第九章 第十話 逆相

〔山王機関本部〕

その日、山王さんのう機関本部は重苦しい空気が支配していた。
本部には新山眞にいやままことが詰めていた。

【喪神梨央】
兄さん――
清水谷しみずだに公園のこと、
なんだか不安になりました。
だって四月と同じことが――
でも様子はまったく違いました。

兄さんは審神者として修行した――
陸軍士官になったのは幸則さんだけ、
そういうことでした。
【新山眞】
清水谷だけ時間が戻ったのか、
それとも別な世界に突出したのか、
あるいはその両方ですね。
【帆村魯公】
別な世界と繋がった――
わしにはそんな風に思われたぞ。
あるいは風魔だけが世界を渡った……
【喪神梨央】
兄さんはずっと山王でした、
ずっと探信していました!
【帆村魯公】
うむ……
新山の、つまりはどういうことじゃな?
【新山眞】
並行世界かと思われます。
公園だけ繋がったのです。
将校ではない喪神さんのいる世界――

機関本部に探信儀の警報が鳴り響いた。

【喪神梨央】
警報です!
強いセヒラ――
おそらくヴンダーかと……
【帆村魯公】
どっち方面じゃ?
ヴンダーが出たのは?
【喪神梨央】
上野です、上野広小路界隈かいわい
強いセヒラ、歪みのある波形、
ヴンダーに間違いありません。
【新山眞】
ルーン文字の魔法、
どうなったんでしょうか?
【喪神梨央】
公務電車手配します!
上野広小路です、お願いします。

〔上野広小路〕

果たしてヴンダーは上野に現れていた。
見える者は慌てて避難し、見えない者は噂に触れおののきを深めていた。

【鶯谷の菓子問屋】
まるで蜘蛛くもを散らすように、
そこの交差点から皆逃げたけど、
私にはさっぱりです、見えません!
新聞に写生絵もあったのに、
ヴンダーが見えないのですよ――
かえって恐ろしくなりますね!

【御徒町の錠前屋丁稚】
おいら勘がいいからさ、
ちょっとだけわかるさ!
ヴンダーはね、
あのビルの屋上さ!
仮面の男みたいにね!

【錦糸町のデパートガール】
姉さまにはちゃんと見えるって――
ヴンダーですわ、見えるのですわ。
妹も見えると言い張って、
なんか憎たらしいわね!
私だけが見えないのですわ!
悔しいのですわ!!

【着信 喪神梨央】
セヒラ上昇していますが……
その人ではありません。
今さっき、魔法をかけ終えたと、
その連絡が入りました。
変化はありませんか?

能海旭のうみあきらがスターヴを用いた魔法をかけ、やがてヴンダーの真理しんりあらわになる――

オセル、パース、ライゾ、
カノ、ラグズ――
5つのルーン文字がスターヴを現す。
真実を露わにし
全てをつまびらかにする願いだ。

ヴンダーは音もなく消えた。
ヴンダーのいたあたりに濃厚なセヒラの塊が見える。
それははっきりと見えた。交差点付近にいた市民らは一斉に走って逃げた。

洋服姿の女性が風魔のところへ駆け寄って来た。

【錦糸町のデパートガール】
あーははははは!
見えましたわ、見えましたわ!
あれがそうですのね!

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
セヒラ確認です。
目の前です!!

【錦糸町のデパートガール】
もう引け目を感じる事など、
何も無いのですわ!
怖いものも、無いのですわ!

《バトル》

【錦糸町のデパートガール】
ああ、悔しい悔しい、
もっと早く見えていれば……
私はもっと――

【着信 喪神梨央】
セヒラのかたまりに、
影響を受けたみたいです。
依然いぜん、高い濃度です――
【着信 新山眞】
ヴンダーのいたところに、
特徴的な波形を観測します。
喪神さん、調べられますか?

【着信 喪神梨央】
ナチの車列が向かっています。
対応お願いします!

ヴンダー騒動を聞きつけてか、武装SSのトラックが到着した。SSたちは濃厚セヒラにも構わず、ヴンダーの消えた場所からその二人を運んできた。
ゲルハルト・フォスとクルト・ヘーゲン、巨大人籟じんらいたましいを喰われた二人だ。

地面に横たわるフォスとクルト。その前に3名のSSが立って見下ろしていた。SS大尉が風魔の前に来る。そして背中を丸めて横たわるフォス大佐を見下ろして言った。

【武装SSホッケ大尉】
ゲルハルト・フォス大佐、
長きご辛労には頭が下がる思いです。
いえ、シュタイナー大佐――

SS大尉は顔を上げ風魔を見据えた。

【武装SSホッケ大尉】
彼はシュタイナー男爵家に生まれ
筆頭で爵位を継ぐはずだったが、
実弟の奸計に嵌められてしまった。
貧しい文具屋に貰われ、
ゲルハルト・フォスとなったのだ。
そしてナチ党員となる。

遅れてナチ党入りしたエルヴィンは、
爵位の助けで出世階段を順調に昇り、
SS上級大佐まで進んだ。
フォス大佐は弟エルヴィンが、
突撃隊員と共謀している、
SS親衛隊本部にそう告げた。

長いナイフの夜――
突撃隊員らは粛清された。

弟エルヴィンも逃れられなかった。
フォス大佐の父グンターも粛清され、
シュタイナー家には火が放たれた。

しかし謀略などなかったのだよ。
エルヴィンは突撃隊員の一人と、
男色関係にあった――

事実はそれだけアインファだ。
私たちは禍根を残さないのだよ、
ヘルフーマ!

ヒムラー長官は清潔がお好きでね。
フォス大佐、この一点の染みを
綺麗に拭って私は帰国する。
祖国ドイツは懐深く私を迎える。

フェルキッシュ!
私の心はドイツに踊る!

君たちにも感謝する、ヘルフーマ。
これら二個については、
君たちの科学者ヴェッセンシャフラーにも
知恵を借りよう。
我が方の研究もはかどるな!

そう言うとSS大尉は回れ右をして歩き去った。残るSSが軍用トラックを誘導している。フォスとクルトの自失体を運び出すためだ。

【着信 喪神梨央】
周辺のセヒラは消えました。
ヴンダーは見えなくなりました。
【着信 新山眞】
まぼろしを見る魔力が消えた、
そんな感じですね。
ひとまず落着です、喪神さん。

魔法という大仕事を終えた能海旭のうみあきらは、アトリエに戻り休んでいるという。
風魔はあきらねぎらうべく赤坂へ――

しかし、すぐには戻れなかった。
不意に周囲から光が消え、風魔は真っ暗闇に立たされた。
そこへどこからともなく声がする――

【柴崎周】
私の交響曲シンホニー愈々いよいよ第四楽章、
ソナタを奏でる時を迎えた。
無上の喜びを覚えざるをえないよ!

巣鴨すがもの監房でサラエボで、
はたまた羅南らなん廠舎しょうしゃで、
私は時を超え、力を尽くした――
この帝都に一輪でも多く、
美しい花をはぐくみたくてね。

君たちのお陰で、
私の努力は報われつつある――
まさに百花繚乱ひゃっかりょうらん――
あらゆる思いの交錯こうさくする世界こそ、
私の望んだ世界なのだよ。

さぁ、フィナーレを、
心豊かに迎えようではないか!

公務電車は上野広小路から万世橋まんせいばし御茶ノ水おちゃのみずを経由して飯田橋へ。
その時、梨央りおから無線着信があった。

【着信 喪神梨央】
申し訳ありません!
本日の公務はまだ継続しそうです。
戸山の砲工学校で騒動です。
まるで暴動のような状態だとか。
怪人が絡んでいるかは不明です。
念のため巡視パトロールお願いします!

〔戸山砲工学校中庭〕

【牛首頭主任研究員】
なぜ我々は解散になるのだ?
研究はあと一歩まで迫った!
【宝珠花専任研究員】
炭疽菌たんそきんに感染させた赤南京蚤あかなんきんのみを、二百キロ砲弾に詰めるんだ!
八千六百匹もな!
【牛首頭主任研究員】
この細菌のみ弾が成功すれば、我国は世界を圧倒する地位となる!
【宝珠花専任研究員】
細菌のみ弾、その生産計画は、なんと年間三百万発だ!
日本万歳! 大大和万歳!

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
おかしな状況です――
建物自体がセヒラを発しています。
波形の形に建物が浮かび……
うまく説明できませんが、
建物からセヒラが剥がれていく、
そんなふうに見えるのです。
校舎を検分してください。

ホールに足を踏み入れるとそこには異様な光景が広がっていた。
ホールに置かれている棚がセヒラを帯びていたのである。セヒラは見る見るその濃度を増していく。

【血吸川特任研究員】
これは何事だ!
薬品棚に細工したのはお前か?
貴重な人工血液が保管してある、
その棚に火を放ったのか?

左手から2人の白衣姿の男性が駆け込んで来た。そして血吸川研究員に向かって声を荒げる。

【近藤研究員】
おい、お前!
大切な試料を盗もうとしたな!
【山下研究員】
露西亜ロシア人で培養ばいようした人工血液、
門外不出もんがいふしゅつの試料だ!
イワンの苦しみが生んだ試料だ!

血吸川研究員は怯むことなく2人の研究員を突き飛ばした。

【血吸川特任研究員】
うるさい! 
【近藤・山下両研究員】
うわぁぁぁぁ~

【着信 喪神梨央】
気を付けてください!
建物からあふれるセヒラを観測!
怪人はその影響を受けています!

【血吸川特任研究員】
ここはもうおしまいなのか?
――いや、そんなはずはない!
東亰ゼロ師団が、
そんな簡単にあばかれてなるか!
我々には後ろ盾がある!!

《バトル》

【血吸川特任研究員】
うう……
終わりなのか……
本当に……これで……

――いい思いをさせてもらった。
いい思いをな――

今やホールはセヒラに塗れている。

【着信 喪神梨央】
兄さん!
セヒラ濃度が異常です!
至急しきゅう退避してください!

交信を終えると風魔はホールから走り出た。校舎を振り返ると、建物全体がセヒラに覆われて揺らめいて見える。

【着信 喪神梨央】
新山にいやまさんの憶測ですが、
仮構ががれはじめているのでは、
とのことでした。
その新山さんですが、
異様な波形を観測するとのことで、
防疫研究所に向かわれました。
もっとも仮構かこうの疑われる場所です。

〔白金三光町〕

車通りも少なく人影まばらな白金三光町。公務電車を降りると、向こうから新山眞がやって来た。

【新山眞】
ルーン文字の魔法、
効力を発揮したようです。
それでヴンダーはたおれました――
でもヴンダーのたおれたことが、
何かの引き金を引いた――
そんな気がします。

釣鐘つりがねの調整の効果もあります。
ただその反動というか、
理解不可能な現象が起きています。

機関本部で見た限り、
防疫研の波形はこれまでの
どの波形とも違っています。
何というか、山と谷が逆になって、
まるで逆さまの位相を作っている、
そんな波形なのです。

仮構によって隠されていたものが、
ここに来て見え始めた、
そんな風にも考えられます。
【着信 喪神梨央】
申し訳ありません!
どうしてもと詰め寄られ――
つい隊長が……
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいしの場所を、
教えてしまいました――
まだやって来ませんか?
猫みたいに話す人です。
おそらくは猫憑ねこつきです。
セヒラの観測はありません――

電車通りを渡って背広姿の男性が足早に近づいてきた。

【新山眞】
喪神もがみさん、誰かが来ます――

【京橋のラヂオ商】
無理を言って、
ここを教えてもらったニャ~
快く教えてくれたニャ!
どうしてもあんたに話したい、
そういうのがいてニャ、
この人の隙間すきまを借りたニャ!
あんまり隙間すきまは広くないニャ、
話は早く済ませるニャ!

男性はそう言うと急に腰折れになった。
その男性の背中にアストラルが影のように現れた。

【歩一M大尉アストラル】
元歩一大尉の御荷鉾みかぼだ、喪神中尉。
鬼龍きりゅうがトゥーレの館としていた、
青山の青山ホテルだが、あそこは
フンゲルハウワー公爵邸こうしゃくていだ。

幼少期、私は父と青島チンタオに暮らした。
父はフンゲルハウワー商会で、
筆頭会計係を務めていた。
日本では青山の邸宅が定宿だった。
明帝崩御ほうぎょの年、私はやしきにいた。
四歳の時だった――
その後、世界戦争で青島チンタオち、
独逸ドイツは当地の権益けんえきを失ってしまった。
私たちも独逸ドイツに渡ることに――

爾来じらい、青山のやしきは無人の館、
公爵は二度と訪問することなく、
五年前に亡くなった――

あそこがホテルであったことなど、
かつて一度もないのだ――
あわわ……わ……

アストラルは揺らぎながら消えた。
背広姿の男性は持ち直して言う。

【京橋のラヂオ商】
どうニャ?
話はできたかニャ?
おいらもそろそろ戻るニャ!
また会うニャ!
それまで元気でニャ!
おいら、猫の時次郎ニャ!

男性は歩き去った。

【新山眞】
いやぁ、驚きです。
アストラルが猫憑きを利用して――
それに、またもや仮構かこうの話です。

どんどん仮構ががれている、
そんな感じですね。
――急ぎましょう!

〔防疫研究所所長室〕

所長室の机の横に陳列されている市松人形がセヒラを帯びていた。

【新山眞】
喪神さん!
見てください、あの棚を――
セヒラが盛大に表出して、
そのうちあの人形は消えてしまう、
そうではないでしょうか?

ドアの音がした。
誰かが入ってきたのだ。

【新山眞】
今の音は何でしょうか?

振り向くと
そこにはカバネが立っていた。

【新山眞】
うわぁ!
何でしょうか?
――……ですか――
まさか……
そんなはずはありません!
【綾部研究員】
どうか驚かないでください――
【新山眞】
うわぁ!わわわ!
しゃべった!
なんという驚きスルプリーゾ
【綾部研究員】
皆さん、私はではありません、
私はここの研究員です。
これの中味は人間なのです。
【新山眞】
な、中味が、人間?
――するとあなたが……
これのたましいったのですか!?
【綾部研究員】
違います!
これはカバネというですが、
カバネが私をったのです。
ただ魂ではなく、
私の肉体をったのです――
【新山眞】
肉体を……う……
まるで食人譚しょくじんたんですね、
猟奇倶楽部のことうかがいましたぞ!
カバネにもその趣味があるのですか?
【綾部研究員】
そんなこと知りません!
何かの手違いです。
そうでなければ私は……
【新山眞】
魂をわれて、
人籟じんらいの材料になっていた、
そうなんですね?
【綾部研究員】
私はめられたのです。
副所長らはナチに働きかけ、
ヴンダーの核を手に入れようと――

魔法によって顕現けんげんしたヴンダー。
その核となったフォス大佐とクルト召喚師、二人は人籟じんらいの材料である。
それらを奪取するため、防疫研の副所長らは、人籟じんらいの取扱を指南すると申し出た。
ナチはその申し出に乗ったのだった。

【綾部研究員】
私はその計画に反対でした。
ヴンダーなど
わざわいのたねでしかない――
そう訴えました。

先日、副所長に呼ばれ、
私はセヒラ室に閉じ込められました。
高濃度セヒラに被曝ひばくせられました。
【新山眞】
セヒラ室……
そんな部屋があるのですね。
【綾部研究員】
人籟じんらいを作る部屋です。
でも私の魂は無事でした。
体が……こうなっただけです――
【新山眞】
それじゃは召喚できない、
そうなんですか?
【綾部研究員】
召喚などできません、
体がカバネなだけですから。
【新山眞】
だけですじゃ済まない感じですが――

新山は眉間にしわを寄せ、目をグリグリと動かしている。

【新山眞】
思い出しました!
独逸ドイツの論文にありましたよ、
逆相波形リバースファーズという現象です。

ある波形に対して逆相の波形が現れ、互いを打ち消してしまう現象のことだ。
論文ではそれを逆相波形リバースファーズと名付けていた。
ある方向への動きに対して、逆方向への動きが生まれる――
新山はそのことを言っているのだ。

【綾部研究員】
私が魂ではなく肉体をわれた、
そのことも逆相に関係するのですね?
ここの上部組織、
東亰ゼロ師団は世界に混乱を招く、
それが目的だと聞き及んでいます。
ということは、
混乱とは逆を向く動きがある、
そういうことでしょうか?
【新山眞】
混乱と言うか宗教的には混沌カオスですね。
混沌カオス秩序コスモス、悪魔と神です。
混沌カオスに光があたり
秩序コスモスが生まれた――
【綾部研究員】
私は研究者ですので、
その辺はよくわかりませんが、
逆相とは秩序ある世界なんですね。
【新山眞】
そうかも知れません。
わたしも技術者ですので、
これ以上は……
もっとも霊異りょういを扱うのは、
慣れていますが――

霊異りょういといえば、喪神もがみさん――
例の京都の真鏡まかがみですが、
そろそろ完成しそうです。
ゼーラムの定着を確認しました。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
銀座の上空に大型飛行船が――
参謀本部では何の計画もなく、
独逸ドイツのフリードリッヒ号も、
来日らいにちは来年の春の予定だそうです。
また浅草十二階や、
上野博覧会のようなものかも――
一応、巡視パトロールお願いします。
【着信 帆村魯公】
新山君とそのもう一人、
綾部あやべ研究員は山王さんのう機関本部へ願う。
部屋を用意しておく。以上だ。

銀座の夜空に
巨大な飛行船が姿を見せた。
人々は皆あんぐりと
口を開いて眺めている。

【憧れの声】
あれが噂のフリードリッヒ号ですわ!
なんとも素敵じゃございませんか!
私も乗りとうございますっ!

