幕間――旭の祭儀

※BGMが流れます。ご注意ください。

スピンアウトの「アキラとレンザ」から「幕間――旭の祭儀」の間のストーリーは、コミカライズ版「デモンズゲート帝都ノ魔女」にてお楽しみいただけます!
詳しくは下記サイトをご参照ください!
《電子版》  《単行本》

失われた龍脈

〔山王機関本部〕

喪神もがみ梨央りお
兄さん!!
異常事態発生です!
帆村ほむら魯公ろこう
ぜんたい、どうしたんだ?
またサイレンが鳴っていたぞ!
喪神もがみ梨央りお
セヒラの値、
いつになく高まっています――
場所は……この山王さんのうです!
帆村ほむら魯公ろこう
なんだと?
――さてはゲートがおかしくなったか?

九頭くず幸則ゆきのり
歩一の九頭くずです――
風魔ふうま、大変だぞ、ホテルの地下で、
何か大きな音がしたと報告が――
帆村ほむら魯公ろこう
そういえば、振動もあったぞ。
何があったんだ?
異常事態と関係あるのか?
喪神もがみ梨央りお
兄さん、ゼットー博士がお呼びです。
研究室へ向かってください。

〔山王機関魔課〕

銀河ぎんがゼットー】
オーホホホッ~
来たな、君ィ!
な、な、な、なんと!
大変事たいへんごとが起きてしまったぞ!
――別な時空へと繋がったのだ!
ん? 理解できんか?
別な時空とは、別な時代と別な場所、
そこへ山王さんのうが繋がったのだ!!
繋がった先だがな――
ボクの見立てでは……
かなり未来だな、未来と繋がった!
一九九七年だ、計算が正しければ、
その時代とここ山王さんのうが繋がったのだ!
遠い未来……場所は……
オーホホホ! こいつはまさに……
ホーンコーン、香港ホンコンだっ!!
さぁ、夢玄器むげんきを着けるのだ!
君は愛と希望の大未来へ行く!
時空を超えて香港ホンコンへ旅をするっ!!

新山眞にいやままこと
波形、波形、波形――
あまりにも多くの記録によって、
嗚呼ああ、私は混乱する!
波形のささいな違いが、
現実で大きな差となって現れる。
――まったく不可思議な世界だ……
私は信じている――
森羅万象しんらばんしょう、全てを波形化できると。
時や空間さえ、波形になるだろう。
先月からわずかに見える不思議な波形、
あれは、計算からすると随分先の、
そう、未来の波形にほかならない――
未来の香港ホンコンという解が出たのだが。
その座標に当てはまる波形だ。
なぜ、そんな波形が現れるのか?

九龍クーロンフロント〕

夢玄域むげんいきに現れたのは、まさに九龍城クーロンじょうである。九龍クーロン電脳中心でんのうちゅうしんの近辺と思われる。幾多いくたのネオン看板がやみを照らしていた――

【えびき屋の子供】
俺、見たんだ。
九龍クーロンフロントの路人ろじんが、
おかしな声上げて走って行ったよ。

えびき屋の子供。海鮮中心かいせんちゅうしんの奥で、日がな一日、生えびをいている。同業ではねぎき屋というのもいる。

【えびき屋の子供】
きっと、九龍クーロンフロントにも、
邪気じゃきが流れ込み始めたんだ。
そうに違いないよ!
【フリーダイップ
帝都の瘴気しょうきに似た悪い気脈きみゃく
九龍城クーロンじょうでは邪気じゃきと呼んでいます。
路人ろじんとはここに暮らす人です――

続いて現れたのはフリーダようである。渋谷しぶや駅前で霊雀館れいじゃくかんという占いの店を営む。ここでは香港ホンコン名のイップを名乗っている――

【フリーダイップ
路人ろじんだけど、邪気じゃきに触れて、
おそらく怪人になった――
よくない状況よね。
【えびき屋の子供】
怪人って何だよ?
そんな強そうじゃなかったよ!
あいつ、古靴屋ふるぐつやなんだよ!
【フリーダイップ
あなたは……
帝都じゃなくて九龍クーロンにいたのね?
【えびき屋の子供】
何言ってんだよ、おばさん!
俺はずっとここにいるんだ、
九龍クーロンフロントのすみでえびいている。

【フリーダイップ
……
そうね……
ねぇ、喪神もがみさん、聞いてくれる?
帝都に未来の香港ホンコンが繋がったの。
ここは一九九七年の香港ホンコンね。
それも普通の香港ホンコンじゃないの――
繋がった先は九龍城クーロンじょうと呼ばれる、
陰界いんかいただよ魔窟まくつのようなところよ。
世界には陰と陽の二つがある――
九龍城クーロンじょう陰界いんかいに存在しているの。
陽界ようかいからはとっくに姿を消したわ。
実は一九九七年の五月に、陰界いんかい九龍城クーロンじょう陽界ようかいに姿を見せた、いわゆる陰陽交合いんようこうごう事件があったの。

中国返還を間近に控えた1997年、香港ホンコン陰界いんかいから九龍城クーロンじょうが姿を見せた。陰陽の秩序ちつじょを乱す陰陽交合いんようこうごう事件であった――

【えびき屋の子供】
あれは大事件だったよ!
ちょうど半年前の五月だよ。
結局、風水師ふうすいしが収めたんだ――
【フリーダイップ
その風水師ふうすいしの人は、
陽界ようかいから来たのね?
【えびき屋の子供】
そうだよ、超級風水師ふうすいしだってさ!
それ以来、陰界いんかい陰界いんかいのままさ。
【フリーダイップ
今度は帝都と九龍城クーロンじょうが繋がった――六十二年先の九龍城クーロンじょうね。
これは陰陽交合いんようこうごうじゃないけれど……
何か問題があってこうなったのね。
多分、風水ふうすいに関わることよ。
【えびき屋の子供】
神獣しんじゅうの見立てが出来ていないと、
おかしなことになるんだ。
【フリーダイップ
神獣しんじゅうとは、何をして見立てるの?
【えびき屋の子供】
見立てを受ける宿命しゅくめいを持った人、
そういう人を探すんだよ。
九七年の時みたいにね!

