X002-ゲンブ

中国の神獣である四神の一角を占める霊獣。北方を守護するとされる。本来は足の長い亀に蛇の巻き付いた姿で描かれ、二体を陰陽が合わさる様子に喩える文献もあるそうだ。
この魔神と思しき存在は、蛇めいた上半身と、亀の体部が合一したような形態をとっているものと思われる。この図像からは確認できないが、前脚の構造からして、おそらく後方にも一対の脚がついていることが予想される。
しかし、妄念の産物であることを考えると言い切る事は難しい。早期の実体確認が待たれる。