【警戒する声】
尾翼びよくにも胴体どうたいにも、
どこにも国籍こくせきがないぞ!
あれはまぼろしなんじゃないか?

【畏怖する声】
いつぞやのカグツチ様を思い出す!
ああ、恐れ多いではないか!
お祈りすること、考えなきゃ!

謎めいた飛行船は日劇ビルの屋上に、ゆっくりと降り係留けいりゅうされた。京橋署の巡査が人払いをしている。

日劇のビルを背にして大勢の巡査が警戒にあたっていた。

【京橋署の巡査E】
部長のお達しです。
これ以上は立ち入りできません。
たとえ公務であっても――

【京橋署の巡査T】
前にお会いしましたね――
ナチの偉いさんの出国パレードで。
今夜も偉いさんなのでしょうか?
偉いさんはめんどくさいですね、
とにかく立ち入りは禁止です。

【京橋署の巡査N】
結局、荘月しょうげつ会館での幻燈会げんとうえは、
四回開かれたんですよ。
都合つごう四千人弱のお客らは、
最近の騒動でふっと姿を消しました。
誘拐ゆうかいされたと言う噂もあります。

【京橋署の巡査A】
覚えていますか、私を。
あなたに立ち向かって破れました。
稲荷いなり戻した私です。
以来、廓清かくせいしたままで、
もうすっかり大丈夫です。
怪人になると拉致らちされるって――

【京橋署の刑事K】
こんな夜に、ご公務ご苦労様!
山王さんのう機関はなかなかあきらめない、
そうじゃありませんか?
私はね、木乃伊ミイラ取りが木乃伊ミイラでん
そのまんまですね、
絵に描いたようにね、フフフ!

いたずらに踊りまくる市民を追ううちに、
私もね、踊りの達人になった!
そうしたらどうです、
見事に昇進しょうしんしたのです。
今じゃ刑事です、フハハハハ!

【着信 喪神梨央】
気を付けてください、
セヒラ上昇しています!

【京橋署の刑事K】
ほう!ほうほうほう!
君とお手合わせ願えると!
いいでしょう!
私はね、大切な役割を仰せ付かり、
飛行船を降りてきたのです。
さぁ、整いましたよ!

《バトル》

【京橋署の刑事K】
私もまだまだのようですね!
でもご安心ください、
道はひらけた、そう思うのですよ!

巡査は頭を振りながら見向きもせず歩き去った。他の巡査もいなくなっていた。

【着信 喪神梨央】
幻燈会げんとうえの影響で踊りだし市民が出た、
あの事変のときの巡査ですね。
記録から波形が一致しました――
今や波形は一段と鮮明になり、
廓清かくせいされようもありません。

見ると日劇ビルの前に
柴崎周しばさきあまねが立っていた。
彼は風魔を静かに見据えている――

【柴崎周】
ようやく静かになったね。

君の目を見ていると、
サラエボの青年を思い出すよ。
彼は透き通った目をしていた。
その透明な輝きの奥に、
揺るぎなく強い意志を感じたよ。
その意志が彼に僥倖ぎょうこうをもたらした。
ラテン橋近くのレストランで、
道に迷った皇太子こうたいしの車に出会う――
彼の放った銃弾が世界を動かした。

目眩めくるめく鋼鉄と火焔かえんのページェント!

世界では憎しみが連鎖して、
美しいハーモニーを奏でた。
その調べは日本にもしかと届いた。
あの青年はセルビアの英雄として、
ラテン橋は彼の名を冠した。
プリンツィプ橋としてね!

次に私は日本に目を向けた――
日本には豊かな資源がある。
私たちは実に恵まれているのだよ。

しかし、日本という国は難しい。
人の心は幾重いくえものひだおおわれている。
隔靴掻痒かっかそうようの思いに
見舞われている――
アナーキストは絞首台こうしゅだいつゆと消え、
期待の星、慷慨こうがいする大尉は――
なんと自失して大柱に姿を変え、
世界の歪みを更に進めた!
私のあずからぬ事態が起き始めた。

私の企図きとするものはもっと簡素だ。
血盟将校らの理念を支える――
しかし大いなる計画は頓挫とんざした。
計画は慎重に進めるべきだった。
しかし拙速せっそくに走りすぎたのだ。

――何故だ?
君たちが加担かたんしたとは思えない。
いろいろのことが私を離れ、
勝手に動き出している――

ようやく静かになった。
静けさの奥に蠢動しゅんどうを認める――
だが、それが見当たらないのだ!!

これが杞憂きゆうであれば良いのだが!

そう言うと柴崎は自分の周囲にセヒラを集めた。セヒラはまるで煙幕のように柴崎を包み隠した。

【着信 喪神梨央】
セヒラ異常です!
至急、退避してください!!
し……き……●◇×――

無線の声が遠のいた。風魔は目の前が暗くなるのを感じた。

〔清水谷公園〕

周囲が明るくなった。
ここは清水谷公園。
風魔は隣に九頭幸則の姿を認めた。
目の前にいた書生が話しかけてきた。

【書生】
うちの先生、この春に昇進されて、
えある首席訓導くんどうになられたんです。
今日はそのお祝いです――
【スーツの男】
先生の組の卒業生さん、
皆、陸士に進まれ、そのご功績こうせきで。
もう任官された卒業生さんも――
【主席訓導】
いやいや、小生など、
たいして力にはなっとらんですな!
偉いのは生徒たちですわ。

【九頭幸則】
先生!
田村先生ですね!
お久しぶりです、九頭くずです!
【田村先生】
おお、九頭君!
君も確か陸士に進んだんだね!
見たところもう任官したようだが――
【九頭幸則】
いやぁ、お恥ずかしい!
僕は第三連隊です。
い組の風魔ふうまは第一連隊です。
【田村先生】
そうか!
三連も歴史ある連隊だぞ、
堂々と胸を張るんだ、九頭くず君!
いやぁ、それにしても――
小生、愈々いよいよ鼻が高いな!
【九頭幸則】
これも先生のご指導あってのこと、
僕は先生に学べて幸せです!
アハハハハハ~

春もたけなわの清水谷しみずだに公園に、
ほがらかな笑い声が響いていた。
人、皆、幸せ色に染まる
帝都であった――

ラヂオノイズに混ざり
僅かに声が聞こえる――

【???】
日々、安寧あんねいデスカ?
日々、安寧あんねいデスカ?

急に辺りが暗くなり、次に風魔は赤坂哈爾浜ハルピンにいた。

【着信 喪神梨央】
やっと捕まえた!
兄さん、そこは赤坂哈爾浜ハルピンです。
ずっと弱いセヒラを観測します。
【着信 帆村魯公】
柴崎しばさきという人物、
セヒラを扱うのだな!
奴は赤坂哈爾浜ハルピンへ向かったようだ。

新山にいやま君が、
カバネを送ってはどうかと――
いい考えだと思うぞ、風魔!

いみじくも柴崎周しばさきあまねの言うように、
世界は予知不能な動きを
見せ始めていた。
まるで別な世界が
並行するかのようであった。

皆が幸せそうに暮らす帝都の有様――
風魔が垣間かいま見た世界もまた、
別の軸に存在するのかも
知れなかった。

第九章 第九話 ヴンダー

〔猟奇倶楽部・左閲覧室〕

そこは階段状に椅子が三段に並ぶ、
小さな劇場のような部屋であった。
正面はガラス張りでカーテンが引かれている。

風魔ふうまが椅子から立ち上がると、
白衣姿の人物が姿を見せた。

柄谷がらたに生慧蔵いえぞうであった――

【柄谷生慧蔵】
気が付きましたか――
頭痛や吐き気はありませんね。
何しろ酷いセヒラでしたから。
黒頭巾はセヒラを防ぐのですが、
さすがに危険でした――

物理一筋の私が、
科学に限界を感じ始めたのは、
ある不思議な体験がきっかけでした。

あれは四年前のことです――
哈爾浜ハルピン技院に招かれた私は、
キタイスカヤ街のホテル、
東方飯店に宿を取ったのです。
確か四〇八号室でした――
転寝うたたねをする私は夢かうつつかの状態で、
ホテルの便箋びんせんにメモを取ったのです。
目覚めてメモを見ると、
それはシュレーディンガー方程式、
まさにそのものだったのです。

【柄谷生慧蔵】
決してそらんじているわけでもない、
その複雑な方程式を、
まるで誰かの意思のようにしたためた――
私は自分の頭が、
誰かに乗っ取られたような気になり、
そのままホテルを飛び出しました。
するとどうでしょう――
あれほどにぎやかだった大通に、
白昼夢はくちゅうむのように人影がないのです。
所在なく私は部屋に戻りました。
先ほどの便箋びんせんは消えていました――

そして天啓てんけいのように新しい方程式を
書き始めたのです。
四日間、飲まず食わずで――

この体験の翌年です、
帝都にセヒラが観測されたのは。
セヒラ粒子が解を求めるかぎでした。
長広舌ちょうこうぜつはもういいでしょう。
さぁ、すべての準備は整いました。

音もなくカーテンが開かれた。大きな窓から見下ろすのは、白いタイル張りのまるで手術室のような部屋であった。
部屋の周囲に幾人もの人物が寝かされている。その部屋の中央にフォス大佐とクルトが、まるで双子の胎児のように向き合い丸くなっている。二人は床から浮き上がっているのか、ゆっくりと回転していた。

【柄谷生慧蔵】
アストラルとなった二人を、
均一きんいつになるまで混ぜ合わせる――
兄の実験ノートにそうありました。
どうやって混ぜれば良いか、
さっぱりわかりませんでしたが――
それが起きてみると、
どうです、自らが混ざり合おうと、
あのように回っているのです!

自ずから生起すること――
物理の世界での常識が、
この霊異りょういの中でも現れるのです。

背を丸めて回転する二人の周囲にセヒラが漂い始めた。セヒラは見る見るその濃度を増して、とうとう二人をすっかり包み込んでしまった。
なおもセヒラは濃くなり、風魔のいる部屋にも押し寄せてくる。柄谷生慧蔵は窓に向かって両手を広げたり閉じたりしながら何かを唱えている。そして二人の名を呼ぶ声が聞こえた。

【柄谷生慧蔵】
ヘル、ゲルハルト!
ヘル、クルト!
合わされ、合わされ――
ゲパーツ! ゲパーツ!

さぁ、愚かしい肉体を、
今ここに、むさぼむさぼれ!

濃厚セヒラを通してなおも回転する二人が見える。その周囲に部屋の方々から怪人と思しき連中が集まってきた。

【柄谷生慧蔵】
静かに目を閉じて――
私は一介いっかいの観察者に過ぎない。
家鴨いえがもひなのように無垢むくな私!!
さぁ、まぶたを開けますよ!
家鴨いえがもひなが、お池の上で――

一瞬、目の前が真っ暗になったかと思うと晴れた。
もうセヒラは収まっていた。階下に見える手術室にらしき一体が立つ。人の背丈をやや越すくらいのそれは、砲身のようなものを体中から突き出していた。

【柄谷生慧蔵】
見えましたよ――
私には確かにあいつが!
あの白きみにくき塊が!
独逸ドイツ語で不思議を意味する、
ヴンダーと名付けましょう!

ヴンダー……

あれはヴンダー……
この意味がわかりますか?
私の理論が完結した瞬間なのです。
ヴンダーの存在がそのあかしです。
ジンネマン対称性たいしょうせいを含む、
私の方程式が正しかったと、
それが証明されたのです!

あれは破壊神ではありません。
あれは創造神なのです。

私はこれで十分です。
もう、十分です――

柄谷生慧蔵は素早い動きで部屋を出て行った。階段を駆け下りていく音がする。

【着信 帆村魯公】
そっちの場所、確定できたぞ、風魔!
じき、警察が到着する。
お前を迎える車も出たぞ!

交信が終わるや否や、遠くの方でくぐもった銃声がした。あれはたしかに銃声である。

【着信 帆村魯公】
何だ、今の音は?
銃声じゅうせいか?

柄谷がらたに生慧蔵いえぞうが現したヴンダー。
それは
イメージの実体化というべき存在だ。

柄谷がらたに生慧蔵いえぞうを求め、
そして得たのだ。

彼は思い残すことないと
遺書を残し自殺した。
猟奇倶楽部に警察隊が
なだれ込んできた。

〔山王機関本部〕

【喪神梨央】
兄さん――
猟奇倶楽部の場所、判明しました。
四谷谷町のあたりです。
戒行寺かいぎょうじの坂を降りきる手前――
低いところなので、
探信たんしんしにくかったようです。
【帆村魯公】
柄谷がらたに生慧蔵いえぞうは死んだ。
何通もの遺書があった――

遺書により生慧蔵いえぞう
猟奇倶楽部の会員のうち、
最高位の位にあることが判明した。
しかし主催者については
触れられていない。

また兄の
ルドルフ・ユンカーについても、
まるで他人のことのように
したためてある。
ユンカー殺しについては
言及がなかった。

また瑛山会えいざんかいについては、
シュタインベルク中将の動きは、
親衛隊長ヒムラーの
疑義ぎぎを買っていること、
セヒラ同定から山王さんのう機関設立まで、
すべてが首尾よく進んだことも
しるされていた。

そして戦の論文を書いた以上は、
を確認しないと理論が閉じない、
そのためにすべてを尽くすとあった。

【喪神梨央】
ユンカー局長と、
兄弟だったのですね――
【帆村魯公】
双子の兄弟だな。
兄のユンカーは独逸ドイツに戻り、
弟は日本に残された――
弟は独逸ドイツで兄への面会を申し込むが、
墺太利オーストリアのアカデミー入学をひかえた
兄はそれを退しりぞける――
生慧蔵いえぞうの胸に暗い炎が灯るのは、
その時じゃないだろうか……

ノックの音とともに九頭が現れた。

【九頭幸則】
失礼します、歩一の九頭くずです。
――大変ですよ、先生! 風魔!
【喪神梨央】
どうしたんですか?
幸則ゆきのりさんも見える組ですか?
【九頭幸則】
何だい、その見える組って?
【帆村魯公】
ヴンダーじゃよ、
ラヂオで言っておるぞ、
ヴンダーを見よ、ヴンダーを見よ――

ヴンダーは破壊神ではありません、
ヴンダーは創造神なのです。
ヴンダーを見よ、ヴンダーを見よ――

【喪神梨央】
見える者は前進者です。
幸則さんは前進組ですか?
【九頭幸則】
梨央ちゃん、勘弁してくれよ。
ヴンダーが見えるのは、
怪人だけだって言うじゃないか!
【帆村魯公】
その怪人、市中から姿を消して、
怪人になりそうな市民は、
おそおののいているようだな。
【喪神梨央】
でも怪人になれば新世界に行ける、
みたいなことを言う人も――
一時いっとき帥先そっせんヤみたいです。
【帆村魯公】
うむ……
風魔、表の様子でも見てきてくれ。
【九頭幸則】
俺も行くよ、風魔。

〔山王ホテルロビー〕

山王さんのうホテルはいつもとは異なり、
どことなく落ち着かない様相を見せていた。

【九頭幸則】
何だ、どうしたんだ?
そわそわした感じだな。
いつもの山王さんのうホテルじゃないな。

ホテル玄関から新山和斗が駆け込んで来た。

【新山和斗】
一体、どういうことなんですか?
【九頭幸則】
これはまた奇遇だな。
いや、そうでもないか――
ブンヤが騒ぎを大きくするわけだな!
【新山和斗】
騒ぎも何もありませんよ!
通報が相次あいつぎ現場に取材に出るも、
写真部のカメラに写らないんです!
【九頭幸則】
ヴンダーの話だな?
新聞社に通報でもあるのか?
【新山和斗】
もうすごいです!
朝から電話が鳴り止みません!

ヴンダーは市中の
方々で目撃されていた。
人形町、赤羽橋、築地つきじ
錦糸町、目白――
目撃されるたび
巨大化しているようである。

【新山和斗】
最初は見えなかったのに、
ラヂオを聴くうちに見え始めた、
そういう話もあるようです。
【九頭幸則】
あれは新手の帥先そっせんヤだな。
新聞ではどうなんだ、
怪人川柳が復活したりしないのか?
【新山和斗】
とっくにしていますよ!
担当の新米記者が行方不明なのに、
どんどん投稿が寄せられて――
まだ掲載はしていませんけどね。

そのとき着信があった。

【着信 喪神魯公】
風魔、ホテル前で騒動だ。
ちょっと見てくれないか!
【新山和斗】
怪人騒動ですか?
それくらいじゃ記事になりません。
【九頭幸則】
そうだろうな!
ブンヤにはここにいてもらうぞ。
風魔、表を見てくれ!

九頭の声を背に、
風魔はホテル玄関へ向かった。

〔山王ホテル前〕

ホテル前には数名の市民が押しかけていた。皆、てんでバラバラな方向を向いている。
ホテルから出てきた風魔に近くの白衣姿の男性が声をかけてきた。

【神谷町の元医者】
あなたには見えるんですね?
あああ、私も見たい、
見て前進者になりたい!
もう医者は辞めたんです!
病人なんか見たくもない!

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
セヒラ観測します。
まだ怪人化して、
間もない怪人のようです。
でも波形が変です――

脇から二人、駆け寄って来た。

【本郷追分町の元学生】
僕はすべてを知ったんだ!
すべてをな!
――だから言葉がめぐる!
怪人の
眼に逆様さかさま
ことばかり
ギャハハハハハハハ~
【角筈の元訓導】
ここならなんとかなるって聞いた!
どうなんだ、ええ?
この私を怪人に変えてくれる、
そうなんだろ?
怪人が新しい世界に行けるんだろ?
堅苦しい訓導くんどうなんか辞めて、
自由になるんだ、邪魔するな!!
いいか、邪魔立てはするな!!