生き別れになった姉を探すヒロイン小黒シャオヘイ。97年の陰陽交合いんようこうごう事件では、小黒シャオヘイ神獣しんじゅうのひとつ、朱雀すざくの見立てを受けた。

【えびき屋の子供】
五月の時みたいにね、
神獣しんじゅうの見立てを受ける人が、
どこかで待ってるんだよ。
【フリーダイップ
それがどこだか、心当たりはあるの?
【えびき屋の子供】
わからないさ――
けどここの邪気じゃきはらわないと、
何も進まないよ。
【フリーダイップ
喪神もがみさん、ここ九龍クーロンフロントの
怪人を鎮定ちんていできるかしら。
風水ふうすいのことはその後ね。

《バトル》

九龍クーロンフロントで怪人化した路人ろじん鎮定ちんてい、周囲の邪気じゃきは消え、路地に活気が戻った。夢玄域むげんいきに神妙な顔つきのフリーダがいた。

【フリーダイップ
喪神もがみさん――
私、あなたに是非ぜひとも
お伝えしたいことがあるの――
私、この時代の人間ではないの。
つまり一九三五年ということだけど。
びっくりしたでしょ?
こんな話を切り出されて、
普通、驚くわよね――
私は二〇一五年に生きているの。
その時代の光明路コウミョウろという街よ。
そこで文鳥占いの店を開くの。
店はプリンスパークの霊雀館れいじゃくかんよ。
帝都では省線渋谷しぶや駅前に店があるの、
喪神もがみさんも知っているでしょ。
光明路コウミョウろ陰陽交合いんようこうごう事件の時、
陽界ようかいに現れなかった街なの――

97年の陰陽交合いんようこうごう事件では、九龍クーロンフロントの他、龍城路リュウジョウろ龍津路リュウシンろ西城路サイジョウろ大井路オオイろ、それに妄人路ワンニンろが出現した。
九龍クーロンフロントに繋がる街ながら、光明路コウミョウろ陰陽交合いんようこうごう事件で浮上ふじょうしなかった。その時、光明路コウミョウろは切り離されたのである。

【フリーダイップ
二〇一五年の光明路コウミョウろで暮らし、
私はゲームをするのよ。
ゲームってわかるかしら?
剣と魔法の世界に生きる人物になり、
モンスター討伐とうばつして物語を進めるの。
私がプレーするのは、
ガリギアスオンラインと言うゲーム。
ゲーム内では周瑜シュウユと名乗るわ。
三国志の武将名ね。
職業は戦士ウォーリアーよ――
ある日行商人ぎょうしょうにんからかぎを買ったの。
トスタリアの森にある図書館の鍵よ。
その図書館は持っている鍵で、
入れる閲覧室えつらんしつが違うの――
私はエリオットの書斎しょさい銘板めいばんのある
閲覧室えつらんしつに入れることになったの。
書棚しょだなかこまれたせまい部屋……
入ってきた扉から出ると、
この街、帝都の鍛冶橋かじばしだった――

ゲームを通じて時空が繋がると言う。2015年の光明路コウミョウろと1935年の帝都――
帝都側は鍛冶橋かじばしにあるビルが時空の出入口だ。

【フリーダイップ
エリオットって、光明路コウミョウろ
陰界いんかいの謎に取り組む研究者と同じ名、
エリオットラウというのよ。
エリオットには双子の娘さんがいる。
お姉さんは美鈴メイリンっていうんだけど、
満映の麻美マーメイと友達なのよ。
麻美マーメイ、知っているでしょ?
美鈴メイリンは私と一緒に帝都に来て、
来日中の麻美マーメイと会ったのよ。
美鈴メイリンのお父さん、行方不明なの。
彼女が過去に興味を持ったのも、
お父さん探しが目的よ。
また九龍クーロンフロントに怪人が――
なかなか邪気じゃきが取れないわね。
喪神もがみさん、後で麻美マーメイさんに会ってね。

《バトル》

夢玄域むげんいきに姿を見せたのは満鉄映画社の麻美マーメイだ。彼女はある使命をびていると言う。そのことで風魔ふうまに協力を求めているのだ。

【フリーダイップ
ねぇ、麻美マーメイ――
あなたは東京で生まれたのよね?
麻美マーメイ
そうです、明治四十一年、
一九〇八年、東京の本所ほんじょ生まれです。
本名は高山たかやま麻美あさみと言います。
【フリーダイップ
それで満鉄映画社には、
いつからいるの?
麻美マーメイ
十年前です、映画社ができる前、
満鉄映画協会の頃からです。
風魔ふうまさん……
お願いがあります――
満鉄映画社に、
蘭暁梅ラン・シャオメイという女優がいます。
暁梅シャオメイとは紅楼夢こうろうむで共演しました。
暁梅シャオメイ薛宝釵セツ・ホウサ役、私が林黛玉リン・タイギョク役。
でも、先日観た映画の予告編では――
薛宝釵セツ・ホウサは全く別の女優さんでした。
【フリーダイップ
それはなんだか嫌な感じね……
麻美マーメイ
おそらく過去がどこかで、
入れ替わっているのです――
暁梅シャオメイ陰陽交合いんようこうごう事件を経験し、
その後、一九二〇年の上海シャンハイ
戻っているのです――
【フリーダイップ
きっと、一九二〇年の上海シャンハイに、
戻れていないのよ。
まだ九七年の九龍クーロンにいるのよ!
麻美マーメイ
私は、一九二九年、大恐慌だいきょうこうの年に、
上海シャンハイ仏蘭西フランス租界そかい暁梅シャオメイに会い、
私が女優へと誘いました。

蘭暁梅ラン・シャオメイ――
1920年の上海シャンハイで超級風水師ふうすいしを迎えた。天童式てんどうしき神獣しんじゅう朱雀すざくの見立てを受けるも、その宿命にはなく、見立ては完遂かんすいしない。しかし蘭暁梅ラン・シャオメイの存在が朱雀すざく龍脈りゅうみゃくを、上海シャンハイに導くことになるのだ。

麻美マーメイ
今、過去がずれたようになって、
私たちは知り合えていないことに――
風魔ふうまさん、暁梅シャオメイが戻るのを、
手伝ってくれませんか?
一九二〇年、上海シャンハイです。
【フリーダイップ
九龍クーロンフロントには陰陽師おんみょうじがいるわ。
彼は時を越えて人を飛ばせる――
でも決まった人だけだけど。

時空を操る術師、陰陽師おんみょうじ
彼は渾天儀こんてんぎを使い、さだめのある時空へと、人を転送させている。

【フリーダイップ
陰陽師おんみょうじ渾天儀こんてんぎという装置を使うの。
でも邪気じゃきが強くて、うまく、
飛び先がセットできないのよ!
麻美マーメイ
風魔ふうまさん――
お願いします、九龍クーロンの怪人をしずめ、
暁梅シャオメイが戻れるようにしてください。

