080-ペルセポネ

農耕の女神の名を持つ。希臘神話では水仙の花を摘もうとして冥府王に攫われる。彼女が冥府にて過ごす四ヶ月の間、豊穣の女神である母が悲嘆に暮れる為に地上は極寒の冬となるとされている。魔神としての姿では、片腕に砲身を備えるが、具体的な性能等は不明であり解析が待たれる。

・進化前

・進化後