【着信 喪神梨央】
これまでにない速さです、
気を付けてください!

《バトル》

【角筈の元訓導】
体が……軽くなっていく……
これだ、これでこそ怪人だ!
アーハハハハハハ~

男性の背中にアストラルらしきが現れた。それはゆらゆらしながら、男性の体の傍を漂う。

【元訓導のアストラル】
軽いぞ、軽いぞ!
体を失うとこんなに軽いとは!
あのにくき肉体め!!
あのような肉体、
いくらでもくれてやる!!

アストラルが消えた。男性は倒れたがすでにその実体はなくなっていた。

【着信 帆村魯公】
今すぐ、ホテルに戻ってくれ。
おかしな客がいるんだ!

〔山王ホテルロビー〕

ホテルロビーは人払いしてあるようで、
魯公ろこうと話す男性以外に客はいなかった。

【帆村魯公】
風魔、キタイスカヤのホテルが
どうのこうのと――
【料亭大和の大番頭】
私ネ、支那シナ人みたいな話し方ネ、
れっきとした日本人ネ!
【帆村魯公】
落ち着いてください、
ここは日本ですぞ、帝都東京です。
【料亭大和の大番頭】
ひぇ~~~~
――やっぱりですかい!
私、新京シンキョウ三笠町みかさちょうにある、
料亭大和やまとの番頭です。
新京シンキョウ一の花街ですよ――
大事なお客さんを迎えに、
哈爾浜ハルピンまで行って、
キタイスカヤのホテルに入りました。
【帆村魯公】
ホテルはなんというホテルですかな?
【料亭大和の大番頭】
東方飯店、露西亜ロシア語で、
ホテルボストークです。
ここより狭いロビーで、
お客さんを待つんですが、
約束の時間になっても来ない――

しびれを切らした大番頭は
表通りへ出る。
しかしそこには人の姿はなく、
音さえしない場所だったという。
ホテルに戻ったとき気を失って、
次に気が付いたときは
山王ホテルの地下、
エレベーター前で
うずくまっていたというのだ。

【帆村魯公】
エレベーターとは、
どちらのですかな?
【料亭大和の大番頭】
そっちです、そっち!
フロントの脇に出てくるやつ――
客が乗らない感じのやつ――
【帆村魯公】
なるほど!
あれは特別でしてな。
詳しくお話を聞きたいものです。
【料亭大和の大番頭】
もう話しました!
私は哈爾浜ハルピンにいたんですっ!
あずからない間に東京に――
【帆村魯公】
風魔、後は頼む。
こちらの方と出かけてくる。
もうじき殿下がお見えだ。

そこへ着信があった。

【着信 新山眞】
喪神さん――
どうやらいろいろ繋がり始めた、
そんな気がします。
ここは人払いしてあります。
そのまま殿下をお待ち下さい。

交信が終わったその時、ホテル玄関から聖宮がやって来た。

【聖宮成樹】
喪神さん――
独逸ドイツのある筋から仕入れました、
有澤ありさわ中将のことです。
彼は特務機関長でした――

10年前、駐独武官だった有澤少将は、
ナチ親衛隊に入党したばかりの
ヒムラーと出会い、意気投合する。
ヒムラー、当時25歳、
有澤41歳である。
1932年、褐色館ブラウネスハウス
警備主任のヒムラーは、
フンメル博士に命じて
北支ほくし発掘を実行する。

【聖宮成樹】
フンメル博士は日本でも発掘を行い、
セヒラの量と質において優れている、
そう報告を上げるのです。

日本では柄谷がらたに博士の
論文上梓じょうしにより、
参謀本部は瑛山会えいざんかいを組織します。
私はその時に参加しました。
背後にいるシュタインベルク中将が、
強い影響力を持ちます。
リヒャルトガルテンの所長です。
しかしヒムラーは彼を疑っていた――

釣鐘つりがねのこともそうなのです。
表向きは壊れたことになっています。
実際はこの地下に移送されています。
ヒムラーはそうした動きを探るため、
有澤中将に依頼をしたのです――
つまりスパイするようにと。

それで有澤機関が設立され、
何名かのスパイが活動を始めます。
興亜貿易という会社がかくみのです。
機関にはエニグマ暗号機が与えられ、さらに日独で同じ本を乱数表に用い、
念には念を入れていました。
その本とは――
ゲエテのきつね裁判さいばんという本です。

アーネンエルベも内偵ないていの対象に、
なっているかもしれませんね。
確かめてみようと思います。

【聖宮成樹】
喪神さん、市民が押しかけています。
このホテルで怪人になれると、
そんな噂が飛び交うのです。
怪人になれば新しい世界に行ける、
そんな噂にそそのかされるのです。
ここは私がなんとかします――

聖宮ひじりのみやには考えがあった。
釣鐘つりがねの出力を調整することで、ヴンダーに流れ込むセヒラを抑える――
それでヴンダーの勢いをぐことができる。
勝算のあるものではなかったが、試す価値はあると踏んでいた。

【聖宮成樹】
市民がしずまれば、
私は釣鐘つりがねの出力を調整します。
セヒラの制御を試みてみます!

ホテルのことは聖宮ひじりのみや
ホテルの守衛に任せ、
風魔は裏口からホテルを出た。

人々が二階の窓や物干しから表を見ている。ある者は雲を指差し、ある者は煙を見て、あれがヴンダーに違いないなどと騒ぐ。胸に大きなカメラを下げる者もいた。

新聞にはヴンダーを見たという市民が寄せた、素描そびょうが掲載され、人々の想像力を刺激した。
担当記者不在なのに怪人川柳も掲載された。軍が出動してヴンダーに攻撃するも、市街に砲弾を降らせただけであった。

怪人の
叫び真理の
上を超す

怪人の
前を横切る
黒い猫

怪人の
一人渡る
長い橋

不思議な波形を観測したとの知らせで、風魔は紀伊国坂きのくにざかおもむいた。
山王さんのうホテルからほど近い場所だ。

〔紀伊国坂〕

着物姿の老人が道の真中にぼんやりと立っている。風魔の姿を認め、ふらふらと近寄って来た。

【為次郎】
おいら猫の為次郎ニャ~
こう見えても次男会の一員ニャ~
かなりの古株ニャ~
この人は日本橋の団扇うちわ商ニャ、
昔からおっきな隙間拵すきまこしらえるニャ、
危なっかしいニャ~

おいらどら焼きの佐加美屋の猫ニャ、
おちおち昼寝もできないニャ~
なんせ団扇うちわ屋は向かいだからニャ~

さっきから別な何かが、
おいらの場所を狙ってるニャ~

その時、老人はビクンと背中を伸ばし、のけぞったようになった。そしてゆっくりと直った。

【為次郎】
びっくりしたニャ~
あんたに話があるみたいだニャ、
おいらしばらく場所を空けるニャ!

老人はうつむいてしまった。その背中からアストラルが現れた。

【ユンカーのアストラル】
ドイツに来た弟を日本へ帰したのは、
私ではない、父だ。
父には私の成功が必要だった。
私は一点のくもりもない状態だった。
墺太利オーストリアのアカデミーにも入学できた。
弟が物理学者として、
まさかセフィラを分析し、
に興味を持つとは驚きだった。

私は弟の論文を全て読んでいる。
彼は筋金入りの科学信奉者であり、
無神論者だ――
その弟がの論文など……

だが私は確信した。
弟がやがて私のもとに現れ、
私の成果を求めるだろうと――
私は知り得たことをノートにしたため、
弟の興味を引くように仕向けた。
もちろんすべて研究の賜物たまものだ、
嘘偽りなど何一つとてない。

私は内的イメージの具現化、
つまり幻視の研究を手がけ、
多くの成果を得たのだ――

弟は学者として、
自らの理論の統一のために、
を自分の目で確認する、
そのことだけを祈念きねんしていた。

無神論者の彼が、
霊異りょういかしずくように、
を求めたのだ――
考えてみれば滑稽こっけいなことだ。
無神論者が霊異りょういを求めるなど……

――ここには長居は無理そうだ。
赤坂哈爾浜ハルピンで君を待つ。

アストラルが消え、老人が顔を上げた。

【為次郎】
もういいかニャ?
おいら、疲れたニャ~
そろそろ帰るニャ~

そう言うと老人はふらつきながら歩き去った。そこへ着信があった。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
はらえの間においでください。

〔祓えの間〕

【新山眞】
ヴンダーの見える派と、
見えない派に別れるの、
なんとなく納得しました。
あれは実存しないのですね。
軍の砲弾も当たるはずがありません。
皆の心の恐怖があいつなのですよ。

――ですが……
やがて実体化するのは時間の問題。
そうなれば大量殺戮の兵器になる、
私が最も懸念することです。

赤坂哈爾浜ハルピンに、
先ほどと同じ波形があります。
向かってください。

〔赤坂哈爾浜〕

赤坂哈爾浜ではアストラルたちが右往左往していた。その中から一体のアストラルが寄って来た。

【本郷の元書生アストラル】
怪人川柳、企画したのは、
蛇穴さらぎ先輩だ!
アハハハ~
先輩がどうなったか知っているか?

先輩は素っ裸の上に、
女物の襦袢じゅばんだけを羽織はおって、
夜な夜な出歩くんだ。
きっと誰かに入れ知恵された、
そうなんだろ?
お前たち軍部の仕業なのか?
帝都の騒ぎも、みんなそうだろ?

僕はね、アナーキスト共を、
片っ端から特高に売ったんだ!
国体を維持するためにね!

それなのに……
お前たちがその体たらくで、
何もかもがダメになる!!
許さん!!

《バトル》

【本郷の元書生アストラル】
たかがこれしき――
もっと強くなってやる!

【着信 喪神梨央】
申し訳ありませんでした!
あまりに急なことで……
何か逆恨さかうらみしていたようですね。
もう大丈夫です――

新たなアストラルが近寄って来る。

【ユンカーのアストラル】
ここでなら話せるが、
あまり時間はない――
ヴンダーの影響は、
市民の心の深くに及ぶ。
やがて取り返しの付かないことに――

では話そう――
私は幻視を現すだけではなく、
真理をあらわにする力も、
合わせて研究していた。
言わば幻視を解く魔法だ。
だれか魔法に明るい者はいるかな?
魔法の知識が必要だ――
ううう……もう持ちそうにない!
私は……流される――

全てを言い終わらないうちにユンカーのアストラルは震えながら消えた。

【着信 喪神梨央】
新山さんがお話があると――
山王さんのうにお戻りください。

〔祓えの間〕

【新山眞】
ヴンダーは益々ますます大きくなっています。
その攻撃、見た目凄まじいのですが、
市内に何の被害はありません。
見える派の市民たちは、
もはや恐怖を感じ始めています。
見える派から怪人が生まれ、
すぐに姿を消すからです。
ヴンダーに食われている――
そんな噂も出始めました。

殿下が釣鐘つりがねの出力を試されて、
その効果も表れているようです。
ただしずめるには至りません。

ヴンダーの出現する場所に
印をつけていきます。
毎日ほぼ同じ場所なのです。
何か意味があるはずです――
わかったらお知らせします。
【着信 喪神梨央】
兄さん――
魔法のこと、あきらさんに相談して、
受け入れてもらいました。
あきらさんのアトリエにお願いします。

〔旭のアトリエ〕

【能海旭】
梨央りおさんから聞いたよ。
魔法がいるんだって?

うーん……
私にできるかな?
十四のときに左肩に入れた、
スペードの刺青いれずみ――
すーっと消えたのよ!

魔女になるために必要なもの、
それが私から去ったの。
だから私……
魔法そのものからも、
見捨てられたような気がしてる。

でも風魔さんに必要なら……
学校で復習しなきゃね、魔法のこと。

〔旭のアトリエ前〕

あきらは溜池通から円タクで学校に向かった。
アトリエ前に新山がやって来た。ここを梨央から聞いたのである。

【新山眞】
ヴンダーの出現位置には、
何か意味がある――
そう考えていたのですが……
すでに投書が来たそうです。
和斗かずとが教えてくれました。

ヴンダーの出現位置を、
帝都の地図に落すと、
古代北欧ほくおう文字になるそうです。

今日、最初に出現したのは、
淀橋区の角筈つのはず電停前――
次が麻布あざぶ区の四ノ橋電停前……

そのあとヴンダーは、小石川区春日町かすがちょう電停前、
浅草区三筋町みすじちょう電停前、京橋区新富町しんとみちょう電停前――
合わせて五箇所に出現したのだった。

【新山眞】
それら五箇所を線で結ぶと、
古代北欧ほくおう文字のオセルになります。
魚のような形になります。
三筋町みすじちょうが頭、角筈つのはずと四ノ橋が尾、
それがオセルという字です。
【着信 喪神梨央】
ラヂオでも言ってますよ――
オセルとは執着を捨てて、
素の自分に向き合うことだって。
【新山眞】
今日は他に、パース、ライゾ、カノ、
ラグズ、全部で五つの文字が――
昨日も全く同じだそうです。

これら古代文字はルーンと言います。
ナチがアーリア人の起源を求め、
祭儀さいぎにルーン文字を用いるのです。

しかし……
この文字をどうするかまでは、
さっぱりわかりません。
【着信 喪神梨央】
独逸ドイツ大使館で騒ぎです。
巡視パトロール中の金ノ七号きんのしちごうから連絡です。
三宅坂に向かってください!

〔独逸大使館前〕

大使館の玄関前ではユリアと鬼龍が対峙していた。鬼龍は背を向けている。
その手前に武装SSが
進入を阻んでいた。
武装SSが風魔の到来を鬼龍に告げた。
鬼龍はさっと風魔を向いた。

【鬼龍豪人】
今、こちらのユリア女史から、
ルーンの解釈を教えてもらってね。
ナチ的解釈というわけだ。
【ユリア・クラウフマン】
フーマ!
日本人はもっと礼儀正しいと――
私の買いかぶりでしょうか?
いきなり押しかけてきて、
ルーンの資料を寄越よこせなど――
一体、どういうおつもりですか?
【鬼龍豪人】
本国ではトゥーレの館と、
アーネンエルベは蜜月みつげつの関係ですよ。
日本でももっと向き合うべきです。
【ユリア・クラウフマン】
今のここには、
そのような余裕はありません。
お察しいただかないと――
【鬼龍豪人】
アハハ、いろいろあったようですね。
ですが解答は得たから、
これ以上求めるのはしましょう。
【ユリア・クラウフマン】
タケト大 尉カピティーン――
あなたは染 化ファーブストッフによって
トゥーレの召喚師となった。
すべてを手に入れたはずです。
そうじゃありませんか?
【鬼龍豪人】
私はもはや大尉などではない。
孤独な彷徨さまよえる召喚師だ。
小さな私から、
まことに小さな助言を与えよう――

しかし鬼龍は風魔を向いた自分に言い聞かすようにして続けた。

【鬼龍豪人】
ヴンダーはルーンを描く。
ルーンはそれだけでは何も為さない。
ルーンを用いスターヴを描くことだ。
五つのルーンの意味が合わさり、
ただひとつの魔法となる。
願いを叶える白魔法だ――
夢のある話じゃないか!
【鬼龍豪人】
だがしかし――
山王さんのう機関に魔法使いはいるのか?
アハハハハ、いればケッサクだな!
よしんば魔法をかけたとして、
あのヴンダーがどうなるか、
何の確証もないがな――

鬼龍は風魔に一瞥をくれた後、歩き去った。武装SSも後に続く。

【ユリア・クラウフマン】
タケト大 尉カピティーン染 化ファーブストッフにより、
完全な状態コンプレットとなったのです。

そうでなければ、
ヴンダーの力を求めたかも――
ナチではルーンに独自の解釈をあて、
その効力をより高めています。

おそらく……
ユンカー博士が何か仕込んだのです。
それでヴンダーはこの町に、
ルーンを描くのです。
巨大なルーンを――

それ以上のことは、
私にはわかりません。

梨央からの連絡で
鈴蘭すずらん女学園に向かうことに。
あきらの通う学校が
併設へいせつされているのだ。
といっても仮構かこうされた存在では
あるのだが――

〔鈴蘭女学園〕

学園正面玄関には袴姿の女学生がいた。
やって来た風魔を観て一人が言う――

【鈴蘭女学生聖子】
あら、歴史研究所の先生ね!
お若い先生だこと……
オホホホホ~

【着信 喪神梨央】
そのまま学園の中へ進んでください。
あきらさんがお待ちです。

〔祭儀室〕

自由サーベラス学園の祭儀室さいぎしつは、
高いへいに囲まれた中庭にあった。
丸屋根の中で
あきらが迎えてくれた――

【能海旭】
梨央さんから教えてもらったわ。
ルーンでスターヴを描くのね。
やりかたは一通り確認したよ。
図書室から本を引っ張り出してね。
前に習っただけで忘れていたから――

オセル、パース、ライゾ、カノ、
ラグズ――
これらルーンで文様を描くのよ。

このスターヴは、
真理をあらわにする白魔法のもの。
教科書によるとだけど――

さて、準備があるから、
風魔さんはここで待っていて。
私、地下のドームに降りるから。

祭儀には専用のローブをまとうのよ。
ブレナン先生のだから大きいけれど、
贅沢ぜいたくは言ってられないよね。

地下のドームであきらはスターヴを描いた。柘榴ざくろの板に自らの血で文様をなぞった。
教科書にある呪文を唱えながら――

二時間が経過した――

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
清水谷公園で異様な波形を観測!
至急、向かってください!