《バトル》

〔山王機関本部〕

喪神もがみ梨央りお
夢玄域むげんいきとは交信は出来ないけど、
記録は残っています。
事情はよくわかりました――
サイレンが鳴ったということは、
また九龍クーロンフロントにセヒラが……
邪気じゃきでしたっけ、増えています。
帆村ほむら魯公ろこう
九龍クーロン城砦じょうさいというのは清朝シンちょうの飛び地、確かそんな場所だったような――
そこがセヒラを呼び込むとはな!
人がひしめいて、店もたくさん――
ものすごい発展ぶりだな!
喪神もがみ梨央りお
ずっと未来の話です――
六十二年後のことです。
でもその未来が今に繋がっている……
そうなんですよね?
霊雀館れいじゃくかんのフリーダが未来の人だなんて
ちょっと驚きです――
二〇一五年に暮らすだなんて。
帆村ほむら魯公ろこう
それで活動キネマの方はどうなんだ?
女優の名前、調べたか?
喪神もがみ梨央りお
紅楼夢こうろうむですよね――
薛宝釵セツ・ホウサ役は蘭暁梅ラン・シャオメイでした!
ちゃんと戻れたんですね。
帆村ほむら魯公ろこう
蘭暁梅ラン・シャオメイは一九二〇年の上海シャンハイに戻り、九年後に麻美マーメイと出会う――
これで歴史が正しく繋がったな!
だが、またぞろのサイレンだ――
喪神もがみ梨央りお
兄さん、ゼットー博士の研究室へ、
急いでください。
まだ終わっていないようです。

〔山王機関魔課〕

銀河ぎんがゼットー】
どうかな、君!!
時空を超えて繋がった先は?
めくるめく未来の光景は!!
九龍クーロンフロント!
なかなか素敵な名前じゃないか!
――ボクももっと英語を使おう。
ところで向こうには、
陰陽師おんみょうじなる人物がいるんだな?
時空を操るんだとか……

陰陽師おんみょうじとやら、絶妙ゼツミョーに気になるぞ、
なるなる、大いに気になるのだっ!!
ボクも負けじといろいろあやつる!
さぁ、君はこの夢玄器むげんいきで飛ぶんだ!
準備はいいな、勿論もちろん!!

新山眞にいやままこと
飯倉いいくら技研の裏は我善坊がぜんぼうの谷……
それを降りずに宮邸みやてい沿いに行く、
ちょうどその辺りに特異点がある――
セヒラの特異点……
一度訪れたが、ただへいがあるのみ。
特異点と言うにはあまりにも小さい。
あの宮邸みやていは……確か……
東久邇宮ひがしくにのみや、それと聖宮ひじりのみやのはず。
その昔は静寛院宮邸せいかんいんのみやていだった。
皇女和宮かずのみやが暮らした屋敷だ――
宮邸みやてい脇の表通から下る御組坂おくみざか
その坂を見下ろすかぎ状の路地には、
永井ながい荷風かふう先生の偏奇館へんきかんが建つ。
麻布あざぶ市兵衛町いちべえちょう――
あそこには何かがある、
継続して観察するとしよう。

九龍クーロンフロント〕

夢玄域むげんいきに現れたのは、九龍クーロンフロントの南側、龍城飯店リュウジョウはんてんのエントランスを含む一帯だ。双子中心ふたごちゅうしんの他、剥製屋はくせいや阿片屋あへんやのきつらねる。

麻美マーメイ
風魔ふうまさん!
暁梅シャオメイですが映画の予告編に
ちゃんと登場していました。
ずれてしまった歴史が、
元通りに戻ったのです。
【フリーダイップ
よかったじゃない!
これで蘭暁梅ラン・シャオメイはあなたと一緒に、
紅楼夢こうろうむ挨拶あいさつで日本に来るのね。
麻美マーメイ
ええ、そうです――
紅楼夢こうろうむ浅草あさくさでかかります。
暁梅シャオメイも一緒に訪日ほうにちします。
【フリーダイップ
――多分、蘭暁梅ラン・シャオメイかぎになるはず。でもまだわからないわね……
ねぇ、麻美マーメイ
あなたに紹介した美鈴メイリン
彼女、風水ふうすいに関係していなかった?
エリオットの書斎しょさい
度々たびたび使ってる形跡けいせきがあるんだけど。
麻美マーメイ
ええ、美鈴メイリンは何度か来ています。
彼女のお父さんの名前も、
エリオットです――
【フリーダイップ
行方不明ゆくえふめいなのよね、彼女のお父さん、
確かエリオットラウだったわね。
風水ふうすいの研究をしていたとか聞くけど。
麻美マーメイ
ええ、そうです。
美鈴メイリンから聞く限りですが、風水ふうすい龍脈りゅうみゃくを未来へ繋ぐ研究です。
【フリーダイップ
何かの機械を作っているんでしょ。
確か老街ラオガイにあるのよ、研究室。
麻美マーメイ
気機ききという装置を作るそうです。
【フリーダイップ
その装置が風水ふうすいを正すの?
麻美マーメイ
龍脈りゅうみゃくと呼ばれる気の流れ、
それが過去から未来へ繋がることで、
風水ふうすいまもりは永遠となります。
気機きき風水ふうすい龍脈りゅうみゃくを受け止めて、
未来へと繋ぐ働きがあるそうです。
でも気機ききは開発の途中です。
まだ完成していないそうです。
美鈴メイリンのお父さんは、
さらわれたのだと思います。
【フリーダイップ
そんなことするの、
蛇老講オールドスネークくらいなものね……
手下は双子師ふたごしと呼ばれているわ。
麻美マーメイ
蛇老講オールドスネーク……
美鈴メイリンおそれていました。
風水ふうすい阻害そがいする一派だとか――
【フリーダイップ
連中、双子の響き合う力を利用する。
それは鳴力ミンリーっていうんだけど、
鳴力ミンリー風水ふうすい龍脈りゅうみゃくゆがめるのよ。
麻美マーメイ
そんなこと、できるのですね――
【フリーダイップ
そう言えば……
クーロネットで話題になっていた――
強力な鳴力ミンリーの実験計画があるって。

クーロネットとは九龍城クーロンじょう内にめぐらされた、通信ネットワークのことである。専用端末たんまつからアクセスできる。

【フリーダイップ
地下茎リゾームというネットワークで、
パピヨンという名のメンバーが、
双子中心ふたごちゅうしんでの実験情報を掴んだの。
麻美マーメイ
今、風水ふうすい途絶とだえでもしたら、
帝都は陰界いんかいへ、
飲み込まれてしまいます。
【フリーダイップ
喪神もがみさん、怪人鎮定ちんていをお願い。
双子師ふたごし邪気じゃきが少ないと、
思うようには行動できないのよ。

《バトル》

蛇老講オールドスネークの計画した強力鳴力ミンリーの発生は、双子師ふたごしの活動をふうじることで阻止そしできた。しかし風水ふうすいの危機が去ったわけではない。

【フリーダイップ
双子師ふたごしは、邪気じゃきが少なくて、
思うように動けなかったみたいね。
強力な鳴力ミンリーは起きなかった――
【えびき屋の子供】
ねぇ、おばさん!
今、双子師ふたごしがどうしたとか言った?

