちょうでセヒラが観測された。

【電信会社の社員】
一週間前から課長が行方不明なんだ。
突然、姿を消したんだ――
課長の家まで行ったんだけど……
裏口に大きな血溜ちだまりがあったんだ!
でも本人の姿は見えない――
【エレベーターガール】
最近、やけに心中事件が多いわよね。
それもこれも、怪人騒動と
何か関係あるのかしらねぇ?
莫大小メリヤス工場こうばの経理課員】
気分が落ち込んでたから、
脳楽丸のうらくがんを飲んだんだ、
一気に十じょうも飲んだよ。
かなり気分がすっきりしたな。

【電信会社の社員】
卯敷うずき課長、あいつはな、
四十トンもの銅線アカを横領して、
三千円以上もふところに入れやがった!
俺がそのことをぎつけるや、
卯敷うずきの野郎、俺を小樽おたるに異動させた。
俺を追いやって奴は逃げる算段さんだんだ。
奴の家に行ったんだ。
大きな旅行鞄トランク新京シンキョウ行き一等切符チケット
それに二千円の現金があった。
咄嗟とっさに奴の両目に親指突っ込んで――
そしたら……アハ、アハハ……
いきなり顔が避けた、真っ二つにな!
新京シンキョウには俺が行く、あの金持ってな!
――俺を止めるのは無理だ。
しつこいと、お前の顔も割くぞ!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
急なセヒラの上昇を観測しました!
付近、警戒してください!

《バトル》

【電信会社の社員】
ん?
…………
………………
俺、何かしたか?
何にもしてないよな?
なぁ、そうだよなぁ……
また人生よろづ相談に電話するよ。
番号は京橋きょうばし局三五のだ、
すっかり覚えた。
【着信 喪神梨央】
本件、警察に通報しておきました。
周囲のセヒラ、もう観測しません。

【田町の銀行員】
今の、人生よろづ相談の話か?
電信柱に案内が貼ってあるよな。
京橋きょうばし局三五の、福呼ぶってな!
よろづ相談、福呼ぶ、人生爽快そうかいって。
そんな宣伝文句が書いてあるんだ。
俺の友達も相談すると言ってた。
でもな、それ以来、そいつの姿、
見かけなくなったんだ。
あいつ、人生爽快そうかいになったのかなぁ。
思うに、ってさ、
ニクシミの一つ前でもあるな……

中条なかじょう 忍しのぶ
喪神もがみ風魔ふうまさんですか?
おかげで助かりました……
少し、お話をさせてくださいますか?

〔山王ホテル〕
【喪神梨央】
お帰りなさい、兄さん。
そちらの方が、中条忍なかじょうしのぶさんですね。
――大連ダイレン特務機関の。
中条なかじょう 忍しのぶ
風魔ふうまさんに助けていただきました。
――東京駅は危険だと聞き、
手前の新橋しんばしで降りました。
【喪神梨央】
霞町かすみちょうの怪人、まるでしのぶさんを、
待ち構えるようにしていました――
牛頭ごず機構が差し向けたのでしょうか?
よろづ相談で怪人化したようですが、
ちょっと調べてみますね。
中条なかじょう 忍しのぶ
私の来日が、
相手方に知られていたのでしょうか?

〔山王ホテルロビ―〕

【エレミヤ佐古田さこた
喪神もがみさん、こちらにおいでなのが、
中条なかじょうさんですね、大連ダイレン特務機関の。
私、エレミヤ佐古田さこたです。
山郷やまごう武揚ぶようはご存知ぞんじですか?
中条なかじょう 忍しのぶ
是枝これえだ咲世子さよこさんからうかがいました。
N計画を阻害そがいしようとするという――
【エレミヤ佐古田さこた
山郷やまごうはアメリカの猶太ユダヤ人結社、
グランナイツから情報を得るため
交渉材料にN計画の利用をたくらみます。
中条なかじょう 忍しのぶ
N計画を……
利用……
【エレミヤ佐古田さこた
山郷やまごうは満洲へ向かいました。
しかし、私は山郷やまごうに嘘言いました――
山郷やまごう大連ダイレンに向かう予定でしたが、
私が材料を仕込んで、新京シンキョウへと
向かわせました。時間稼げます――
山郷やまごうの向かった新京シンキョウには
何もありません――
中条なかじょう 忍しのぶ
N計画は大連ダイレン特務機関と駐どく大使館、
この二つが中心です。
そして日本の協力者と――
【喪神梨央】
しのぶさん!
しのぶさんあてに電報が来ています!

