式部丞しきべじょう

 古書店セルパン堂の若き店主。帆村魯公隊長とは旧知の仲である。大学では哲学を専攻していたそうだ。
 様々な分野にわたり、広く深い造詣を持つ。表情があまり表に出ないのもあってか、謎めいた雰囲気を持っている。セルパン堂には彼の集めた本が所狭しと積んであるが、見る人が見れば宝の山、つまり奇書、稀覯本がかなり多く取り扱われているらしい。