【フリーダイップ
……
【えびき屋の子供】
双子師ふたごしの奴らって、人間じゃないよ。
俺、見たんだ――
奴ら、仮面着けてるんだよ。
仮面はずすと、その下は真っ黒……
真っ黒のうずが巻いているだけだった!
【フリーダイップ
邪気じゃきに乗っ取られた人間もどきね。
人籟魔じんらいまの材料になる怪人も、
たしかそんな感じよね――
でもエリオットは行方ゆくえ知れずで、
気機ききという装置も完成しない……
未来のことが心配ね。
【えびき屋の子供】
未来って……
おばさんは確か……
【フリーダイップ
二〇一五年の光明路コウミョウろよ。
【えびき屋の子供】
随分ずいぶん先だね……
俺、いくつになってるんだ?
――えーっと……
【フリーダイップ
今の歳に十八年せばいいのよ。
【えびき屋の子供】
うん、そうだね!
もうすっかり大人だよ!
でも……
その頃には九龍クーロンフロントと光明路コウミョウろ
遠く離れてしまうんだろ?
どっちも陰界いんかいただようのは同じだけど。
【フリーダイップ
そうね、私の時代で、
あなたと会うことはないわね。
【えびき屋の子供】
それで、おばさんの時代で、
また龍脈りゅうみゃくが消えちゃうのか?
【フリーダイップ
せっかく過去から繋いだ龍脈りゅうみゃくを、
未来へ届けられないかも知れないの。
そのための装置が未完成なのよ。
老童ロウトンがあればいいとか、
そんな話だった――
又聞またぎきの又聞またぎきだけどね。
【えびき屋の子供】
ええ?
今、なんて言った?
ねぇ、おばさん!
【フリーダイップ
老童ロウトンのこと?
【えびき屋の子供】
おばさん、それだよ!
老童ロウトン、レナードが持ってるんだ!
またの名はサイラスだよ。

硝子ガラスうつわの中に謎の小動物の頭骨ずこつを収め、いくつもの電極を繋いだ霊的装置、老童ロウトン。気の流れを加速する作用があるようだった。

【フリーダイップ
またの名って……
サイラス・チャンは光明聯社コウミョウグループ親分ボス、そうでしょ?
【えびき屋の子供】
おばさんの時代でもボスなんだ!
そのサイラスだよ、まさに親分ボス
サイラス・チャンなんだよ。
【フリーダイップ
同じ人なの?
私の店に来るときは、
いつもレナードよ――
繊細せんさいでナイーブなレナード――
びんの中に黄金虫を飼っているのよ。
うちの文鳥ともお話するわ。
【えびき屋の子供】
レナードはサイラスの別人格なんだ、
毎日、午後二時にレナードになる。
【フリーダイップ
そうなのね。それじゃ……
レナードに頼むといいのね、
サイラスは老童ロウトンを知らないでしょう。
【えびき屋の子供】
サイラスなんておっかないよ、
あの人に会いたくなんてないね。
おばさんの時代もそうでしょ?

【フリーダイップ
そうね……
今じゃ滅多めったに姿を見せないけれど。
喪神もがみさん、私、光明路コウミョウろに戻るわ。
そしてレナードとお話してみる。
――老童ロウトンのこと、頼んでみる。
【えびき屋の子供】
その間、邪気じゃきが増えないように、
あんたは九龍クーロンフロントの怪人路人ろじんを、
やっつけるんだよ!
じゃないと、おばさん、
戻ってこれなくなるよ!

《バトル》

フリーダは2015年の光明路コウミョウろから戻った。レナードに老童ロウトンの相談をしたのだ。その光明路コウミョウろでは邪気じゃきが強まっているという。

【フリーダイップ
なんとか無事に戻れたわ。
レナードはこころよく了解してくれた。
――老童ロウトン、貸してもいいって。
でも不思議なの……
ねぎき屋の子供がいてね、
レナードの老童ロウトンのこと、知ってたの。
それを必要とする人に、
教えるんだとか……
いつ、知ったんでしょうね?
麻美マーメイ
老童ロウトンが見つかったってこと、
美鈴メイリンに伝えないと――
【フリーダイップ
今は無理よ。
麻美マーメイ
どうかしたんですか?
無理って――
【フリーダイップ
光明路コウミョウろ物凄ものすご邪気じゃきが強くなって、
とてもいられる状況じゃないの。
だから急いで戻ったのよ。
レナードは、私の店を出てすぐ、
サイラスに戻ったの。
危なかったわ――
また龍脈りゅうみゃくが弱くなった、
そういうことなんじゃない?
麻美マーメイ
暁梅シャオメイから聞いたのですが、
一九二〇年の上海シャンハイで、小黒シャオヘイという女性が朱雀すざくになります――

九龍クーロンフロントに暮らしていた小黒シャオヘイは、1920年の上海シャンハイにおいて、朱雀すざくの見立てを受ける宿命をびていた。

麻美マーメイ
それで未来へ龍脈りゅうみゃくが繋がるのですが、どこかで途絶とだえそうになっている、そうなのかも知れません――
今度こそ、暁梅シャオメイなのではと――
彼女が神獣しんじゅうになる宿命、そうじゃないかしら。上海シャンハイ朱雀すざくの見立ての場にいた――
それで彼女も宿命をびるように……
――そう思えてならないのです。
【フリーダイップ
あなたたちは映画の挨拶あいさつで、
帝都に行くんでしょ?
麻美マーメイ
そうです――
暁梅シャオメイ麻布あざぶにあるチョウホテルに泊まる、その予定だと聞いています。
近くに作家の永井ながい荷風かふう先生の家、
偏奇館へんきかんがあって、そこも訪れると。
【フリーダイップ
偏奇館へんきかん……ペンキりなのでその名前。麻布あざぶ市兵衛町いちべえちょうの高台に建つのよ。東久邇宮邸ひがしくにのみやてい聖宮邸ひじりのみやていのある町ね。