スグ オメニ カカリタシ
            コレエダ

中条なかじょう 忍しのぶ
――すぐお目にかかりたし 是枝これえだ
是枝これえだ咲世子さよこさんからです!
この方はN計画の日本での協力者。
私、大崎おおさきへ出向きます。

〔山王ホテル前〕

中条なかじょう 忍しのぶ
風魔ふうまさん、今日は本当に
ありがとうございました。
佐古田さこたさん――
N計画を守ってくださり、
感謝します。

【喪神梨央】
兄さん、三探、つまり三つ目の
セヒラ探信儀たんしんぎは確か大崎広小路おおさきひろこうじ……
是枝これえだ大佐邸の敷地しきちにあるはず。
しのぶさんが向かった是枝これえだ大佐の屋敷に、
三探が設置されています。
念のため、警護をお願いします。

白金猿町しろかねさるまち

中条忍なかじょうしのぶの身を案じて公務電車を走らせる。ちょうど白金しろかねに差し掛かった時、町に変事が起きた――

【大阪北浜の商人あきんど
あんさん、えらいこっちゃがな!
えろう別嬪べっぴんな女怪人でっせ!!
怖いおばはんやったら、
なんぼでも知っとるけど……
あんなん初めてや!

【中条忍】
風魔ふうまさん……
どうしましたか?
私……
何か、変ですか?

《バトル》

【中条忍】
私――

式部しきべじょう
これを見つけました。
そこの道に落ちていました。

そう言って式部しきべが差し出したのは、割れたアンプルびんだった。

式部しきべじょう
からになった薬瓶アンプルです。
おそらく、この中に
濃度の高いセヒラが入れられていた。
【中条忍】
私の持ち物の中に、
それがあったんですか?
式部しきべじょう
誰かに入れられたのかも――
心当たりはありますか?
あなたをセヒラに触れさせ、
怪人にしようとたくらんだ者が
きっといるのですよ。
【中条忍】
そう言えば――
大連ダイレンつ前に哈爾浜ハルピン軍政署ぐんせいしょから
人が来ました。
その人は使いの用事で……
父に荷物を届けに来たのです。
式部しきべじょう
ふむ……哈爾浜ハルピンの……軍政署……
民政署ではなくて、ですか。
民政になって久しいのに……
ともあれですよ、
あなたは満洲からおいでになった、
そうなんですね?
【中条忍】
はい。父は関東軍大佐、中条勉なかじょうつとむです。
私は父の仕事を手伝う――
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
広尾ひろおの辺りはセヒラ探信儀たんしんぎ
空白地域です!
わずかなセヒラを観測しましたが、
異常はありませんか?
【中条忍】
私、大崎おおさきの方へ向かわなくては。
風魔ふうまさん、そして……
式部しきべじょう
式部しきべです。四谷よつやの方で古本屋を
いとなんでいます。
いかんせん不景気な店ですが――
【中条忍】
式部しきべさん、ありがとうございました。
重ねてお礼を申します。
式部しきべじょう
ちょうど、五反田ごたんだにある朝聞堂ちょうぶんどうという古本屋に行くところでした。
私がご同行しましょう!
【中条忍】
心強いお申し出、感謝します。
喪神もがみさん、
それではまたお目にかかりましょう。

【着信 喪神梨央】
大崎おおさきの三探はまったくセヒラを
観測していません。
もう大丈夫かと思います。

何者かが中条忍なかじょうしのぶを怪人にしようとたくらんだ。N計画が動き出し、また阻害そがいしようという動きも表面化してきたようだ。

黒札 第十三話 多加美宮司、京都へ出立

〔山王機関本部〕

喪神もがみ梨央りお
兄さん、先ほど
中条しのぶさんから電話がありました。
旅行鞄に見慣れない封筒があった、
そのことを思い出したそうです。
誰かがセヒラアンプルを仕込んだ……
何者かの企みがあったことは、
間違いないようですね。
帆村ほむら魯公ろこう
早いじゃないか、風魔ふうま
それに梨央りお
喪神もがみ梨央りお
あっ、隊長!
先生も、お早いですね!
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
この間の多加美たかみ宮司ぐうじだがな、
京都に行くそうだ。特別急行つばめだ。
喪神もがみ梨央りお
特別急行つばめ……朝九時に東京発、
京都には午後四時二五分に着きます。
もうすぐ出発の時間です。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……京都の北、宮津みやづと言う町に
如月家きさらぎけゆかりの神社があるという。

梨央は鉄道省編纂の汽車時間表を取り出した。昭和9年12月号である。

喪神もがみ梨央りお
京都、午後四時五〇分発の福知山行き
綾部あやべに六時五五分着。
綾部に宿を取れば……
翌日、午前中には宮津に着けます。
午後に宮津を発てば、舞鶴、綾部を
経由して、夕方には京都に――
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……その宮津の神社に、
神器じんぎが収められておるそうだ。
喪神もがみ梨央りお
鈴代さんゆかりの、ですね――
その神器って、帆村ほむら流にもある
勾玉まがたまのようなものですか?
帆村ほむら魯公ろこう
うちの勾玉も元は東雲しののめ流のもの。
三種の神器が三つの流派に渡され、
ばらばらになったそうだ。
喪神もがみ梨央りお
それじゃ、もう一つ、
神降かみおろしの秘技を持つ流派があると、
そういうことですか?
帆村ほむら魯公ろこう
と言われておるがな……
――真偽の程はわからん。
うちの勾玉も、はたしてどこまで……

喪神もがみ梨央りお
大変です!
東京駅の近くで、
セヒラ上昇を観測しました!
帆村ほむら魯公ろこう
それは気になる!
断然気になる!
風魔! ひとっ走りしてくれ!

