056-センコ

中国において、妖狐の尾は約百年毎に尾が分かれるとされ、千年を超える時を生きて九尾となった狐は特に仙狐と呼ばれている。人に危害を加えるか否かで善狐と悪狐に分類できる。足部の機構により宙を翔け、尾部の砲身により敵を狙撃する設計のようだが、なかなか斬新な構造である。

・進化前

・進化後