クルト・ヘーゲン


 アーネンエルベ極東分局に所属する金髪碧眼の召喚師。ナチSS親衛隊の秘密結社トゥーレの館出身だ。そこには渡独した鬼龍豪人も籍をおいていたため、鬼龍大尉に対しては敵愾心を抱いているようだ。また、柴崎周一等書記官とも顔見知りのようである。
 心の奥深くに憎悪を宿しており、強い支配欲や独占欲、情緒の欠如や無関心、そして飽くなき暴力性などおよそ社会病質的とも言える性質を有しているようだ。