085-ノヅチ

日本神話の草の女神の異称。「野の精霊」という意味を持つ。子の神々が人を惑わす性質であった為、次第にこの女神も山野の精、妖怪と見做されるようになった。手にしている、また腰部に付随する物は爆竹槍と見られるが、西洋槍の特徴が若干見て取れる。

・進化前

・進化後