新山眞にいやままことがセヒラの特異点を見つけたのも、麻布あざぶ市兵衛町いちべえちょう宮邸脇みやていわきであった。遠くに見えるのが飯倉いいくら技研である。

【フリーダイップ
蘭暁梅ラン・シャオメイ麻布あざぶ市兵衛町いちべえちょうで、
神獣しんじゅうの見立てを受ける――
そういうことかしら?
麻美マーメイ
そうかも知れません――
神獣しんじゅう朱雀すざくの見立てですね。
今のところ、私たちは上海シャンハイで出会い、暁梅シャオメイは女優になり、帝都に行く――
正しい歴史の流れです。
【えびき屋の子供】
大変だよ、早く止めなきゃ!
【フリーダイップ
どうしたの、血相けっそう変えて?
【えびき屋の子供】
双子師ふたごし大挙たいきょして押しかける!
【フリーダイップ
どこに?
まさか……帝都に?
【えびき屋の子供】
たぶんそこだよ!
奴ら、風水ふうすい龍脈りゅうみゃくを邪魔しに行く、そのつもりなんだよ!
【フリーダイップ
帝都にはセヒラがあふれている――
双子師ふたごしが帝都に入ると、
見つけるのはとても困難よ。
【えびき屋の子供】
九龍クーロンフロントの怪人路人ろじんを倒して、
邪気じゃきを抑えるしかないよ。
今のうちだよ、あんた!

《バトル》

蘭暁梅ラン・シャオメイは帝都の麻布あざぶ市兵衛町いちべえちょうで、神獣しんじゅう朱雀すざくの見立てを受けた。
それを行ったのは1人の旅行者である。商用で香港ホンコンを訪れ、陰界いんかいちたのだ。その人物は光明路コウミョウろ美鈴メイリンと出会い、「生体通信」によって帝都へ飛んだ――
しかるべき時、しかるべき場所にいる、それで見立てがされたのである。

麻美マーメイ
光明路コウミョウろから邪気じゃきが消えたそうです。
――綺麗きれいさっぱりと。
【フリーダイップ
美鈴メイリンはレナードから老童ロウトンを借り、
気機ききを動かすことに成功したのよ。
大成功よ!
気機ききによって力強い龍脈りゅうみゃくが、
未来へと繋がったそうよ。
過去から来て未来へ繋がったって。
麻美マーメイ
おそらく――
暁梅シャオメイ神獣しんじゅう朱雀すざくに見立てられた――
そうに違いありません。
一九三五年、帝都で。
紅楼夢こうろうむの上映に先立ち、
私たち二人は、浅草あさくさの映画館で、
舞台挨拶あいさつをしました。
舞台挨拶あいさつの後、暁梅シャオメイ麻布あざぶに――
永井ながい荷風かふう先生の偏奇館へんきかんへ寄るのです。
私たちは日本橋でお別れしました。
紅楼夢こうろうむ大連ダイレンでも上映されるので、
明日、日本をちます。
横浜からえにせい丸に乗ります。
暁梅シャオメイも同じ船に乗るので、
今日、麻布あざぶのホテルに迎えに――
でも、彼女、
ホテルには泊まっていなかった――
投宿とうしゅくしていないのです。
【フリーダイップ
蘭暁梅ラン・シャオメイを見立てた人、
私の店に来たわ。まさにその人よ。
かりにAさんとしておく。
Aさんが美鈴メイリンを助ける感じで、
蘭暁梅ラン・シャオメイの見立てに行き着いたのよ。
ねぎき屋の子供が、
Aさんに老童ロウトンのこと教えたの。
麻美マーメイ
それで、美鈴メイリンはどうしていますか?
気機ききが無事に動いて……
【フリーダイップ
Aさんが手に入れた風水鏡ふうすいきょうに、
エリオットの思念が浮かんだそうよ。
美鈴メイリンのお父さんの思念が……
エリオットはね、
蛇老講オールドスネークさらわれたんじゃなく、
自分から深いところに入ったのよ。
【えびき屋の子供】
おばさん!
ぼやぼやしていると、
元の場所に戻れなくなるよ!
だんだん、離れていってるんだ――
【フリーダイップ
繋がりがはずれるのね!
【えびき屋の子供】
そうだよ!
ちょっとだけ見た帝都って、
なかなかいい感じだけど――
でも俺は九龍クーロンが好き!
海鮮中心かいせんちゅうしんでえびくんだ!
【フリーダイップ
心配しないで、私なら大丈夫よ。
どちらの時代にも行けるから。
【えびき屋の子供】
でも一九九七年には来ないよね!
【フリーダイップ
そうね、行かないわ。
【えびき屋の子供】
じゃ、これでお別れだね――
それから――
あんたも、気を付けなよ、
いつ邪気じゃきに襲われるやも知れない!
【フリーダイップ
さぁ、もう行って!
あなたの時代に戻るのよ!
【えびき屋の子供】
わかった――
最後だから……言ってみたかったことがあったんだ――
【フリーダイップ
どんなことなの?
【えびき屋の子供】
アディオス、あばよ!
麻美マーメイ
風魔ふうまさん、
また帝都でお会いすると思います。
そのとき、どこまで話せるか……
いや、このことを覚えているか、
それさえわかりませんが――
【フリーダイップ
私は霊雀館れいじゃくかんに戻るわ。
渋谷しぶやのお店よ、また寄ってね。
いろいろ仕入れておくから。

1997年陰陽交合いんようこうごう事件を経験した蘭暁梅ラン・シャオメイ。彼女も、小黒シャオヘイ同様、朱雀すざくとなる存在だった。1935年帝都、1997年九龍クーロンフロント、そして2015年の光明路コウミョウろ――
3つの時空が蘭暁梅ラン・シャオメイの宿命をつむいだのだ。