あきらさんのことは、
そちらに警護部隊を派遣します。
安心してください。

異様な波形があるとの報告で、清水谷公園に向かった風魔。
そこで見たものは果たして――

〔清水谷公園〕

万朶の桜花が春爛漫を告げている。公園の方々で宴が催されていた。
そこへ将校服の青年が近寄って来た。

【九頭幸則】
おい!
風魔じゃないか!
久しぶりだな!

何やってんだ、こんなところで!
一人前の審神者さにわになったんだろ?

【着信 帆村魯公】
風魔!
一体、誰と話しているんだ?

【九頭幸則】
ちょっと悪い――
あそこに騒ぐのがいるんだ。
せっかくの桜の公園が台無しだ。

そこへ洋服姿の女性が
風魔を向いて言う。

【如月鈴代】
あら風魔さん――
帆村流、修められたのですね。
今日は野点に参ったのですが……

着物姿の若い女性が面を向けた。

【月詠麗華】
前に一度、お会いしましたかしら。
いいお日和でございますわね。
でも……あちらの方が……

着物の女性が顔を曇らせた。
少し離れたところで怒鳴る声が聞こえる。

【九頭幸則】
風魔、ちょっと見ててくれ!
俺、紀伊国坂の交番にひとっ走り、
巡査を呼んでくるよ。

言われた方を見ると、二人の男性が何やら言い争っていた。風魔は二人に近寄った。
スーツの男性が年嵩のトンビ服の男性を懸命になだめているところだった。

【着信 帆村魯公】
風魔!
お前は誰の時間を生きているんだ?
お前は陸軍中尉だぞ!
九頭も鈴代もそれを知っているだろ!
まずは騒いでいる男のところへ
向かうんだ。
それで何か分かるだろう。

風魔に気付いたスーツ姿の男性が困り果てた顔をして言う。

【スーツの男】
うちの先生、
同僚が首席訓導くんどうに昇進して、
爾来じらい、虫の居所いどころが悪いんです――

いや、せっかくの花見の席で
うちの先生が申し訳ないです。

トンビ服の男性が風魔を向いた。血走った目をしている。酒の勢いもあって鬱憤を爆発させた。

その時だ――
周囲から色が失せた。

再び色が戻った時、
風景は一変していた。
桜の花は消え、花見に来ていた市民もいない。公園は初冬の冷たい空気に包まれていた。

目の前にはトンビ服の男性の代わりに一体のアストラルが浮かんでいる。

【酔漢先生のアストラル】
どけ!
ええい、そこをどかんか!

貴様ら、国賊こくぞくどもめ!
天誅てんちゅうだ、天誅てんちゅうくだす!
私を何だと思うか!!

《バトル》

【酔漢先生のアストラル】
ふぅ、ふぅ、ふぅ……

一旦緩急いったんかんきゅうあれば、
義勇公ぎゆうこうほうじ!
臣民しんみん
ちゅうこうにぃ~
皇祖こうそ皇宗こうそう
くにはじむること宏遠こうえんに~

アストラルは震えながら消えた。
そこへ着信があった。

【着信 帆村魯公】
風魔、よく聞け!
お前だけが時間から離されている。
いや、むしろ違う世界にいるのか?
相手からはお前がちゃんと
見えていないようだったな。
長居は無用だ、すぐ戻るんだ。

第九章 第八話 必要なもの

〔山王機関本部〕

その朝、機関本部には興奮気味の新山眞にいやままことの姿があった。
霊式ヘテロヂン技術によって暗号が解読でき、芽府めふ須斗夫すとおの語る第七の予言が判明したのだ。

【新山眞】
とうとう解読できました!
【喪神梨央】
すごいです、新山さん!
それで何とあるんですか?
【新山眞】
ダイオウ
アラワレリ

【喪神梨央】
だいおうあらわれり?

新山はタイプ打ちされた用紙を見せた。

【新山眞】
大王現れり――
この予言の前の部分は……
【喪神梨央】
全地の主なる――
です、続けると、
全地の主なる大王現れり
【新山眞】
まさしく予言めいていますね。
第六の予言と繋げると――

日蝕ひくく明け新しき天地あめつちひらかれり
全地の主なる大王現れり

【喪神梨央】
日蝕にっしょくの日の明け方、
新しい天地あめつちひらかれて、
それを支配する大王が現れる――
【新山眞】
日蝕にっしょくは十二月二十六日の明け方、
まさにその時ですね。
【喪神梨央】
二十五日は先帝祭で祭日です。
山王さんのうホテルでもクリスマスの会が
もよおされます。
【新山眞】
パーティとかあるのですか?
【喪神梨央】
はい……
舞踏会ぶとうかい晩餐会ばんさんかいが予定されています。
大勢が参加します。
【新山眞】
異変がどこに起きるか不明な以上、
避難誘導ひなんゆうどうなどはできませんね――
【喪神梨央】
……
【新山眞】
山王さんのうにゲートがある限りは、
ここで何も起きないはずはない……

新山が危惧しているのはゲートの制御が効かなくなり、セヒラの奔流を招く事態であった。

【帆村魯公】
二十五日のうちに切り上げてもらう、
それがもっとも穏便おんびんな方法じゃな。
【喪神梨央】
あ、隊長!
――今、そのことで新山さんと……
【帆村魯公】
新山君の心配もごもっとも。
ただいたずらに騒ぎ立てるのも良くない。
【新山眞】
予言では二十六日を語ります。
前日のうちはまだ――
【帆村魯公】
パーティやらは、
早めに終えてもらうとしよう。
――それで大王がどうしたと?
【新山眞】
新しい世界をべる大王です。
それが現れるのだと――
大王とは何者でしょうか?

【喪神梨央】
帝都では度々たびたび、神曲が語られます。
地の底に氷漬けになるルシファー……なんだか気になります。
【新山眞】
しかし、帥士すいしの方も召喚師も、
まだルシファーの召喚は、
行えていないのですよね?
【喪神梨央】
ええ今のところは……
最近、独逸ドイツ勢の動きが、
読みづらくなってはいますが。
一度、虹人こうじんさんに、
近況を尋ねてみますね。

【帆村魯公】
新山君――
予言というのは、これですべてか?
【新山眞】
わかりません――
ただ、語り尽くされた感じはします。

【帆村魯公】
鏡の方はどうだね?
例のゼーラム何とかを塗った鏡だ。
【新山眞】
気密筐体きみつきょうたいにまだ煙が残ります。
もう少し時間がかかるかと――

ノックの音とともに九頭が姿を見せた。

【九頭幸則】
歩一、九頭くずです!
ちょっとした事件が――
顔をつぶされた死体が発見されました!!
【喪神梨央】
以前、似たようなレントゲン写真、
ありませんでしたか?
【新山眞】
沼津ぬまづの省線病院で撮られた、
顔を吹き飛ばされた怪人です。
中からが出たのではと――
【帆村魯公】
今では人前には現せない、
その仕組は保たれておるがな。
【喪神梨央】
幸則ゆきのりさん、顔のつぶされた死体、
どこへ運ばれたんですか?
【九頭幸則】
戸山とやま衛戍えいじゅ病院だ。
公務出動するのか?
だったら俺も同行するよ!
【喪神梨央】
気を付けてください!
公務電車、手配します!

九頭と風魔を乗せ、公務電車は一路戸山を目指した。

〔戸山衛戍病院〕

衛戍病院の前には軍用トラックが停まり、その脇に黒塗りの車もあった。白衣姿の医者、看護婦、玄関前を2名の憲兵が立哨に付く。

【九頭幸則】
なんだか物々しいなぁ……
ちょっと俺、
あの憲兵と話してくる。
怪人が運ばれたかも知れないって。

九頭は向かって左の憲兵の元へ。そこに別の医者がやって来た。白衣姿で頭には反射鏡を乗せている。

【猟奇的な医者Σ】
なかなか興味深い検体ですよ!
顔がつぶされている――

と思いきや、そうではなく、
あれは糜爛剤びらんざいの大量曝露ばくろによるもの。
目や口の粘膜ががり、
表にまで飛び出しています。
皮膚は方々で拘縮こうしゅくしています。
口が大きくゆがむのはそのためです。
内臓も酷い有様でしょう。
おそらく出血性肺水腫はいすいしゅ
消化器官に重篤じゅうとくな障害が
ありますね。
死後五時間というところ――
顔の一部は野良犬のらいぬに食われています。

九頭が駆け戻って来た。

【九頭幸則】
顔をつぶされた死体、
影森かげもりだと言うぞ!
影森愁一かげもりしゅういちだ――
一時、俺のお目付け役だった。
でも会ったことはない――
軍人かどうかもわからない――

目の前の医者の周りにセヒラが漂い始めた。

【猟奇的な医者Σ】
係留細線維けいりゅうさいせんいのプロテアーゼによる
分解によって
重篤じゅうとく水疱すいほう形状を招き、
角化かくか細胞や骨髄こつずい細胞で細胞死を生起!
ウハハハハハ~
その痛みは全身の皮を、
力任せにかれるかの如し!!

【九頭幸則】
風魔!!
注意するんだ!
こいつ、おかしくなってるぞ!

《バトル》

【猟奇的な医者Σ】
ルイサイトに大量暴露ばくろした例だ、
最高の検体ではないか!
捜査そうさなどさせないっ!

医者は斃れた。

【九頭幸則】
医者というのも困りものだな。
検体を独り占めしたいばかりに、
怪人になるなんて――

しかし影森かげもりとはまったく謎の人物だ。
その影森かげもりを誰が殺したんだ――
糜爛剤びらんざいきかけたりして。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
防疫研で奇妙な波形を確認しました!
急ぎ向かってください。
糜爛剤びらんざいはルイサイトかも知れません。
参謀本部が調査を引き継ぐそうです。
防疫研、一般中尉も同行されますか?

【九頭幸則】
ああ、一般も行くよ。
あと、このあたりの医者も、
全部しょっぴいたほうがいいな!

〔白金三光町〕

二人は公務電車で白金三光町電停へ向かった。電車通は静まり返っている。二人が電車を降りると、何十羽ものカラスが羽音を立てて飛び去った。

【九頭幸則】
なんだか不気味な雰囲気だ――
人の姿もないしなぁ。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
本当に奇妙な波形です――
注意してください!

二人は国立防疫研究所へ向かった。
かねてより仮構組織かこうそしきとの疑義のある施設だ。

〔国立防疫研究所・所長室〕

所長室の大きな机の前に白衣姿の柄谷生慧蔵が立っていた。

【柄谷生慧蔵】
ここにあった大きな市松人形、
あれは果たして何でしょうか?
気味が悪いので、
先ほど焼却炉しょうきゃくろてましたよ。

【九頭幸則】
あなたは……
ここの責任者の方ですか?
――この仮構かこうの場所の?
甘い匂いはしないようですが。

九頭の質問には答えず、柄谷は風魔を向いたまま続けた。

【柄谷生慧蔵】
軍人というのは単純ですね。
喪神さんは審神者さにわでおいでだ、
一線をかくしておいでなのでは?

九頭は前に踏み出し声を荒げた。

【九頭幸則】
おい、あんた!
我々は公務で来ているんだ。
いい加減なことを言っていると――

そのとき、柄谷はようやく九頭に気付いたというふうに九頭を向いて言う。

【柄谷生慧蔵】
私は山王さんのう機関の生みの親です。
帝都のセヒラ同定を受けて、
参謀本部に論文を出しました――
【九頭幸則】
すると、あんたが……
瑛山会えいざんかいの――
【柄谷生慧蔵】
その名前はあまり出さないほうが、
よろしいでしょうな。
私は一介の物理学者です。
森羅万象しんらばんしょうのすべてを計算で求める。
しかしそれでは真実は得られない――
存在と非存在の間には、
極めて曖昧模糊あいまいもことした空隙くうげきがある。
そこを貫く穴もあるはずです――
私はようやくそうした思いに至り、
内面にあるイメージも実は、
眼前に存在しうるのではと――
【九頭幸則】
何のことを言っているんですか?
もしやのことですか――
風魔たちが見ているという。
人の魂を食わせて作る人籟じんらい
その研究がここでなされていました。
それはご存知ですね?
【柄谷生慧蔵】
軍人にしては勘が鋭いですね。
人籟じんらいの材料になりそうな、
そういう怪人を期待したのですが。
実験にはおろかしい肉体も、
数多く必要なのですが――
別の手を考えますよ。

柄谷は教授のような口調になり続けた。

【柄谷生慧蔵】
さて、話を戻しますが、
心的なイメージから想起される、
幻視的な存在を表出させ得る――
その表出を見るためには、
見る側にも意識が必要なのです。
ある種の共犯関係ですな――
【九頭幸則】
似たようなことは帝都でも起きた。
銀座幻燈会げんとうえや人生よろづ相談――
憎しみや恐怖をあおてた。
怪人化をそそのかすような動き、
帥先そっせんヤと呼ばれて摘発てきはつを受けた。
それとどう違うんですか?
【柄谷生慧蔵】
新しい宗教の誕生、
とでも呼べばいいでしょうか?
信仰の対象を現すのですよ。
その瞬間に立ち会ってみては、
如何いかがでしょうか?

不意に柄谷は所長室を出て行った。

【九頭幸則】
待ってください!

九頭と風魔は柄谷を追って部屋を出た。柄谷はホールを横切り地下へと降りていくところであった。

〔防疫研究所処置室〕

処置室の奥には果たしてクルト・ヘーゲンがいた。
目を半開きにして明らかに様子が変だ。彼は車椅子に乗せられている――

【柄谷生慧蔵】
残念ですがこれは自失体ですよ――
クルト・ヘーゲンは自失した、
その実体、いや元の実体ですね。
状態としては前頭葉ぜんとうようが無くなった、
それと同じでしょうか――
欲望に正直なのですよ。

さぁ、クルト、
聞こえる言葉は何ですか?

【クルト・ヘーゲン】
きみジーのあまいしずくトロプン
はちみつリーブリング――
はちみつリーブリングがなくなる!
【柄谷生慧蔵】
君とは誰かね、クルト?
【クルト・ヘーゲン】
はんすHANS――はんすHANS――
ぼくのきみジー――
はんすHANS――
【柄谷生慧蔵】
クルトよ、黒胆汁くろたんじゅうの主よ、
さぁ、求めるものを思え!
戻らない日々を思え!
【クルト・ヘーゲン】
ううう……
はんすHANS……はんすHANS……
ぼくらはふたりミッツ――

クルトがたどたどしく話し終えるや、彼の顔の前に小さなセヒラの球が現れた。

【柄谷生慧蔵】
クルトよ、これがそうではないかな?
君の求めてやまない想い出――
ハンスの持ち物!
【クルト・ヘーゲン】
これは……てちょうノーボク……
はんすHANSの……てちょうノーボク……
ぼくのにがおえポートレイ……はんすHANSがかいた!
【柄谷生慧蔵】
そうとも!
バーデン国家青年団で支給された、
ハンスの手帳だ!
ハンスは親愛のあかしに、
この手帳に君の似顔絵にがおえを描いた。
絵のうまい子だったのかな?
これを君に授けよう。
いろいろ蘇ることだろう。

柄谷がさっと両手を広げた。するとセヒラの球は真っ赤な炎に包まれた。

【クルト・ヘーゲン】
やめろ!
もやすな!!
はんすHANSの……てちょう……

上体を小刻みに震わせるクルトの背後にアストラルが現れた。アストラルは膨張と収縮を繰り返している。

【クルト・ヘーゲンのアストラル】
貴様!
兄殺しを私になすけ、
まだ何を望む?
【柄谷生慧蔵】
ついに出ましたか!
あまりにも強い念が、
アストラルを表出させましたね!
【クルト・ヘーゲンのアストラル】
ここにを降ろし、
貴様をなぶり殺してやる!!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
整えてください!!

《バトル》

【クルト・ヘーゲンのアストラル】
糞!
山王さんのう機関の猿と戦うつもりはない!

柄谷がらたに
貴様をどこまでも追ってやる!
覚悟しておけ!

アストラルは回転しながら消えた。柄谷は消えたアストラルをあたりを見ている。

【柄谷生慧蔵】
その調子です、いいですよ――
まされた憎しみは、
濃厚セヒラの中で悪の実体を呼ぶ。
兄の研究ノートが正しければ――
【九頭幸則】
今のは一体どういうことですか?
【柄谷生慧蔵】
ほんの小手調べですよ、
まだ本番はこれからです。
【九頭幸則】
何を言ってる?
ヘーゲン召喚師はどうなった?
【柄谷生慧蔵】
これはがらですよ。
日本人はせみがらにも美を求む。
あながちてたものじゃないですよ。

九頭は車椅子のクルトに向かって声をかけた。

【九頭幸則】
おい、意識はあるのか?
聞こえるか、俺の声が?
【クルト・ヘーゲン】
あう……あう……あう……
はちみつリーブリング……

【柄谷生慧蔵】
さぁ、もうこれくらいでいいでしょう。
彼にはまだ仕事があるのです。
大事な仕事がね――

風魔に一瞥をくれた後、生慧蔵はクルトの乗る車椅子を押して出て行った。

梨央りおからの無線でゲルハルト・フォス大佐を、品川駅前から警護するよう公務指示があった。
独逸ドイツ大使館からの要請だという――
影森愁一かげもりしゅういちのことを刑部おさかべ大佐に報告すべく隊に戻る九頭くずと別れ、風魔ふうまは品川へ向かった。

〔品川駅前〕

【着信 喪神梨央】
ユーゲントが出迎えるみたいです。
大佐は間もなく到着します。
船は花鳥玲愛カトレア丸でした――

交信が終わった時、大型の車が滑り込んできた。

【ゲルハルト・フォス】
ヘル! モガミフーマ!
君の警護を受けられるとは、
実に光栄の極みだ――
無粋ぶすいなSS隊員は行かせたよ。
フフフ――
ナチ党は何でも知りたがる。
独日どくにちは来年にでも協定を結ぶ。
君は同盟国の公務として、
私のことを余さず伝えてくれ――

それとも――

そうか!
君たちが使う無線で、
私の話はすべて伝わるのだな――
いいだろう――
いずれにせよ、そろそろ潮時しおどきだ。
それに私はあと一息なのだ。
愈々いよいよ、完成の域に達したからな!

