042-ヌエ

日本にて古来より恐れられる、様々な動物の部位をその身に持つ妖怪。一般的に「鵺」として想起される姿と異なるのは、鵺を干支の獣の合成であると考える思念が優位に働いたためとされている。背中の兵器は独逸で開発中の列車砲、後にK5と名付けられるものだ。

・進化前

・進化後