〔山王機関本部〕

喪神もがみ梨央りお
兄さん、お帰りなさい。
まさか、満映の女優さんが、
神獣しんじゅうの見立てを受けるなんて――
そんなこともあるんですね!
帆村ほむら魯公ろこう
しかし未来では、
風水ふうすいを機械で繋ぐのか……
まるで電波の中継ちゅうけいみたいだな!
喪神もがみ梨央りお
その装置を作った研究者の人、
エリオットって、エリオット手稿しゅこう
残した人ですよね?
今に伝わっているということは、
もっと昔に行ったんですか?
帆村ほむら魯公ろこう
おそらくエリオットなにがしは、
アラヤ界を彷徨さまよう思念なのだろう。
自らを思念に変えたのだ――
研究のためにな!
喪神もがみ梨央りお
双子の娘さんがいるんですよね?
お姉さんが美鈴メイリンさん、
それじゃ妹さんは……
帆村ほむら魯公ろこう
その姉妹についても、
少し調べる必要がある。
何より、フリーダの遊ぶやつ、
何だ、ゲームとか……
――そいつも気になる。
喪神もがみ梨央りお
ガリギアスオンライン――
フリーダさんは武将の名前なんですよ。
帆村ほむら魯公ろこう
鍛冶橋かじばしのビルとか言っておった。
時間のある時、巡視パトロールに出てくれ。
今日はもうよい、休むんだ。
喪神もがみ梨央りお
兄さん、お疲れ様でした!
紅楼夢こうろうむ、観に行かなきゃです!

鈴代の決意

けたたましい警報が鳴り響いていた。それは何かおぞましいものの到来とうらいを告げるかのようであった。

〔山王機関本部〕

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
異常なセヒラを観測しました!!
――見たことのない値です。
帆村ほむら魯公ろこう
何だったんだ、今の警報は?
喪神もがみ梨央りお
セヒラです、異常なセヒラです。
値がとても大きくて!
変動もすごくて!
帆村ほむら魯公ろこう
わかった、わかった、梨央りお
それで、まだあるのか?
その、異常なセヒラは。
喪神もがみ梨央りお
いえ、今は観測していません。
でも――

新山眞にいやままこと
失礼します、
飯倉技研いいくらぎけん新山にいやまです。
帆村ほむら魯公ろこう
ちょうどよかった……
今しがた、セヒラの異常を観測した。
――何があったんだ?
新山眞にいやままこと
もしかすると……
博士が――
しでかしたかもです。
帆村ほむら魯公ろこう
博士?
――銀河ぎんがゼットー博士がかな?
新山眞にいやままこと
ええ、そうです。
以前、博士からわれたんです。
――ある装置をこしらえるので、
新山眞にいやままこと
霊式れいしきヘテロヂンの理論が知りたいと。
波形合成の理論と解法を求められ、
私の研究ちょうをお渡ししました。
喪神もがみ梨央りお
それって、セヒラに関係する、
そういうたぐいの装置ですか?
新山眞にいやままこと
どうも、そのようです。
何でも画期的な装置だそうです。
それが作動して異常なセヒラを――

喪神もがみ梨央りお
兄さん、その博士から、
是非とも調整室に来て欲しいと。
――何があるんでしょうか……

〔山王機関魔課調整室〕

銀河ぎんがゼットー】
いやぁ~来たかね、君!!
驚天動地きょうてんどうちの大発明が完成したのだ!
世紀の、まさに世紀の大発明っ!!
落ち着くんだ、君!
ここにらせしは~
――夢玄器むげんきなりぃぃぃ~!

不可思議な眼鏡のような物が、銀河ゼットー発明による夢玄器むげんきであった。夢玄器むげんきは何かと繋がっているようである――

銀河ぎんがゼットー】
おーほほっ!
そうだ、夢玄器むげんき!!
大完成した我が夢玄器むげんきである。
こいつはアラヤ界の思念を吸い出し、
仮想的劇的空間を作り出す装置マシーンだ。
その空間を夢玄域むげんいきと呼ぶことにする。
先程、ボクも夢玄器むげんきを着けて、
夢玄域むげんいきに入ってみたんだ――
見えたよ……いや、ボクは訪れたんだ。
我が故郷……我が父、銀河Y太郎わいたろう
ボクは尋常小学校五年生だった……
あの夏の日、蒼天そうてん下の八月一日、
我家の木戸に父とペンキを塗った……
脳天を刺す日射熱を今も感じる。
数年後、父は実験でウランに被爆した――
さてだ、君も出かけたいだろう?
早速、こいつを着けて夢玄域へむげんいき!!
よぅし、準備はいいな、勿論もちろん!!
夢玄器むげんきを着け、君が行くのは、
愛と妄想に溢れる夢玄域むげんいき!!

〔夢玄域〕

皇紀2592年、昭和7年3月――
如月きさらぎ鈴代すずよはある決意を胸に、
帆村ほむら魯公ろこうもとを訪れていた。

如月きさらぎ鈴代すずよ
先日のことです……
銀座を歩いていて、一人の学生さんと
すれ違ったのです――
すれ違いざま、その人は振り返り、
ものすごい形相で
私をにらみつけました――
その人は気付いていたのです……
私の霊異りょういすことに――
あるいは想像したのかも知れません。
私のを呼ぶさまを――
帆村ほむら魯公ろこう
その学生は、おそらくを呼ぶ者。
流派にない者でもを呼ぶ例が、
どうやら増えてきておる――
如月きさらぎ鈴代すずよ
にらまれた私は何もできませんでした。
ただ、その場に立ちすくみ、
身を硬くするばかりでした。
――その時、悟ったのです。
もう私には霊異りょういは現れないと。
東雲流を守るほどの霊異りょういは――
先生、東雲しののめの流派を閉じようと……
これ以上、こだわっていても、
良い方向に向かうとは思えません。
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
鈴代さん、お前さんがそう思うのなら
そのようにすれば良い。
東雲流帰神法しののめりゅうきしんほう、わしが受け継ぐ。
お前さんが流派に戻りたければ、
いつでも戻れば良い。
如月きさらぎ鈴代すずよ
心強いお申し出、感謝します――
帆村ほむら魯公ろこう
ちょうど軍の方からも話があって、
帰神きしん法の流派をまとめてくれと。
そう頼まれておったところだ。
軍は軍で調査をしておったという。
わしら審神者さにわ帥士すいしと呼ばれておる。
ひきいる士官ということだな――
ただ流派を閉じるにしても、
一朝一夕いっちょういっせきには運ばないぞ。
しばらくは協力してもらうことになるな。
如月きさらぎ鈴代すずよ
勿論もちろん、協力は惜しみません。
帆村流帰神法ほむらりゅうきしんほうとしてお整えください。
帆村ほむら魯公ろこう
風魔ふうまの奴もめきめきと、
上達しておるからな!
如月きさらぎ鈴代すずよ
そうですわね。
とても頼もしく存じます。