フォス大佐は横浜港への入港直前に、アルツケアンを体内に取り込んだと語った。
蟻走痒感府ぎそうようかんふのカーンから入手したものだ。

【ゲルハルト・フォス】
カーンは私にたくしたのだよ。
第四帝国の総統として、
広大な欧亜ユーラシア大陸を統べることをね。

第三帝国は多くの爆弾を抱える。
各国の利欲がくすぶり続けるからな。
しかし欧亜ユーラシア大陸は違う。
まったくの新天地なのだ!

これから前祝いだ!
シナガワのレストランに向かう。
君も同行したまえ――

フォスは徒歩で品川遊郭に向かうようだ。風魔はフォスのやや後ろに付いた。

【着信 喪神梨央】
大佐はおそらく、
帝都のセヒラを確認して、
アルツケアンを入れたのです。
そのほうが効果が高いそうです。
公務、続行してください。

〔品川遊郭〕

暮れなずむ品川遊郭。長塀に添ってユーゲントが等間隔で立っていた。

【ゲルハルト・フォス】
アルツケアンは、
世界のどの聖石にもおとらないだろう。
フリジアのペシヌスにある太母の石、
ヘリオガバルス皇帝が、
ローマに持ち帰ったエメサの石――
メッカはカアバ神殿に置かれた石。
いずれも磁石である。
――北極星を指すことはあるが……

アルツケアンは北極星から来た。
至高の神のもとからやって来たのだ!
いや至高の神そのものなのだ!
仰ぎ北極星を見上げるがいい。
大熊座、小熊座が四季ごとに現す、
宇宙の意志、大スワスティカを!
あれこそアーリア人の起源を示す。
大スワスティカは調和であり永遠だ。
たゆまぬ宇宙の運動へと意思を繋ぐ――
私の精神は宇宙の至高の極みに向き、
永遠の呼応を約束されたのだ!!

間もなく私は完全体となる。
新帝国を統べる完全なる総統コンプレットヒューラーとなる!
そろそろ食事の時間だ――

長広舌を終えるとフォスは遊郭へと入って行った。

〔遊郭廊下〕

【ゲルハルト・フォス】
大使館には余すこと無く伝えたかな?
完全体になれば、
誰も私に手出しはできない。
親衛隊長のヒムラーでさえな!

ところで、モガミフーマ――
このトウキョウに、
ヒムラーの間諜かんちょうがいるらしいな。
長官の股肱ここうしんに、
裏切る者がいると――
その者はトウキョウと関係が深い。
疑う者は悲しき存在だ。
自ら疑念のうずに巻き込まれるのだ。
私は信じた――
桃源郷を信じ、アルツケアンを信じ、
だからこそカーンは私にたくした。
もっともカーンは、
SS特務部隊の侵攻に恐れを為した、
そういう見方もあるがな。

廊下の奥から一人の遊女が現れフォスの前に立ち、端唄の節回しで歌った。フォスはリズムを取りながら聞き入っている。

【遊女櫻木】
心でとめて帰す夜は 
可愛いお方のためにもなろと
泣いて別れて又御見文字ごげんもじ
猪牙ちょき蒲団ふとん夜露よつゆれて
あとは物憂ものうき独り寝するも
ここが苦界くがいの真ん中かいな

フォスは遊女とともに廊下の奥に消えた。

〔品川遊郭〕

遊郭を出ると一人のユーゲントが素早く風魔に寄ってきた。

【嵯峨野丸】
ニ〇、一五――ニ一、四五、
唱歌、演説、余興!
ニニ、◯◯、
消灯、就寝!

――全部言わないとね、
何だか気持ち悪くって。
これ、幼年学校の時間割だね。
もう君とは戦わないよ。
アプドロックが解けたみたいだ。
不思議な気分だよ――

二人のもとにユリアがやって来た。

【ユリア・クラウフマン】
フォス大佐のことは聞きました。
彼は完全に踏み外しています――
私、心配で……
本国に問い合わせてみました。
フォス大佐のこと――
フォス大佐、爵位しゃくいを奪われて、
奸計かんけいめた弟に復讐したのです。
反逆者の汚名を着せて――

フォス大佐はシュタイナー家の長男だった。
弟の奸計かんけいめられ、爵位しゃくい剥奪はくだつされる。
弟はエルヴィン・シュタイナー――
SS上級大佐の地位にあった。
その弟が突撃隊員と男色関係にあり、
フォス大佐はそれを利用したのである。

【嵯峨野丸】
エルヴィンはフォス大佐を
追い出すために嘘を付いた。
大佐が別の男性の子だと父に告げ、
疑り深い父は大佐を追い出すことで、
自分に答えを出そうとした。
ゲルハルト・シュタイナー男爵だんしゃくは、
文具商のフォス家の養子になった。
ゲルハルト・フォスの誕生さ。
【ユリア・クラウフマン】
フォス大佐はシュタイナー家を告発、
一家はSS武装部隊の粛清しゅくせいを受け、
屋敷には火が放たれた――
【嵯峨野丸】
長いナイフの夜――
去年の出来事だよ。
シュタイナー家はなくなったのさ。
【ユリア・クラウフマン】
あなたはどこでそれを知ったの?
【嵯峨野丸】
何日か前だよ。
先のアプドロックのときに、
一緒に入ってきたんだ。
【ユリア・クラウフマン】
きっとフォス大佐が、
そのことを思い出したのね――
【嵯峨野丸】
かも知れない――
今は解けているよ、アプドロック。
【ユリア・クラウフマン】
そうみたいね。
コージンに指揮を任せましょう。
彼も張り合いが出るでしょう。

【着信 喪神梨央】
四谷見附に向かってください。
猟奇倶楽部りょうきくらぶから招待が来ました。
隊長と合流してください。

〔四谷見附〕

公務電車は四谷見附で停まった。町は普段通りの賑わいを見せていた。
電車を降りる風魔を魯公が待ち受けていた。

【帆村魯公】
どういう風の吹き回しか、
猟奇倶楽部から招待が届いた。
特別のもよおし――
招待状にはそうあるだけだ。
開催は本日になっておる。
前に本部に届いたのと同じ封筒だ。

今度もさそいに乗ってみる――
ただ、前回と違うのは、
探信儀たんしんぎを新しくしたことだ。
この探信儀たんしんぎを使うんだ、風魔。

そう言うと魯公は携行式探信儀けいこうしきたんしんぎを取り出した。
これまでのと見たところ変わりはない。

【帆村魯公】
それは新山君が、
帝国電工製真空管に変えたもので、
探信たんしん力が高まっておる。
猟奇倶楽部は探信儀たんしんぎの空白域にある。
一探、ニ探、四探、六探――
それぞれの探信儀たんしんぎの範囲外だ。
携行式けいこうしきの性能を上げて、
なんとか場所を突き止めたい。
それがこの公務の目的だ。
じき、迎えの車が来る。
無理はするなよ、風魔。

四谷見附の省線を見下ろすところに立つ風魔。そこへ一台の車が近づき停まった。ドアが開き、黒服の男性が降り立った。

【黒服の男】
お待ちになりましたか、
喪神もがみ風魔ふうまさま――
さぁ、ご案内します。
――車へお乗りください。
例によって目隠し、
させていただきます。
きまりはきまりですから――
ご協力有難うございます。
それでは参ります――

迎えの車は例によって幾度いくたびも角を曲がり、坂を登ったり降りたりを繰り返し、やがて速度を増して走り出した。
突然、急ブレーキの音とともに停車した。ドアの開く音がして、何人かの靴音もする。
風魔は車を降りた――

車は路地裏のような狭い道に停まっている。前にはもう一台の車があった。風魔と黒服の男は、三人の黒頭巾姿の人物に取り囲まれた。

【黒服の男】
一体、何事ですか?
車の前に飛び出すなんて!
あなたたちは、もしかして――

うわぁ~~~

目にも留まらぬ速さで黒頭巾が黒服の男を突き飛ばした。そして風魔を向いて言う。他の黒頭巾も寄ってきた。

【真光の大元老Σシグマ師】
我々を締め出して、
ぜんたい、どういう了見りょうけんですか?
あなたは何を知るのですか?
【永久の聖石工長Γガンマ師】
我々には高位の会員としての、
プライドがある――
わかりますか、プライドだ。
今日のもよおしのことなど、
何も聞かされていない。
なのにあなたは招待されている――
【真光の大元老Σ師】
おかしいではないですか?
筋が通りませんねぇ――
【永久の聖石工長Γ師】
特務機関の人間が、
果たして猟奇倶楽部に何用だ?
一体、何を計画している?
【暗黒の凱旋がいせん将軍Δデルタ師】
秘匿ひとく中の秘匿ひとくというわけですね。
これは無理にでも聞き出すしか、
なさそうですね。

我慢は美徳と教わりましたが、
今日はたがはずしましょう!!

《バトル》

【暗黒の凱旋将軍Δ師】
一体、何を隠している!
我々を出し抜いて――

黒頭巾は斃れた。

【真光の大元老Σ師】
仕方ないですね――
車はもう一台出ています。
【永久の聖石工長Γ師】
品川駅か?
【真光の大元老Σ師】
あちらには二人向かいました。
東方の黒騎士長Δデルタ師と、
大階段の審判長Λラムダ師です。
【永久の聖石工長Γ師】
なら大丈夫だろう。
【真光の大元老Σ師】
しかしΔデルタ師が、リードボーで、
食あたりとなり不参加かも……
【永久の聖石工長Γ師】
何だと?
なら我々が行くしかない!
急ぐぞ、Σシグマ師!

そう言うや2人の黒頭巾は走り去った。それを見計らうかのように先程の黒服の男性がやって来た。

【黒服の男】
いやぁ、何でしょうか、
あの乱暴狼藉らんぼうろうぜきぶりは!
私はね、喪神風魔さん、
より高位の会員から
仰せつかっているのですよ。
さぁ、参りましょう。
また目隠し――
もうご自分でお願いします。

再び車は走り出したが、
ものの五分ほどで猟奇倶楽部に到着した。風魔は案内を受けながらホールに入った。

〔猟奇倶楽部〕

猟奇倶楽部のホールは、以前と同様、
かすかに乳香にゅうこうの香りがしていた。
他に人影はなく静まり返っている。

ホールの端、大きく開いた開口部からフォスがやって来た。

【ゲルハルト・フォス】
君はよほど仕事熱心と見える。
そうではないか、モガミフーマ!
クラブの迎えがシナガワに来る、
そう知らされてね――
もちろん食事は済ませたよ。

君に届いた招待状はどうだ?
私のにはシュタイナー家の紋章もんしょうが、
それは美しく印刷されていた。

ユリアの話ではフォスは家を追われた身だ。
その家こそがシュタイナー家である。

【ゲルハルト・フォス】
長いナイフの夜、
シュタイナー邸は焼かれてしまった。
両親と弟は炎を恐れなかった――
なぜなら、屋敷が燃える前に、
SS隊員に処刑されていたからだ。
弟エルヴィンは爵位しゃくいを持つために、
とても出世が早かった。
死んだ時はSS上級大佐だった。

エルヴィンは突撃隊員のハンスと、
男色の関係にあった――
あの田舎出の青年と仲睦なかむつまじくね。
弟が反逆思想に染まるのに、
そう時間はかからないだろう。
どうだ、違うかね?

ここのクラブが何を知るのか、
私にはわからないが、
あの紋章が意味するところは――

完全なる総統コンプレットヒューラーを前にして、
是非ぜひ埋めておきたい小さな穴――
完全体に穴は不要だからな!
【???】
大佐にはご用意がありますよ――

その声の後、黒頭巾くろずきん姿の人物が、
ホールに姿を見せた。

【従順なる隸Θしもべシータ師】
シュタイナー家の紋入りのカップ、
私の手元に残りますよ。
世界でただひとつの品です。
【ゲルハルト・フォス】
何だと?
あの紋入りのカップを持つのか?
それは本物か?
【従順なる隸Θ師】
ご自分の眼で、
お確かめになっては如何ですか?
付いてきてください。

黒頭巾姿の男は廊下に入り、
小さな部屋へ二人を案内した。
隣の部屋がガラス越しに見えている――

〔猟奇倶楽部・控室〕

【従順なる隸Θ師】
さぁ、大佐――
あなた自身を示すものを、
ご確認ください。
【ゲルハルト・フォス】
カップはどこにあるのだ?
この部屋には見当たらないぞ。
【従順なる隸Θ師】
隣の部屋ですよ、大佐。
さぁ、そこの扉から入ってください。

うながされてフォス大佐は隣室へ入った。
黒頭巾の男は扉を閉めかぎをかけた。
しばらくして時計がかねを打つ音がする。

フォスが入っていた扉の両脇にガラス窓があり、部屋の中を見ることができる。その部屋の壁際には伝声管のような管が突き出し、脇に何かの装置があった。フォスは部屋の中央に佇み、その目は宙を泳いでいた。

【ゲルハルト・フォス】
おおお!
これは……私のカップだ!
すべてをなくした私に、
唯一ゆいいつ残されたカップだ――
このカップで私は埋まる!

時計のかねは十二回鳴り、
さらにもう一度、打った。
かねは十三回鳴った――

【ゲルハルト・フォス】
あああ!
どうしたんだ!
私のカップが!!

何故だ?
なぜカップを……
割ったのだ!!

貴様――
殺してやる!

フォスがこちらを向く。両手をガラス窓に叩きつけている。

【従順なる隸Θ師】
これから濃厚セヒラを圧縮します。
喪神さん、愈々いよいよですよ!
本番です!
この館にはセヒラを圧縮する
装置が用意されています。
セヒラは大佐のいる部屋に出ます。

フォスのいる部屋にある伝声管のような管からセヒラと思しき気体が吹き出した。部屋は見る見る紫色に染まった。

その時である。フォスの体からアストラルが表出した。フォスの体は浮遊するかのように揺らいでいる。そしてもう一体、アストラルが現れた。2体のアストラルはセヒラの満ちた部屋で対峙している。

【クルト・ヘーゲンのアストラル】
暗闇の中、こうとした灯りが見えた。
それがこの場所なのか!
ハンスの名を呼ぶのは誰だ?

【ゲルハルト・フォス】
――あう……あう……うう……

【ゲルハルト・フォスのアストラル】
あの男色青年のことか!
弟のエルヴィンとよろしくやって、
共に粛清しゅくせいを受けたハンスのことか!
【クルト・ヘーゲンのアストラル】
貴様か!
ハンスをめたのは!

2体のアストラルは激しく打ち震えている。やがて濃縮セヒラによって部屋は深海のように暗闇に包まれてしまった。

第八章 第一話 桃源郷の噂

〔山王ホテルロビー〕

翌週にひかえた中秋ちゅうしゅうの名月を前に、山王さんのうホテルでは名月鑑賞会の準備が進む。心なしか普段より人の出入りも多い。
そんなおり、ホムンクルスと思しき波形が、頻繁ひんぱんに確認されるという。梨央りお風魔ふうまはホテルで様子を探っていた。

【喪神梨央】
今年は十二日だそうですよ、
中秋ちゅうしゅうの名月。
来週の木曜日ですね――
中秋ちゅうしゅうの名月といっても、
九月に入って、ずっと残暑続きです。
――それに……
ホムンクルスの波形、
しょっちゅう観測します。
お月見の気分じゃないですね。

【帆村魯公】
どうしたんだ、二人とも。
ここで怪人でも待ち構えるのか?
【喪神梨央】
隊長、ホムンクルスを観測します。
赤坂、市ヶ谷、四谷よつやでです。
独逸ドイツは何を計画しているのですか?
【帆村魯公】
こら、大きな声を出すな!
――こっちへ来い。

魯公はロビーの隅へ移動した。一同は魯公に続いた。

【帆村魯公】
おそらく猟奇りょうき倶楽部くらぶだ。
ホムンクルスが警戒している――
独逸ドイツ大使館としては、
何ら命令を発していないそうだがな。
【喪神梨央】
そうだと思いました。
祇園丸ぎおんまるさらったのも猟奇倶楽部、
そうじゃありません?
ユリアさんのフロイラインも、
きっと猟奇倶楽部の仕業です。
兄さんが猟奇倶楽部に招かれたとき、
私が風邪さえ引かなければ……
【帆村魯公】
いつまでもくよくよするんじゃない。
それに探信儀たんしんぎの空白地帯であれば、
倶楽部の所在はつかめないぞ。
猟奇倶楽部については、
参謀本部もやや苦労しておる。
【喪神梨央】
え? そうなんですか?
【帆村魯公】
連中がホムンクルスを付け狙い、
秘密の漏洩ろうえいでも起きたら一大事だ。
それで頭を悩ませておる――
【喪神梨央】
取締りとりしまとかできないんですか?
特高や憲兵を動かして――
【帆村魯公】
それがな、どうやら猟奇倶楽部には、
かなり上のほうと繋がりがあって、
簡単にはいかんそうじゃよ。
【喪神梨央】
上の方って……
猟奇倶楽部がですか?
【帆村魯公】
もうすこし調べが必要だな。
風魔ふうま、今日の公務は、
どうなっておる?
【喪神梨央】
ひとまず赤坂界隈かいわいです。
ホムンクルスの波形が気になります。
私、探信室たんしんしつに戻ります。

【帆村魯公】
例の瑛山会えいざんかいに上層部と繋がる、
そういう人物がいるようだ。
聖宮ひじりのみや親王にそれとなく尋ねてみよう。
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
山王下さんのうしたにセヒラ観測しました。
確認お願いします!

