034-オシチ

江戸時代に火事を切欠として恋仲となった男に会いたい一心で、自ら家に火を放った娘の話に由来する魔神。当時の放火は重罪であったため、火炙りの刑に処せられた、という点を踏まえてか、その身に捕縛時の縄を纏っている。解析の結果、九三式小火焔発射機との関連が判明している。

・進化前

・進化後