年初に帝大のつた博士がセヒラを同定。並び発表されたに関する論文により、陸軍参謀本部では特務機関の設置を決めた。
喪神もがみ風魔ふうま、20歳――
陸軍士官学校予科の卒業を目前にしていた。卒業後は、本科進学に先立ち伍長ごちょうに任官する。

夢玄域むげんいき近代的モダンなビルヂングが現れた。それは東京新宿にある東洋ホテルだった。
一室人8えんの高級ホテルである。

麻美マーメイ
ここは新宿の東洋ホテルですね。
界隈かいわいきっての高級ホテルです。
外国人も多く利用しています。
実はこのホテル、鈴代さんの叔父おじ
山郷やまごう武揚ぶよう常宿じょうやどなのです。
山郷やまごう武揚ぶようは山梨から上京する毎に、
この東洋ホテルに投宿とうしゅくします。
彼は鈴代さんが流派を閉じることを、
良くは思っていません。
今、彼の思念が強く働いています――
ゆかりのある人の思念が、
縁のある場所を出現させるのです。
怪人もその場所に由来しています。
ホテルならホテルの従業員、
あるいは宿泊客もいるはずです。
残留思念から怪人が生まれるのです。
それでは慎重に取り組んでください。
期限が来ると思念はすべて
消えてしまいます――

《バトル》

山郷やまごう武揚ぶよう
あろうことか、鈴代すずよによって、
我が東雲しののめ流が閉じられようと――
そのような擅断せんだん、私はゆるさない!
研鑽けんさんを積めば、
いくらでも霊異りょういは得られるのだ。
おい、小森こもり
お前は荒木町あらきちょうの酒屋として、
如月きさらぎ家に用聞きをしているな?
小森こもり時夫ときお
――はい……
山郷やまごう武揚ぶよう
お前にも力を授けよう。
その代わり、如月きさらぎ家のこと、
細大漏らさず伝えるのだ。
小森こもり時夫ときお
承知しました。
おおせの通りに。

〔山王機関魔課調整室〕

銀河ぎんがゼットー】
むむむむむ――
君はすこぶる安定しておったな!!
――反してボクはダメだった……
夏空が真っ黒になり、父が消え、
世界の像がいちじるしーく乱れてしまい、
気付くとここに戻っていた――

君の場合は大丈夫なようだな!
君の働きに恐れをなしたか、
夢玄域むげんいきが観測できなくなった!
そうだよ、夢玄域むげんいきが消滅したんだ!
次に夢玄域むげんいきが現れたら、
赤札あかふだ特務を申請しておくぞ。
ひとまずゆっくりしてくれ!

〔山王機関本部〕

喪神もがみ梨央りお
博士の発明、何かすごいですね。
あの異常なセヒラは夢玄器むげんき
せいだったんですね!
帆村ほむら魯公ろこう
アラヤ界から思念を集めて
ひとつの空間が仮想に再現された……
不思議な事もあるもんだ。
ゼットー博士は、同様の仕組みで、
も作られているのではと、
考えているようだな。
喪神もがみ梨央りお
じゃ、夢玄器むげんきのようなもの、
他にまだあるんですね?
帆村ほむら魯公ろこう
帥士すいしの前にを現すのだ、
夢玄器むげんきとはまた異なる原理だろうな。

銀河ゼットーがひらいた仮想の世界、夢玄域むげんいき。そこでは人々の思念が形を成していた。まるで心のうちを見かすかのようである。

第三章 第十一話 金神の出現

はらえの・帝都〕

神子柴みこしばの洗脳により、よみがえりをもくして、自死じしする者が相次あいつぎ、その者らの思念が、神子柴みこしばに更なる力を与えた。力を得た神子柴みこしば錬金術れんきんじゅつ理論ロジックを用いて、金神こんじんを生み出そうとしていた。
帝都満洲にそれが現れたのだろうか?

〔上野黒河コクガ・南〕

上野うえの黒河コクガでは、酷寒こっかん様相ようそうを見せていた。すべてがてつき、色を失いつつあった。

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
上野うえの黒河コクガの様子はどうですか?
上野うえの黒河コクガ方面ですが、
セヒラの値、大きく変動しています。
用心してください。
上野うえの黒河コクガのどこかで、
セヒラが凝固ぎょうこしているようです。
周りのセヒラを吸っています!

【聖直階ちょっかいフィリポ】
――あなたを、感じます……
ここが終末の場なのですか?
私はどうしましょう……
どうにもなりそうにもありません……

【聖権正階ごんせいかいアンデレ】
諸君!
いよいよもってよみがえりの時だ。
――ん、あんた、誰だ?
こんなところに、よくいられるな!
それとも、一足ひとあし先によみがえったのか?

【聖明階めいかいペトロ】
き、貴様は!
歩一ほいち寄生きせいする山王さんのう機関の者だな!
わかるぞ、こんなになってもな!
俺達のよみがりを邪魔しに来たのか?
――フフフフ……
俺は歩兵少尉から聖明階めいかいになった!
殉教者じゅんきょうしゃペトロの名も頂いた!
あと少しでよみがえりだ、
お前にはいなくなってもらうぞ!!

《バトル》

【聖明階めいかいペトロ】
……体が消え、ついに念まで……
消えてしまうのか……

【聖直階ちょっかいマタイ】
さっき法科の山下がいたな。
いや、いたのは山下の念だが……
あいつ、人生よろづ相談に出かけて、
そのまま行方不明になったんだ……
あいつが行ったのは新宿しんじゅくの相談所さ。
それなのに――
なんで、こんなところにいるんだ?

【聖浄階じょうかいヨハネ】
黒化ニグレドするだけではダメだ。
神子柴みこしば様の真意をめばわかること。
なるべくその先の段階へ進むこと、
そうして私は黄化キトリニタスを終えたのだ。
いよいよ金の生まれるとき――
金神こんじんのご降臨こうりんのとき――
合一ごういつできるかどうか、わからない。
だが試す価値はある――
阻止そしすることなど、誰にもできない!

《バトル》

【聖浄階じょうかいヨハネ】
いよいよ赤化ルベドを迎えるこの私を、
たおしたつもりでいるのか?
私が金神こんじんとなるかも知れぬのに!