〔赤坂街路〕

高女こうじょ英語教師】
今、ここ歩いて行った人、
まるで蝋細工ろうざいくのようでしたよ!
しかも無表情で……
大きな声じゃ言えませんけどね、
うちの飯山いいやま先生もあの手合てあいですよ!
じっとりと皿のような目でね、
お気に入りの女生徒を見つめる――
あの目で見られたらね、あなた、
誰だって動けやしません!

乗合のりあい車掌】
さっきの人、前に乗合のりあいにいた
お客とそっくりよ!
そのお客、声掛けも何もなしに、
他のお客さんを押しのけて、
乗合のりあいの出口に行こうとするの。
だから、一声ひとこえおかけくださいまし、
そう言ったのよ――
そしたら私をすごい目でにらけて、
レーベン、フォイヤー、トート、
トート、トートって言うのよ。
気色悪いったら、ありゃしない!

【麻縄業の男】
さっきの奴、アレだな、臭いだな……
うん、思い出したぞ!
そうだ、そうだ!
いつぞや、富山の方で食った、
斑鱶まだらぶかの塩辛、あれと同じ臭いだ。
臭いのは皆同じ臭いなんだよ!

【レーベンクラフト二〇八】
レーベン! レーベン
フォイヤー!  クリンゲ
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
ホムンクルスの波形です。
初期型ですが注意してください!

《バトル》

【レーベンクラフト二〇八】
凍るフリーレン……凍るフリーレン……
トート! トート! トート

【ゲルハルト・フォス】
正直は最良の策というではないか。
私は常に心がけているんだよ、
自分に嘘がないようにとね。
君が倒したのは果たして初期型だね、
モガミフーマ――
これはとんだ失礼をした。
初期型ホムンクルスは見境みさかいがない――
もっとも強い警戒状態にあるようだ。
そのせいか過敏になっている。
どうもこのトーキョーには、
我が子を狙う一派があるらしい。
秘密の漏洩ろうえいは防がねばな。
我が子らは互いにシンクロする。
天敵に襲われたはちのように、
たがいに情報をやり取りする――
その機能が元からそなわるものか、
後で身に付けたものかは知らない。
ユリアならくわしいだろうが――

さて、モガミフーマ、
我がアーネンエルベにお招きしよう。
この国では友に恵まれるらしい。
新しい友だ、客人として呼んでいる。
君にも引き合わせるとしよう。

フォス大佐にいざなわれ、独逸ドイツ大使館の車で、アーネンエルベ極東分局に向かった。連れてこられたのは地下の集会室であった。

〔アーネンエルベ地下〕

【ゲルハルト・フォス】
そろそろ来る頃だ――
マンシュウで活躍する人だよ。

その時、アーネンエルベ集会室にやって来た人物があった。

【ゲルハルト・フォス】
少し、はずしてくれないか。
【武装SS隊員】
ハイル――
【ゲルハルト・フォス】
ここではいいんだ。

ナチ式敬礼をしかけたSS隊員は、かかとを鳴らして回れ右をして出ていった。

【ゲルハルト・フォス】
ようこそ、我がガルテンへ。
ヘル、リー、リーチンミン!
こちらがモガミフーマだ。
【李景明】
モガミ、フウマさん――
初めまして、景明けいめいです。
日本読みで憶えてください。
【ゲルハルト・フォス】
確か、満鉄調査部だったかな?
【李景明】
ええそうです。
大佐のアーネンエルベとは、
近い部署かもしれません。
【ゲルハルト・フォス】
それでは聞くが、
調査部でもつかんでいるのかね、
例の桃源郷キサナドゥのことは?
【李景明】
烏魯木斉ウルムチまで調査隊を派遣して、
回教徒かいきょうとらから聞き取りを行いました。
およそのところは掌握しょうあくしています。
興亜こうあ日報がどうやってぎつけたのか
それはわかりかねますが。

地下の桃源郷とうげんきょうとされる蟻走痒感府ぎそうようかんふについて、興亜こうあ日報は特報として派手に報じたが、具体的なことは何も示されなかった。

【ゲルハルト・フォス】
お二人に聞いて欲しいのだがね、
私は夢は寝て見るものだと思う。
起きては現実に向き合うことだ――
ローマ帝国、神聖ローマ帝国、
そして我が第三帝国。
国家建設は一朝一夕いっちょういっせきにはいかない。
しかもヨーロッパの連中は、
まったく足並みがそろわない。
自国の利益にばかり気を取られて――
ヨーロッパなどはこの際捨てて
桃源郷キサナドゥを首都として、
第四の帝国建設を企図きとするところだ。
李景明リ ケイメイ
満蒙まんもうからカザフスタン、ペルシア、
さらにはカスピ海へ抜ける
回教かいきょう国家をまとめるのですね。
その場合、露西亜ロシアの領土を
一部貫くことになります。
何分、手強い相手です。
【ゲルハルト・フォス】
ソビエトは信じきっているよ。
我が国が戦争を仕掛けないことをね。
不可侵ふかしん条約の準備も進んでいる――
李景明リ ケイメイ
相手を油断させておく、
そういうことなんですね。
もしや露西亜ロシアに侵攻する計画も?
【ゲルハルト・フォス】
電撃戦でんげきせんは我が方の得意とするところ。
今は静かに時機じきを見ているのだろう。
鉄の心を持つSS装甲師団LSSAHがな。
――モスクワを叩けば道は開く。
そこは総統ヒューラーと同じ考えだ。
李景明リ ケイメイ
では、大佐の構想というのは……
【ゲルハルト・フォス】
の現実なのだよ。
私にはいくつも現実はいらない。
ただひとつの現実さえあればな。
アーネンエルベを、
北満ほくまんのハイラルに開く。
桃源郷キサナドゥ探しに本腰を入れるつもりだ。
おりよくアーネンエルベ本部の、
フンメル博士の論文も発表された。
神智学しんちがく的視座から同定する先史アーリア人の中央アジアにおける優生民族的実存の痕跡こんせきリストという標題だ。
李景明リ ケイメイ
大佐、満鉄調査部の方でも、
出来る限りお手伝いさせていただき、
大佐の計画が進むようはからいます。
【ゲルハルト・フォス】
また会える日を楽しみにしている。
――私はこれで失礼するよ。

フォス大佐は優雅に体をひるがえして集会室を後にした。

李景明リ ケイメイ
私はここに残ります。
近く朝鮮に渡る予定があります。
またお会いしましょう、喪神もがみさん。

〔独逸大使館〕

独逸大使館前は緊張した空気に包まれていた。
歩哨のSS隊員たちが侵入者を発見したのだ。

【武装SS二等兵】
侵入者アインドリンリンだ!
【武装SS軍曹】
ここは立入禁止カインツートリットだ!

二名のSS隊員は瞬く間にたおされてしまった。
猟奇倶楽部の会員と思しき黒頭巾姿の人物が音もなく現れた。

【堕天使の先導者Δデルタ師】
逃げ足の早い奴です!
何とか一体でも……
――私の階位がかかっているのです!
邪魔しないでください!
これ以上、階位を下げるわけには……
あああああ、くそっ!!

《バトル》

【堕天使の先導者Δデルタ師】
あああ……残念です……
階位一位の方がお見えだと言うのに、
私は階位九十八位のままだ――
【着信 喪神梨央】
急なことで間に合いませんでした!
申し訳ありませんでした。
お知らせしたいことが――
【着信 帆村魯公】
金ノ七号きんのしちごうが行方不明なんだ!
市ヶ谷で消息しょうそくを絶った。
公務電車を回す、急いでくれ!
【着信 喪神梨央】
独逸ドイツ大使館を出るのは確認され、
金ノ七号帥士きんのしちごうすいしは心ここにあらず、
そんな様子だったそうです。
心配です、
何とか見つけてください。

〔市ヶ谷見附〕

【鈴蘭女学生典子】
秋桜コスモスごとくの妙子たえこ様。
先程の、はたして虹人こうじんさまでは?
筆名、白金江しろかねこう虹人こうじんさまなのでは?
【鈴蘭女学生妙子】
あら、雛菊ひなぎくのような私の典子のりこさま!
虹人さまで遊ばされたら、
私たち、どういたしましょう?
【鈴蘭女学生典子】
君影会にお伝えしなければ。
【鈴蘭女学生妙子】
でもまだ虹人さまと、
決まったわけでは――

【八紘油脂のサラリーマン】
どうしたんだい、さっきから。
君たち、もしや、あのハンサム君に、
やられちまったのかい?
【鈴蘭女学生典子】
あら、何ですの?
ハンサム氏には興味なくってよ!
【鈴蘭女学生妙子】
そうよ、ハンサムかどうかなんて、
関係ないですわ。
ようは美しいかどうかですわ。
【八紘油脂のサラリーマン】
彼、西洋人のようだったけどね。
大きく見えたけど、半ズボン姿だし、
君たちには小さすぎかな。

聖橋にはしゃがみ込む虹人の姿があった。
風魔を認め、虹人の傍から金髪碧眼の少年が近付いてきた。

聖護院丸しょうごいんまる
喪神もがみさんですね!
虹人こうじんさんを無事に保護しました。
行き先も告げず、ふらふらと、
まるで何かにいざなわれるように――
そして、うつろな表情をして、
この橋の欄干らんかんに寄りかかって――
身投げでもするんじゃないかと案じ、
駆け寄り介抱かいほうしたのです。

【帆村虹人】
風魔ふうま――
お前から僕はどう見えている?
この間、執筆を再開しようと、
久しぶりにペンを取ったんだ。
その瞬間、僕は白金江しろかねこうに支配された。
何の気なしに付けたペンネームが、
いつの間にか大きく育っていたんだ。
白金江しろかねこう秋宮あきみやの小説を、
最後まで完成させていた。
――僕はそんなの絶対に嫌だ!
僕が夢現ゆめうつつの時に白金江しろかねこうが執筆した、
そうに違いないんだ。
僕はその原稿用紙を焼き捨てた!!
【聖護院丸】
確かに大使館の談話室の暖炉に、
焼かれた原稿用紙がありました。
【帆村虹人】
僕はあのペンネームを捨てる。
そうさ、僕は僕だ、誰でもないんだ!
【聖護院丸】
もしかして虹人さん――
ペンネームを捨てるために身投げを?
この橋の下には省線が走ります。
【帆村虹人】
――わからないよ……
でももう大丈夫さ。
とっておきの話を思いついた。
白金江しろかねこうが考えもしなかった話さ。
僕は自分の名前で執筆するよ。
【聖護院丸】
それはよかったですね――

その時である。聖護院丸に異変が生じた。聖護院丸は急にしゃがみ込み、苦痛に顔を歪めている――

【帆村虹人】
おい!
どうした?
――聖護院丸しょうごいんまる、しっかりするんだ!
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
仮面の男情報です!
場所は四谷よつやです!
【帆村虹人】
僕は聖護院丸しょうごいんまるる。
風魔、仮面の男、頼むぞ!

〔四谷街路〕

仮面の男の通報で向かった四谷よつやの町は、一騒乱ひとそうらんあったかのような異常さであった。
果たして仮面の男はいかに――

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
非常に不安定な波形を観察!
仮面の男かどうかわかりません。

無線の後、どこからともなく声がした――

【???】
何をしたのかね?

答えるんだ!
お前は何をした?

辺りが一瞬暗くなったかと思うと、仮面の男が音もなく降り立った。
強いセヒラを全身に漂わせ、それはまるで帯電しているかに見えた。

【仮面の男】
せっかく新しい異能者、月詠つくよみ麗華れいかと、
真の連合を築こうとしていたのに。
私たちは皆、中途半端な存在だ。
多くの必要を欠き、それをつくろい、
なかば自分をだまして生きている。
月詠つくよみ麗華れいかは欠点だらけだ。
私はその欠点にかれるのだ――
あの女の覚醒かくせいはまだ完全ではない。
私と繋がることで、限りなく、
高みへと上りゆくはずだ――

【仮面の男】
お前は何をした?
時空じくう狭間はざまに身を隠していた私を、
この白日はくじつもとに引き出すとはな!!

仮面のから発せられる苛立ちが、辺りの空気を震わした。

【仮面の男】
いいだろう――
お前と対峙たいじするのは何度目だ?
自分を見失うでないぞ!

《バトル》

【仮面の男】
フハハハハハ~
いい気分だ、実に素晴らしい!
結託けったくしているのかね。
まさか心を通わせているとでも?
――あの郭公かっこう時計職人の息子と。
二人とも心に妖精を飼うのかな――
フフフ~
楽しみがまた増えたな――
私はいさぎよ退くとしよう……
時空じくう狭間はざまにね。
あそこを家として力を送ろう。
この世界を動かすかもしれない力を。
ワハハハハハハハ~

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
不定形な波形、消えました。
本部へ帰還してください。

〔山王機関本部〕

【喪神梨央】
兄さん――
ユリアさんがおいでです。
【ユリア・クラウフマン】
今日の現象ですが――
あれは大型波動グローサベッレというものです。
広範囲に渡り、ホムンクルスの
自律係数じりつけいすう一斉いっせいに引き下げる波動を、
帝都に放ったのです。
【喪神梨央】
聖護院丸しょうごいんまるの……
ユーゲントの自律係数じりつけいすうは三・八、
それが下がったんですね。
【ユリア・クラウフマン】
ホムンクルスは警戒しています。
自分たちを狙う連中に対して――
その警戒心が伝わっているのです。
【喪神梨央】
帝都にいるホムンクルスすべてに、
それが伝わっているのですか?
【ユリア・クラウフマン】
おそらくは……
それで起きる不要な戦いを避ける、
その目的で大型波動グローサベッレを発したのです。
大型波動グローサベッレ、父の助手だった、
ユルゲン・フェラー博士が研究し、
開発を進めていたものです。
全ホムンクルスに攻撃指令を出す、
そういうこともできる仕組みです。
今回は実験をねているのかも――
【喪神梨央】
アーネンエルベで、
いったい何が起きているのですか?
不協和音のようなものを感じます。
虹人こうじんさんと聖護院丸しょうごいんまるは、
四谷よつやから無事に戻ったようですが――
【帆村魯公】
フォス大佐は、
なかなかのロマンチストのようだな。
【喪神梨央】
大佐が興味を示す桃源郷とうげんきょうですか?
新聞にも載っていましたよ。
遠く烏魯木斉ウルムチの近く――
青白い肌のカーンが統治する町、
ありと共存するのだそうです。
【帆村魯公】
わかっておるのは、それだけだな。
町の写真とかそういうものはない――
【喪神梨央】
はい、写真はありません。
新聞もいつもの興亜こうあ日報ですから。
桃源郷とうげんきょうか! の後に小さな?が。
【帆村魯公】
うむ……だが、その発掘のために、
北満ほくまん海拉爾ハイラルにアーネンエルベの、
分局をもうけるというんだな。
【喪神梨央】
アーネンエルベにいろいろ動きが――
やはり、そうなんですよね?
【帆村魯公】
第四帝国がどうのとも言っておった。
総統フューラーからすると邪魔くさい話だ。
さては誰かが仕込んだか――
【喪神梨央】
ユリアさんはどう思われますか?
【ユリア・クラウフマン】
桃源郷とうげんきょうの話ですか?
【喪神梨央】
大型波動のことです。
お父上の助手の方のこととか――
ユリアさんも全部はご存じない?
【ユリア・クラウフマン】
先日、フェラー博士から、
技術書が送られてきました。
私の知るのはそれまでです。
大型波動グローサベッレはホムンクルスに
ダメージを与える恐れがあります。
技術書にはそう明記されていました。
【喪神梨央】
見つかっていないフロイラインにも、
その波動は届いたんですよね――
心配ですね……
私、思うんですけど……
あの仮面の男って、
ホムンクルスじゃないですか?

欧亜おうあの地に見つかったという桃源郷とうげんきょう真偽しんぎさだかではないものの、フォス大佐はすでに野望をたぎらせていた。

第七章 第六話 美少年倶楽部

〔山王機関本部〕

聖宮ひじりのみや諸々もろもろの件をたずさえ京都へ向かった。朝九時東京発の特急つばめ号である。車二台という最小の警護であった。

【喪神梨央】
殿下は当然一等ですよね?
【九頭幸則】
何だい、梨央りお、一等がうらやましい?
【喪神梨央】
そんなんじゃないです!
――一等ならよく知ってます。
【九頭幸則】
へぇ、いつの間に、
一等の客になったんだい?
【喪神梨央】
写真で見て知ってるんです。
東京、京都間なら、
特急料金は六円です。
【九頭幸則】
へぇ~
オウルグリルのオムライス、
十二杯分だな!