〔東京駅〕

多加美たかみ宮司が京都へ出立しゅったつするという。そして東京駅近辺でセヒラが観測された。東京駅には、多加美たかみ宮司と如月きさらぎ鈴代がいた。

多加美たかみ宮司ぐうじ
朝早くなら、怪人も出ないかと思い、
つばめ号の乗車券チケツトを予約しました。
東京、九時に発車する昼間ちゅうかん特急です。
如月きさらぎ鈴代すずよ
宮司、このような時期ですから……
どうかお気を付けて。
多加美たかみ宮司ぐうじ
山郷やまごう側の動きを封じるには、
正しい道筋で東雲しののめ流を再興すること、
それしかありません。
如月きさらぎ鈴代すずよ
でも、あの鏡……真名井まない真鏡しんきょうは、
すでに霊力を失っていると聞きます。
それに、私自身も審神者さにわとしては……
多加美たかみ宮司ぐうじ
鈴代さん。帝都には顕現けんげんさせる巨大な力がうごめいています。
それを利用できるはずです。
如月きさらぎ鈴代すずよ
…………
……
多加美たかみ宮司ぐうじ
山郷やまごうが日本を離れている
今がチャンスなのです。
それでは……行ってまいります。

【如月鈴代】
多加美たかみ宮司は叔父の山郷やまごうに一番近しいそういう人でした。
でも、叔父は宮司を信じない――
そんないびつな関係が続きました。
宮司は叔父に接近して、何かを得ようとしていたのです――
叔父……山郷やまごう武揚ぶよう
自分は霊異りょういを現す血筋ではない、
そのことで如月きさらぎ家をねたんでいました。
今回の騒動、すべては、
叔父のねたむ心にあるように思います。
今は多加美たかみ宮司の無事を祈り、
帰りを待ちましょう。
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士!
セヒラの塊が接近中です。
東京駅に円タクを差し向けました。
鈴代さんに乗ってもらってください。
【如月鈴代】
風魔さん――
どうかお気を付けてください。

【???】
今いらっしゃったのは、
多加美たかみ宮司ではありませんか?
さては特急列車でご出立しゅったつですね……
ああ、申し遅れました――
私は影森かげもりと申します。
興亜貿易こうあぼうえきという貿易会社におります。
影森かげもり愁一しゅういち
主に発電機モートルとか、そういった方面で
物品の輸入をしています――
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
近辺で高い濃度のセヒラを観測!
充分注意してください!
影森かげもり愁一しゅういち
おやおや、どうされましたか?
何だかお取り込みのようで――
それでは私はこれにて失敬します。
ご機嫌よう!

【失業中の男】
仕事がなくて、
家でむしゃくしゃしてたら
電報が来たんだ。
明日、朝、東京駅へ来たれし。
随時面談――
でも差出人はなかった。
一応来たよ、
で、あんたが面談するのかい?
もう、遅いんじゃないか!
こんな朝早くにおかしいと思った。
はん! 俺はずっかり絶望したね!
――絶望が力を生むんだろ?

《バトル》

【失業中の男】
電報は二通来たんだ――
二通目にあったんだよ、
憎しみは力なりってね。
あ~あ……
早起きしたから、眠い、
もう帰って寝るよ。

【商家の派出婦】
変ね、ここに来たら着物の廉売れんばい会が、
開かれてるって、
旦那様から伺ったのに……
ふふふ……さてては、
厄介払いね、そうよきっと。
あの旦那――
奥様の帰省をいいことに、
妾を連れ込んでるんだわ。
吉原を足抜けした女よ!
まったく、不潔極まりないわ!
今頃、何やってるんだかね!
ああ、不愉快ったらありゃしない!

《バトル》

【商家の派出婦】
でも……あの女は入院中よね。
三日前に旦那様に斬りつけられて――
首がほとんど落ちかかったのよ!
ま、いいわ。
着物の廉売会なんて、ないじゃない!
【着信 喪神梨央】
辺りのセヒラ濃度はなくなりました!
兄さん……
さっきのセヒラ、とても強かった……
これまでの怪人とは何か違います。
辺りに注意して
山王機関に戻ってください。

〔山王機関本部〕

【喪神梨央】
お帰りなさい、兄さん。
多加美宮司は、無事に発たれました。
東雲流の神器を引き取りに――
【帆村魯公】
鈴代女史の東雲流、
首尾よく再興できるかはわからんが、
手を拱いていても仕方がない。
【喪神梨央】
これから黒札特務を中止して、
事変に一本化しようと思います。
東雲流を巡る動きが、
事変と合わさってきたからです。
また特段の事情があれば、
黒札特務を発令しますね。

多加美たかみ宮司は特急つばめ号で京都へ向かった。その宮司を知る人物がふいと現れた――
偶然なのか、はたまた運命の悪戯いたずらなのか――