第四章

聖日信教の巫女・神子柴はつゑと歩三の召喚師鬼龍豪人による如月鈴代の誘拐。
差出人不明の招待状に、謎に包まれた仮面の男の登場。
帝都の様相は一層その混迷の度合いを増していく――

第一話 銀座の純喫茶
またしても風魔宛に謎めいた封筒が届く。ユリアからでは、とみて、封筒の指し示す銀座日劇へ風魔は向かう。

第二話 灯台下暗し
幻燈会に参加したのちに変じたとみられる怪人たちが山王機関周辺に押し寄せた。急ぎ鎮定に向かうが――

第三話 李王邸の恨
突如山王機関に飛び込んできた月読麗華。朝鮮総督府の館に出現した怪人を、鈴代が抑えているとのことだった。

第四話 鈴代の行方
再び山王機関に飛び込んできた麗華。今度は珈琲を飲んでいた所、将校たちに鈴代が連れ去られてしまったらしい。

第五話 覚醒の人
青山墓地のセヒラが突如増大した、との梨央の報せが入る。鈴代が囚えられている恐れもあり風魔は急ぎ青山へ向かう。

第六話 日本橋狂舞騒動
銀座から日本橋にかけての一帯に、踊り狂う人々が現れた。怪人であるかは判らないが、いずれ変じる恐れがあった。

第七話 日本橋佳木斯変異アリ
帝都に顕れた人々が狂舞する騒動を鎮めるため、新山の拵えた装置を呼応する帝都満洲に設置することとなった。

第八話 猟奇倶楽部の謎
風魔宛に、猟奇倶楽部への招待状が送られてきた。疑念を覚えつつも、参加内偵が決定する――

第九話 浅草の昇龍
浅草で起きた集団ヒステリー、満月の今宵、再び起こる恐れがある。風魔は巡視に出ることとなった。

第十話 自潤会アパートの怪人
近代生活の象徴、自潤会アパート。そこにはアナーキスト達が変じた怪人がいるようであった。

第十一話 帝大サマナー
帝大でセヒラの増大が観測された。近頃活発化しているアナーキスト達に関係しているようだ。

第十二話 上野怪獣事件
療養中の鈴代を連れて、上野動物園に行くこととなった風魔。しかし、動物園は普段と異なる喧騒に満ちていた。

第十三話 百貨店の怪
興亜百貨店に喋るマネキンがいる、との怪談があるらしい。彩女のもたらした情報に従い、風魔は夜の百貨店に乗り込む。



← 第三章
第五章 →