【喪神梨央】
あっ、ユリアさん!
聖宮ひじりのみや殿下は京都にたれました。
今朝の特急です。
――あれ?
ユリアさん……
どうかしたんですか?
【ユリア・クラウフマン】
ヘーゲンが狩りヤークトを、
やめようとしないのです――
【九頭幸則】
彼もしつこいですね!
――今、帝都に、何種類の、
ホムンクルスがあるんですか?
【喪神梨央】
メイド型、執事型、
レーベンクラフト型、そして……
ユーゲント型……ですよね?
【九頭幸則】
ヘーゲンの奴、自分の以外、
みんな敵だと思ってるんじゃ――
きっとそうでしょう、ユリアさん!
【ユリア・クラウフマン】
ユーゲントを目のかたきにしています。
彼の扱う執事型より性能がよく、
それが気に入らないようです。
【喪神梨央】
強いを呼べるということですか?
――性能がいいというのは?
【ユリア・クラウフマン】
ホムンクルスの性能は、
その自律じりつ性で決まるのです――
父の助手だったフェラーは、
新しいシュタインの生成に成功しました。
ユーゲントに使われているシュタインです。
ユーゲントの自律係数は三・八。
最高が五なので、かなり高い値です。
【喪神梨央】
自律係数……
そういうのがあるんですね?
【九頭幸則】
ちなみに人間は……
人間の自律係数っていくつですか?
【ユリア・クラウフマン】
八以上です……
もっとも人によりけりですが。
【喪神梨央】
ユリアさん、
今日、狩りはどこで行われますか?
【ユリア・クラウフマン】
ギンザ方面です。
【喪神梨央】
そうですか……
先程からセヒラを観測します。
狩りが原因でセヒラを集めている、
そういう状況かもしれません。
兄さん、念のためです、
巡視パトロールをお願いします。
――ユリアさんは……
【ユリア・クラウフマン】
実は、フロイラインが一体、
行方ゆくえ知れずなんです。
いなくなって時間が経っています――
【喪神梨央】
狩りに巻き込まれたりしていないと
いいんですが――

クルト・ヘーゲンの狩りの影響なのか、銀座界隈かいわいでセヒラを観測するという。探信たんしん範囲をしぼり、銀座二丁目に向かった。

〔銀座二丁目〕

【着信 喪神梨央】
セヒラはそれほどではありません。
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
ニュースがあります――
その近くに――
美少年倶楽部クラブがあるそうです。
ユーゲントは、
美少年倶楽部に関係している、
そうではないでしょうか?
化野丸あだしのまる
君は祇園丸ぎおんまるの友だちだね!
よろしく、僕は化野丸あだしのまるだよ!
じゃ、これで!

【着信 喪神梨央】
美少年倶楽部は、
あの独逸ドイツ人の医者のヘルマンが、
少年を物色ぶっしょくした場所です!

【執事型ホムンクルス】
目標ダスツィル……
確認ベステーティグン
――破壊ツェストゥルンク

《バトル》

【執事型ホムンクルス】
――終了エンデ……

化野丸あだしのまる
僕をはさみ撃ちしようとした――
けど、おかしいな……
君に気付いていなかったみたいだ。
自分の前に君がいたから戦った――
僕にはそう見えたよ。
君には助けてもらったね。
話したいこともあるんだ、
僕たちのクラブにお誘いするよ。

〔銀座美少年倶楽部〕

化野丸あだしのまる
ここは僕たちがもてなし役ガストゲバーの店、
お客は皆、あだ名シュピツナームで呼び合うんだ。
しばらくゆっくりしてね、
後で声かけるから!

【ヘル中立売なかだちゅうり
あなたは、新入りですか?
オホホホ、私はここでは中立売なかだちゅうり
そう呼ばれていますな。
皆、京都の通りの名ですよ。
そちらのお方は独逸ドイツ帰りだそうで。
独逸ドイツは美少年倶楽部の本場だと、
そういうじゃありませんか?
オホホホホホ~

【ヘル西洞院にしのとういん
ところで、ヘル蛸薬師たこやくし――
伯林ベルリンは美少年カフェが盛んだとか。
実際、どうなんですか?
【ヘル蛸薬師たこやくし
伯林ベルリンはなるほど本場ですな!
美少年カフェ、実に七十けんです。
紳士ゼントゥルマンは目移りがみません。
【ヘル西洞院にしのとういん
それはうらやましい限りですな!
ぜんたい、制服などはありますか?
【ヘル蛸薬師たこやくし
いい水兵服を着た少年、
幼年学校生徒服をつけたもの、
白粉おしろいをつけてべにをさしたのは勿論もちろん――
赤い細いネクタイにどうを締めた上着、
ズボンはよく折り目立って、
それはそれはもう端正たんせいですな!
【ヘル西洞院にしのとういん
やはりアレですかな、
お客は我々のような――
【ヘル蛸薬師たこやくし
もう少しよわいが行きますな。
白髪、ごま塩、鼻眼鏡――
ほおに決闘のあとのある男も見ました。
【ヘル西洞院にしのとういん
ほう、なかなか豪の者も、
お客にはいるようですな。
アハハハ、愉快にやりましょう!

【ヘル丸太町まるたまち
貴殿はお一人であるかな?
寂しそうにお見受けしたものでな。
この絵は聖セバスチャン殉教図じゅんきょうずだ。
伊太利亜イタリアの画家グイド・レーニ作――
彼はボローニャ派に属する画家で、
ラファエロ風の古典主義的な画風、
それが何よりの特徴だ――
深い陰影と計算された劇的な構図、
レーニはカラヴァッジョの影響を、
強く受けているとされる。
この絵の前に一人たたずむと、
異教徒の神殿に踏み入れたかのごとく、
目眩めくるめく神経の奔流ほんりゅうを体験するのだ。
見給え、矢に射られた肉体を!
肉体の鋼のうちにはたぎる情念をみとむ。
あの刺さる矢をこの手に握れば、
たちま火傷やけどするであろう――
火の痛みはわれぬ快感だ。
死期を迎え、愈々いよいよ溌溂はつらつと輝かんとす、
官能の肉体へのえざる賛美!
何物にもえがたい崇高すうこうさである!
死に対面する時にのみ昇華する美、
それこそ益荒男ますらおの散り際なのだ。
ひ弱な書生の自死とは違う!
傷口から流れ出るのは血ではない、
それは魂のほとばしりなのだ!!
ヒィー、ヒィー……
息が……出来ない……
ヒィー……ヒッ――

化野丸あだしのまる
お待たせしました、
喪神もがみ風魔ふうまさん――
貴方のことを調べました。
問題はないようです。
――ご相談があります、こちらへ。

化野丸あだしのまる
喪神もがみさん、相談したいというのは、
祇園丸ぎおんまるのことなんです。
祇園丸ぎおんまる、この三日ほど、
姿を見ません――
南禅寺丸なんぜんじまる
祇園丸ぎおんまるとはユウラクチョウで別れた。
僕たちはギンザを散策したんだ。
祇園丸ぎおんまる、省線に乗ると言っていた。
化野丸あだしのまる
僕たちユーゲントは、
ある程度自由に行動できる――
存知ぞんじでしょう、そのことは。
上賀茂丸かみがもまる
西京極丸にしきょうごくまるのこともあるし、
心配なんだ、祇園丸ぎおんまるのことが。
僕たちのこと、
良くは思わない人もいるようなんだ。
化野丸あだしのまる
喪神さん――
アーネンエルベで、
祇園丸ぎおんまる香腺こうせん、見つかったんです。
香腺にはいろいろな記録が残る。
調べれば祇園丸ぎおんまるの行動がわかる、
そう思うんです。
祇園丸ぎおんまる捜索そうさくをお手伝いください。
このお願い、大使館を通します。
ただ、捜索そうさくを急ぎたいのです。

【ヘル松ヶ崎まつがさき
おお、わがヒュアキントスよ!
さぁ、始めてくれ――
いつものやつだ。
鳴滝丸なるたきまる
ヘル松ヶ崎まつがさき
おお、アポロンの神、ヘル松ヶ崎まつがさき
【ヘル松ヶ崎まつがさき
そうとも! そうとも!
――私の投げた円盤えんばんは、
ゼピュロスの起こした横風にあおられ、
ヒュアキントス、お前の額を打つ!
嗚呼、私のお前は赤き血を流し、
大地に倒れ伏せる――
鳴滝丸なるたきまる
僕のひたいから流れ出た血、
それは大地を染め、
真紅しんくのヒヤシンスが生える――
【ヘル松ヶ崎まつがさき
倒れたお前を抱きかかえ、
私は大いになげかなしむのだ!
嗚呼、愛しのヒュアキントスよ!!
鳴滝丸なるたきまる
ヒヤシンスの花言葉、
それは悲しみの向こうにある愛――
【ヘル松ヶ崎まつがさき
嗚呼、ヒュアキントスよ!
嗚呼、嗚呼、嗚呼――
私の、私の、私の命よ!!

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
アーネンエルベに、
一人のユーゲントが向かいました。
向こうでは金ノ七号帥士きんのしちごうすいしが迎えます。

行方知れずの祇園丸ぎおんまる香腺こうせんが見つかり、風魔ふうまはアーネンエルベに向かった。

〔アーネンエルベ〕

【帆村虹人】
ここに来て、
まるで僕は研究者みたいだ。
香腺の解読、二個目だからね!
レーベンクラフト六八三だけど、
何の記録も見つからなかったんだ。
僕のやり方がまずいのかな――
いやむしろセヒラを感じると、
相手構わず反射的に攻撃する、
そう仕込まれているのかも――
祇園丸ぎおんまるの香腺については、
一部しか解読できないんだ。
フォス大佐の命令だよ。
きっと何かに使うつもりだ――

【ゲルハルト・フォス】
コウジンはよくやっているよ、
実に大したものだ。
まさに研究者はだしであるな!
【帆村虹人】
大佐、祇園丸ぎおんまるの香腺、
別な方法で解読するのですか?
【ゲルハルト・フォス】
ユーゲントの香腺はユーゲントに。
そういうことだよ、コウジン。
一体のユーゲントを呼んである。
紫竹丸しちくまると言う名前だ――
紫竹丸しちくまる祇園丸ぎおんまるの香腺を入れ、
その行動を観察する。
それで、いろいろわかるはずだ。
さて、コウジン――
祇園丸ぎおんまるの香腺、その一部をけずり、
そこから何か読み取れたかね?
【帆村虹人】
祇園丸ぎおんまる四谷見附よつやみつけにいました。
その後、どこかに向かった――
そこまでです、わかったのは。
【ゲルハルト・フォス】
十分だ、ヨツヤミツケだな。
そこにレーベンクラフトを派遣する。
露払つゆはらいのようなものだな。
それにしても――
この絵には情緒が不足している。
致命的にな!

【帆村虹人】
紫竹丸しちくまるの準備ができたら知らせるよ。
フォス大佐はああいう人だが、
内心、お前に頼みたいに違いない。
大使館に上げるとも言っていた――
どうする?
四谷見附よつやみつけ、行ってみるか?
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
戸山とやまの陸軍軍医学校で、
セヒラ観測しました。
軍医学校には、
ヘルマンが収容されています。
――なぜかはわかりません!
【帆村虹人】
ヘルマンか!
ユーゲントを殺した殺人鬼だ。
尋常じんじょうの子供も二人、手をかけている。
奴は少年の胸腺を食う。
さらったユーゲントには胸腺がなく、
腹いせにずたずたにしたんだ!
暴れて手がつけられないと聞くが……
行ってみてくれ。
紫竹丸しちくまるの件は連絡入れるよ!

〔陸軍軍医学校〕

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし! 
セヒラ、急上昇しています!
周りからセヒラを集めている、
そんな印象です。
警戒してください!

【武装SS軍曹】
ここは立入禁止カイナインラスです――
わかりますか、立入禁止です。
――キンシです!
なぜ、日本人というのは、
こうも言うことを聞かないんだ!
こんな極東フノースト、来たくもなかった!
僕はローデンブルクに生まれ育った!
中世の宝石ともたたえられる、
ヨーロッパで最も美しい町だ!
波のようにうねる赤い屋根屋根、
窓辺には色とりどりの花がわり、
まるでメルヒェンそのものだ!
それがこんな極東フノーストの小国で、
なぜ哨戒しょうかい任務に就かねばならない!
お前たちは世界から退席すればいい!

《バトル》

【武装SS軍曹】
僕は……帰るんだ……
ローデンブルクに……
うううっ――

【武装SS曹長】
私たちは協力すべきですヴィゾルテン ディ ツーザンマンアルバイツアイン
私たちは協力すべきですヴィゾルテン ディ ツーザンマンアルバイツアイン
アルバイト マハト フロイ!!

稗貫ひえぬき軍医少尉】
お騒がせしました、
けれど、もう大丈夫です。
ヘルマン医師は確かにここにいます。
フォス大佐のご厚意により、
軍医学校の標本として授かりました。
彼には前頭葉白質切截術ロボトミーという、
新しい医療をほどこす予定です。
前頭葉ぜんとうようの一部を切除せつじょすると、
まるで人が変わったかのようになる。
米国アメリカで開発された画期的医療です。
学会誌、健全なる精神五月号に、
くわしい記事がありましたよ。
暴れるチンパンジーの前頭葉ぜんとうよう切截せっさいで、
見違えるほど従順になったとか。
猿で成功です、愈々いよいよ人に試すのです!
何より私の目をいたのは、
その手術に用いる鉗子かんしですね。
雑誌を持って町工場に出向きました。
向島むこうじまの貧しそうな鉄工所が、
見よう見まねで鉗子かんしを作りました。
それが実に見事な出来栄できばえなのです!
もう、すっかり麻酔ますいが効いた頃、
私は手術オペに入りますよ。
【着信 喪神梨央】
今の医者は敵かどうかも不明です。
ヘルマン医師の最後の念が、
周りからセヒラを集めたのです。
日本への配属をこころよく思わない、
あの若い兵士を怪人化させたのです。

上賀茂丸かみがもまる
喪神もがみさん!
紫竹丸しちくまるが出かけました。
コウジンさんの無線機、
具合が悪くて、僕が来たのです。
紫竹丸しちくまるはヨツヤミツケに向かいました。

祇園丸ぎおんまる香腺こうせんを体内に納めた紫竹丸しちくまるは、その香腺こうせん記録に従って出かけた。出かけた先は、四谷見附よつやみつけだという。

四谷見附よつやみつけ

【高等会員Λラムダ師】
私は猟奇倶楽部に入って八年、
まっとうな猟奇人でありたいのです。
あんな異端いたん連中とは付き合えない!
一様いちように黒い頭巾ずきんなんぞを被り、
ヒソヒソと何かを話す。
その声、つたわったのを聞くに――
奴らは愈々いよいよ食人に傾くという。
――なげかわしい、猟奇をいっしている!
ん、そう言うんだろ、
猟奇をいっしているって――
とにかくだ、
私はもう御免被ごめんこうむりたいね!

【高等会員Ωオメガ師】
先程の最高会員Σシグマ師の言葉が、
頭から離れない――
人肉はこれを調理塩梅あんばいすれば
すこぶる美味にて
つ動植物のごと
起死回生きしかいせいの妙薬となし得られる――
【高等会員Δデルタ師】
英吉利イギリスの医者、
ボーネストが書き残したそうです。
【高等会員Ωオメガ師】
まだあるぞ!
人肉の調理方法と、
味わいについて書いてあったと言う。
死せる強壮なる少年の肉
三四ポンドり取り
格好の玻璃器はりきに入れ
これに酒精しゅせい
三四日を経て取り出しこれを塩に
ふたさずして日陰に置き
度々たびたび器のままにて表裏転倒し
く干しぐべし 
実に非常の好味こうみにしてつ良薬なり
【高等会員Δデルタ師】
黒頭巾を被る連中は、
これをけているのです。
しかも、会に入るには、
毎月五円の会費を払えと来た!
あり得ないだろう!!

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
紫竹丸しちくまるですが移動しています――
現在、青山通を進行中!
墓地に入りました!
紫竹丸しちくまるは青山墓地です、
急ぎ、向かってください!

〔青山墓地〕

【最高会員Σシグマ師】
飛んで火に入るとはこのことです。
あのユーゲントには、
なんと、犠牲ぎせいの精神がそなわる。
実に見上げたものですな――
おや、選ばれしΚカッパ師様、
この闖入者ちんにゅうしゃに何か用ですかな?
【選ばれしΚカッパ師】
お兄さんはリードボーをご存知?
仔牛の胸腺のことですよ――
育ち盛りの仔牛は、
大きな胸腺を持っていますの。
それをワイン煮にするのですわ!
オホホホホホ~
【最高会員Σシグマ師】
流石さすがですな、
階位五十三位ともなれば、
洋行歴ようこうれきも豊富ですな!
私などこれでも階位七十八位です。
まだまだ上があるのです。
ゆえに、今日のことを功績とし、
さらに上を目指すのです。
駆け上るのです!
もう私の邪魔をしないでください!

《バトル》

【最高会員Σシグマ師】
あなたたちは……可哀そうです……
人生を楽しもうとしない……
どうしてですか?

