ナナオ・センジロウ


 第一台場に開かれた大國屋機械社という機械製造会社の主。元々は満洲奉天で錠前屋を営んでいたそうだ。建国神廟の御船代を守る錠前を奉天軍政署の依頼で作ることになった際に、設計図も無しに英国のチャブ錠を元にした精巧極まる錠前を作り、その腕前は軍の知る所となった。
 漢字を書くことができない病にあるそうだが、読むことは出来るようで四書五経など中国の古典に精通するとも言われる。