081-チェルノボグ

「黒い神」の名を持つ東欧の死神。創世の一端を担ったという神話の為かその佇まいは無限軌道ながら礼装のような雰囲気を有す。主な攻撃は両手に携えた剣ではなく、頭部にある露西亜近世期の射石砲らしきもので行うようだ。

・進化前

・進化後