【歩一石川いしかわ少尉】
歩一、石川少尉であります!
参謀本部命により独逸ドイツ大使館まで、
我々で彼の警護にあたります。
青山通に一個小隊が控えます。
独逸ドイツ大使館からも警護の武装SSが。
如何いかがされますか?
【着信 喪神梨央】
ユーゲントの警護はまかせましょう。
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいしは帰還してください。
公務電車が待機しています。

〔山王機関本部〕

【喪神梨央】
お帰りなさい!
兄さん、ユーゲントの紫竹丸しちくまるは、
無事、アーネンエルベに戻りました。
でも祇園丸ぎおんまる行方ゆくえは、
まだわかっていません。
【ユリア・クラウフマン】
祇園丸ぎおんまるは殺された西京極丸にしきょうごくまる香腺こうせん
見つけて自分に入れたのです。
それで西京極丸にしきょうごくまるを得たのです。
揮発きはつする前に自分の香腺を入れ
西京極丸にしきょうごくまるの記録を写した――
【喪神梨央】
それをアーネンエルベに残した、
そうなんですね?
西京極丸にしきょうごくまるの記憶を伝えるために。
【ユリア・クラウフマン】
祇園丸ぎおんまるは再び、
西京極丸にしきょうごくまるの香腺を入れて、
の記憶を辿たどっているようです。
【喪神梨央】
やはり猟奇倶楽部……
黒頭巾の一派がからんでいるのですか?
【ユリア・クラウフマン】
彼らはユーゲントをさらって、
香腺を食べようとした――
そうじゃないでしょうか。
【喪神梨央】
リードボーって言った人、
あの人、前にも会っていますよ。
仔牛の胸腺のことですよね――
【ユリア・クラウフマン】
イズで殺された西京極丸にしきょうごくまるは、
香腺ではなく胸腺を狙われたのです。
ヘルマンは人間だと思っていた――
【喪神梨央】
それじゃ祇園丸ぎおんまるも、
帝都を出たのでしょうか?
【ユリア・クラウフマン】
自分では帝都を出られないはずです。
西京極丸にしきょうごくまるの香腺に残されている、
行動記録次第ですね。
【喪神梨央】
祇園丸ぎおんまるの波形、あまり標本がなく、
探信たんしんだけでは発見が難しいですが、
努力はしてみます。

猟奇倶楽部の一派とされる黒頭巾の集団。彼らはホムンクルスの拉致らちを試みた。その香腺を求めた――ユリアはそう懸念けねんする。今なお行方ゆくえ知れずの祇園丸ぎおんまる。彼は西京極丸にしきょうごくまるの記憶を辿たどるという。果たしてどこで何を見ているのだろうか?

第七章 第三話 ユーゲント

京都発の夜行で東京に戻った鬼龍きりゅうは、東京駅に待機した歩一の将兵らに連れられ、白山はくさんにある秘密集会所になかば幽閉された。鬼龍の術武伝承を希求する月詠つくよみ麗華れいかとの、距離を稼ぐ措置そちであった。

〔山王機関本部〕

【喪神梨央】
麗華さんは、渋谷の青山せいざんホテルと、
清正公せいしょうこう前を行き来しているようです。
でも、その姿を見た者はいません。
歩一の兵ら百人が監視しているのに。

【新山眞】
よろしいですか?
【喪神梨央】
新山にいやまさん!
結界はうまく働いていますか?
思念増幅器で作った結界です。

【新山眞】
品川、目黒、一の橋に設置しました。
この三角形で清正公せいしょうこう前を包囲して、
なんとか収まっています。
セヒラ球が清正公せいしょうこう前に現れても、
そこで思念をることは不可能、
なにせ雑音だらけですからね!
それで肝心の鬼龍きりゅう大尉は、
第一連隊が白山はくさんかくまうのですね。
【九頭幸則】
ええ、歩一秘匿ひとくの集会所です。
住所も電話番号も明かしていません。
――勿論もちろん、俺も知らない……
【喪神梨央】
あれ?
幸則ゆきのりさん、いつの間に出たんですか?
【九頭幸則】
出た?
まるで、ぼっかぶりみたいだな――
最前からこの本部にいたよ!
【喪神梨央】
ええ?
幸則さん、いつの間に、
京都の言い方、覚えたんですか?
【九頭幸則】
――いや……
最近の流行りだよ、流行り!
そんなことより聞いてくれ、風魔よ。
歩一の御荷鉾みかぼ大尉と話したんだ。
大尉は鬼龍と昵懇じっこんの中だった――
鬼龍は機根きこんを備える者は誰か、
しきりと悩んでいたそうだ。
――機根きこんというのは……
【帆村魯公】
機根きこんとはこれまた自惚れだな!
――機根きこん……仏の教えを受ける者の、
器量や素養のことだ。
【九頭幸則】
奴が鈴代すずよに犠牲をいたのは、
その機根きこんを確かめようとした?
――そうなんですか?
【帆村魯公】
わからん!
はばかりなく手を尽くすのだろう。
それで、中尉――
先の御荷鉾みかぼ大尉だが、
――失踪しっそうしたぞ。
【九頭幸則】
ええ?
いつのことですか?
【帆村魯公】
昨日、隊舎の屋上にいたまでは、
確認されておるが――
その後、姿を消した。
【喪神梨央】
お話中、失礼します。
【九頭幸則】
どうしたんだい?
またぼっかぶりでも、出たかい?
【喪神梨央】
山王さんのうホテル前で、
ユリアさんが戦っています!
【帆村魯公】
何?
ユリア嬢が?
【喪神梨央】
はい!
セヒラも急速に高まっています!
【九頭幸則】
行こう、風魔ふうま

〔山王ホテル前〕

ホテル前ではユリアが奮闘ふんとうしていた。ちょうど右翼、左翼にメイド型を展開し、執事型を迎え撃つ格好だった。

【ユリア・クラウフマン】
フロイライン、応戦お願い!
来たわよ!
【メイド型ホムンクルス】
応戦オウセン……了解リョウカイシマシタ!
【ユリア・クラウフマン】
よくやったわ、フロイライン!

【ユリア・クラウフマン】
どうしたの?
――シュタインがまだ馴染なじまないのね……
【九頭幸則】
危ない!
右手だ、ユリアさん!!
【ユリア・クラウフマン】
フロイライン、お願い!
なんとか防いで!

【ユリア・クラウフマン】
――フロイライン……
後できちんとするわ。
フーマ――
おそらくヘーゲンよ。
すべての使いと戦うように、
執事型ホムンクルスに、
刷り込みアプドロックをしたみたいなの。
彼はすごく警戒している――
何にそんなに警戒するのかしら?
【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
再びセヒラ急上昇です!

【執事型ホムンクルス】
――排除アンシュルスする……
戦闘開始カンプビゲン!!
【帆村虹人】
卑怯ひきょうだろ、二人がかりは!

【ユリア・クラウフマン】
コウジン……
あなた――
離れた相手と戦う、
合焦ツイール能力を身に着けたのね……
【帆村虹人】
ははは……
アーネンエルベは科学と魔術の巣窟そうくつ
いろいろあるわけですよ!

【クルト・ヘーゲン】
我が方から、
色々と盗んでいるようだな。
【帆村虹人】
あなたは可哀想なほどに、
自分を憎んでいる――
自分を憎み、人を憎み、
世界を憎んでいる。
憎しみがあなたの力だ、違うかな?
【クルト・ヘーゲン】
自分を憎むのは誰しも同じだろう。
その感情に気付かない振りをする、
それで善人ぶっているのだ。
【帆村虹人】
僕は気付いているさ!
僕は自分が憎い、憎くて仕方ない!
だが、その向こうに救済きゅうさいがある。
【クルト・ヘーゲン】
さとりでも開いたのか?
フフフ、まだ自分を知らないようだ。
合焦ツイールすれば力のおとろえることをな!!
【帆村虹人】
何?

うう……
不意を突かれた……
――風魔ふうま……
【クルト・ヘーゲン】
ホムラの術とはその程度か!
この町でレーベンクラフト型の、
ホムンクルスを見た。
お前たちが扱うのか?
私の許可なく――
なぜレーベンクラフト型を、
この町に放つのだ?
【ユリア・クラウフマン】
サンノウにレーベンクラフトを、
扱う権限はないわ。
【クルト・ヘーゲン】
ほう!
さてはお前が連中に入れ知恵したか?
私のあずかり知らない
レーベンクラフトなど、
ただの阻害要因そがいよういんに過ぎない!
阻害要因そがいよういんは除去しなければな。
お前も同感だろう、モガミフーマ!

《バトル》

【クルト・ヘーゲン】
フフフ……
お前の成長、目覚ましいものがある。
――だが……不思議だ……
私の中に……
まだ力は残されている――

【賞賛する声】
クルト、ヘーゲン!
ククック、ククック~
郭公かっこう時計が正午を告げます――
【クルト・ヘーゲン】
――何の話だ?
貴様、いったい誰だ?
【賞賛する声】
伏目がちの少年クルトは、
バーデン国家青年団に入隊した。
さぞかし誇らしかったであろう!
のりの効いたシャツ、それにネクタイ。
すべてお前が初めて身に着けるもの。
着古した羊毛のシャツしか知らない
伏目がちの陰気な少年が、
一気に凛々りりしくなったのだ――
【クルト・ヘーゲン】
うるさい!
私の何を知るのだ!
【賞賛する声】
私はお前の全てを知っている。
如何いかにお前が素晴らしいかも!
【クルト・ヘーゲン】
素晴らしいだと?
――何を根拠にそう言うのか?
【賞賛する声】
求めよ、さらば与えられん。
尋ねよ、さらば見出さん。
お前は小さな恋をした。
青白き少年ハンスに恋をした――
【クルト・ヘーゲン】
……
【賞賛する声】
ハンスの白くて長い脚に、
細く華奢きゃしゃな指に、腕に浮く血管に、
お前はすっかり魅了された。
ハンスの一つ一つがお前をがした。
あの夏の日のことを、
お前は忘れない――
フルトヴァンゲンにある、
ドナウ源泉近くの小川で、
お前たち二人は水浴をした――
ハンスとは別組のお前は、
その時初めてハンスの裸を見た。
すぐにお前はさとった!
ハンスの背中に縦横無尽じゅうおうむじんに走る、
赤黒い鞭打むちうちのあざを見て!
ハンスの胸にられた、
巨大な十字架の刺青いれずみを見て!
お前は全てをさとったのだ!!
ハンスは父親のなぐさみものだったと。
かつてお前がそうであったようにな!
【クルト・ヘーゲン】
黙れ!!
ハンスは強い男になった!
【賞賛する声】
そうだろう、素晴らしいことだ。
ハンスはナチ党突撃隊員となり、
数々の功績を上げたからな!
共産党員を殺害して手柄を立てた。
だがハンスが憎んでいたのは女だ。
売春婦ばかり六人を殺害した。
いつも手口は同じだった――
売春婦の腹に深々とナイフを立て、
鮮やかな十字架を描くのだ。
【クルト・ヘーゲン】
――奴は道を間違えたのだ。
去年、親衛隊にて粛清しゅくせいされた。
私はサディストではない。
女を殺すなど微塵みじんも考えない。
――私は……
【賞賛する声】
そうだなクルト。
お前は女など憎んではいない、
憎んでいるのはお前以外の全てだ!
お前の名を呼ぼう……
クルト・ククックカッコウ・ヘーゲン!

クルト・ヘーゲンはレーベンクラフト型を討ち倒す狩りヤークトの準備に入った。ユリア・クラウフマンは、メイド型のシュタインを調整するという。虹人こうじん風魔ふうまは赤坂料亭街にいた。

一ツ木通ひとつぎどおり

【帆村虹人】
どうも僕は、
大勢での戦いが苦手なようだな――
一ツ木通にセヒラがあるって、
梨央りおは言うけど――
どうなんだい?
【着信 喪神梨央】
気を付けてください!
セヒラ濃度、高まっています!

【赤坂署の巡査】
往来おうらいの邪魔をする者らがいる、
その通報あって来たわけですが――
この者らに不審尋問ふしんじんもんしたわけですが、
皆、一様に何日も帰っていないやら、
うそぶくわけです――
幻燈会げんとうえの客に一致した言動でして、
引こうか否か、検討しておりました。

半蔵門はんぞうもんの客】
有楽町ゆうらくちょう荘月会館しょうげつかいかん出てから、
もう何日もほっつき歩くのよ。
おかしいわね、ちっとも眠くないし、
お腹もかないのよ――
変でしょ、アタシ、変でしょ?

【レーベンクラフト六八三】
雷……ドナーシュトゥルム!!
ヴィント!!
半蔵門はんぞうもんの客】
はぁ~
これで……帰れますわね……
家にね……

【帆村虹人】
あいつ、お前を捕捉ほそくしたぞ!
ホムンクルスは一旦捕捉ほそくすると、
解除できないんだ――
戦うほかない、風魔!
【レーベンクラフト六八三】
――目標ダスツィル……目標ダスツィル……
――排除!アンシュルス 排除!アンシュルス

《バトル》

【レーベンクラフト六八三】
凍るフリーレン……凍るフリーレン……
トート! トート! トート
【帆村虹人】
これは……
――アーモンドの匂いがする。
ホムンクルスの香腺こうせんだ――
まるで梅の実のようだな。
今の奴が落としたのだろう。
香腺こうせんを硫酸にひたすと、
模様が現れるんだ。
それで記録を読み解くことができる。
アーネンエルベで試してみるよ。
今の奴がどんな命を受けていたか、
それが判ればいろいろはっきりする。
風魔……
距離を置き、僕は自分が見えた。
――そのように思うんだ。
そして何が大切かも判った。
これは自信というやつかもな――
僕の人生になかったものだ。

一ツ木通ひとつぎどおり

近富士ちかふじの女中】
今日は朝から大わらわね――
丸々、貸し切りなのよ。
何でもナチの偉いさんが来るとかで。
酒屋の西陣屋にしじんやなんか、
シャトーワインの注文受けて、
帝都ホテルに買いに行ったわよ。
一本、三十円もするんですって!
割ったら大変!
さぁ、錦屋にしきやでお菓子買わなくちゃ。

【ゲルハルト・フォス】
君がそうかね……
我がヘーゲン一等召喚師を、
きたえてくれているというのは?
実に心強いことだ、
モガミフーマ!
――楽にしたまえ。
今日はアカサカのレストランで、
晩餐会ばんさんかいがあるという――
ところで君たちは
既に聞き及んでいるだろうか?
我が方に新しい組織が誕生した。
新型ホムンクルスの開発、
セフィラの工業化などを手がける。
例によってやや長い名称だがね――
アーリア人とドイツの超越した歴史・文化がヨーロッパを実存化する――
頭文字はAGKDEA、
最初の三文字でアーゲーカーと呼ぶ。
ミュンヘンにあるナチ党本部、
褐色館ブラウネスハウスの地下を本拠とする――
この国、日本とも、
益々ますます密な繋がりを持てることを、
大いに期待するばかりだ。

【着信 喪神梨央】
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
銀座で怪人同士が戦っていると――
山王下さんのうしたに公務電車を回します。
急行してください。

〔銀座四丁目〕

【着信 喪神梨央】
セヒラ、更に上昇です。
これは執事型です、狩りの状態です!

【執事型ホムンクルス】
狩りヤークト――
標的ツィール……
捕捉エルファスン――

《バトル》

祇園丸ぎおんまる
後ろから来るとはね。
でも大丈夫だよ、
僕が倒した――
君にはお礼をしなくちゃいけない。
僕たちの仲間を殺した医者、
君がたおしてくれたからね。
可哀想な西京極丸にしきょうごくまる――
あの子はシュゼンジの冷たい池に
ゴミのように捨てられた。
西京極丸にしきょうごくまるに酷いことをした奴に、
何とかして報復したい――
でも僕たちにはできないんだ。
僕たちは憎しみという感情を、
ほとんど持たないからさ!
代わりに君がやってくれた。
犯人のヘルマンは本性しで、
監獄かんごくの壁をひたすらなぐるという。
自分の手足の肉をみちぎるので、
すべての歯を抜かれたんだ――
さて、そろそろ行かなくちゃ。
次に会うときは、
君と一戦まじえることになるかも。
その時はよろしくね!

〔山王機関本部〕

【喪神梨央】
お帰りなさい!
兄さんを助けた少年、
新型のホムンクルスでした。
【ユリア・クラウフマン】
ミュンヘンのアーゲーカーで開発され、
早速日本に連れてこられたのです。
【喪神梨央】
それって……
フォス大佐と一緒にですか?
【ユリア・クラウフマン】
何体かはレーベンクラフト型と共に、
先遣隊せんけんたいとして来日していたようです。
そのうち一体が殺害された――
【喪神梨央】
殺されたのは……西京極丸にしきょうごくまる……
変わった名前なんですね。
【ユリア・クラウフマン】
キョウトの地名だそうです。
あの子たちは十二石で動きます。
今のところ最も優秀です。
ユーゲント、それが型名です。
レーベンクラフト型は、
フォス大佐の護衛で来ました。
【喪神梨央】
それじゃ……
ユーゲントは何の目的で日本へ?
【ユリア・クラウフマン】
アーゲーカーが性能を試したいのでは……
あそこ、父の助手だった人が、
今は所長に収まっているのです――
ユルゲン・フェラー――
それが助手だった人です……
【喪神梨央】
ユリアさん、何か心配事でも?
【ユリア・クラウフマン】
……
いえ……
少し考えさせてください――

ナチSS親衛隊大佐が来日した。
町は歓迎かんげいムードであったが、隠しようのない不安が随所ずいしょ滲出しんしゅつしていた――

ゲルハルト・フォス

 ナチSS親衛隊の大佐で、アーネンエルベ極東分局に着任した。護衛のため特別に作られたユーゲント型ホムンクルスを連れて来日した。駐独武官である是枝大佐とは交流があるようだ。
 ナチの第三帝国実現を前にして足並みの揃わない欧州を見限り、満蒙にあるとされる桃源郷を中心に新たなる帝国の建設を企図する、という野心家である。自信を漲らせているが、その過去には家督を巡る骨肉の争いがあったようだ。