〔上野黒河コクガ・南西〕

不忍池しのばずのいけおぼしき池はこおりついている。
宙に浮く金色の輝く光と、それに向き合う神子柴みこしばがいた――

神子柴みこしばはつゑ】
金神こんじんは現れました――
まさに錬金れんきんすべにより、
また多くに思念を集めて――
しかし私は合一ごういつできませんでした。
金神こんじんから退しりぞけられたのです。
わらってください、みじめなざまを。
早すぎたのでしょうか――
あるいは遅すぎたのでしょうか――
金神こんじん合一ごういつではなく、
私の念を求めているのです。
――私は……吸われてしまいます……
もう、持ちそうにありません……
なぜ、このようなことに……
私の念が……あああ……吸われる……

そこに在るもの――
錬金れんきんのすべをくし、現れし存在――
幾多いくたの思念をつむぎ、生まれし存在――
金神こんじん――
すべてを破壊する兇神まがつかみ――
だが、神と呼ぶにはあまりにも拙劣せつれつであり、いまだ無数の邪心のたぎ根塊こんかいでしかない。
あらゆる念がり固まり、形をした。
恐怖、憎しみ、あるいは死への憧憬しょうけい――
強い念も弱い念も一つに合わさり、今、霊異りょういを現さんとしていた――

《バトル》

金神こんじん
脱血缶だっけつかん一杯に……親兄弟をさつし……
……聖明階めいかいになった……
あああ……吸われる……

金神こんじんは消えた――
思念を吸い寄せる引力はなくなった。

【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
帝都満洲でセヒラの凝固ぎょうこは、
きれいになくなりました。
【着信 帆村ほむら魯公ろこう
梨央りおが言うには、帝都からも、
セヒラが吸われていたそうだ。
――もう終わったんだな?
【着信 喪神もがみ梨央りお
はい……
でも怪人現象はむしろ増えています。
どうしてでしょうか?
【着信 帆村ほむら虹人こうじん
僕が思うに……
人間の心のうちにある怒りや憎しみ、
そういった感情まで引っ張られて、
表に出たんじゃないか?
平生へいぜいは抑えていた感情だ、
それが表に出た――
【着信 喪神もがみ梨央りお
では、怪人ではないのですね、
今、寄せられている報告は。
【着信 帆村ほむら虹人こうじん
ああ、ただ兇暴きょうぼうになっているだけだ。
でも、放っておくとセヒラに触れ、
怪人化するおそれがある。
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
本部へ帰還してください。

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん、お疲れ様でした。
虹人こうじんさんも!
帆村ほむら魯公ろこう
皆、よくやってくれたな。
九頭くず幸則ゆきのり
聖日せいじつの本社には、
とうとう特高が入ったらしい。
周防すおう彩女あやめ
彩女あやめ、やはりと思ってしまいます。
強く強く感じていましたから!
新山眞にいやままこと
大元おおもとけても、
まだ信者はいるでしょうね。
銀河ぎんがゼットー】
ところでだよ、金神こんじんの標本なり、
何か持ち帰ったかね!
帆村ほむら虹人こうじん
あれは思念のかたまり、まるで自分の重さでつぶれていくようなもの――
そうではないですか?
帆村ほむら魯公ろこう
しかし神子柴みこしば、あれは一体何者だ?
怪人などではないな、あれは。
思念が人格化したような存在か――
周防すおう彩女あやめ
思念が人格化……
だから彩女も強く感じられたのかも
知れませんわ!
帆村ほむら魯公ろこう
かも知れないな……
新山眞にいやままこと
一定量を超す思念が集まると、
凝固ぎょうこしたり、何か別な動きを見せる、
そういうことがわかりました。
帆村ほむら魯公ろこう
アストラルの様子をさぐると、
思念のことも見えるような気がする。
今日のところはゆっくりしてくれ。
みんな、これで解散だ!

第三章 第八話 不忍池心中未遂

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

新聞では毎日のように怪人事件が報じられ、子供達の間では怪人遊びなる遊びが流行る。
興亜日報こうあにっぽう帝都版では再び特集を組んだ。
特集の中で「帥先そっせんヤ」と言う言葉が登場した。
悪戯いたずらに怪人化をそそのかすような連中のことだ。
あるいは自ら怪人を目指す者も帥先そっせんヤだった。

周防すおう彩女あやめ
こんにちは! 
喪神もがみさん、彩女あやめ、やって参りました!
今日は号外をお持ちしたんです――
興亜日報こうあにっぽうの号外です。

彩女の差し出した号外には、上野うえの公園で起きた心中未遂しんじゅうみすい事件を扇情せんじょう的に書き立てていた――
――画学生と売笑婦ばいしょうふ・心中未遂
――画学生行方ゆくえ知れず
――帥先そっせんヤによる教唆きょうさ

周防すおう彩女あやめ
昨日の夜、不忍池しのばずのいけに二人がいるところ、
散歩の人たちが見ているのです。
画学生さん、遺書も残して――
でも、朝には学生さんの姿がなく、
売笑婦ばいしょうふだけが死んでいたって――
不忍池しのばずのいけには物見遊山ものみゆさんのようにして、
大勢の人が集まっていました……
彩女さん、その心中事件に、
何か思うところ、あったんですか?
彩女、ざわざわとした胸騒ぎを
覚えましたの。
画学生は死にそこなって怪人になった、
裏で帥先そっせんヤがそそのかした――
そう言う人まで現れて……
喪神もがみ梨央りお
そんなことまで……
みんな、よく知ってますね!
帆村ほむら魯公ろこう
おう、周防すおうさん!
今日は、どうしましたかな?
周防すおう彩女あやめ
号外をお持ちしたんですの。
帆村ほむら魯公ろこう
さては、上野うえのの事件ですか?
売笑婦ばいしょうふだけが死んだという――
周防すおう彩女あやめ
そうですわ!
帆村ほむらさま、なにかご存知ですか?
帆村ほむら魯公ろこう
うむ……
死んだ売笑婦ばいしょうふなんだが、
その死因がさっぱりで――
外傷もなく、薬を飲んだ気配もなく、
とりあえず戸山とやま衛戍えいじゅ病院に収容し、
検死をしたらしい。
それでだ、どういうわけか、
参謀本部からうちに要請があってな、
銀河ぎんが博士が応援に駆けつけたんだ。
喪神もがみ梨央りお
ええ? ゼットー博士が?
じゃ、怪人化したのは、
学生じゃなく女性の方なんですか?
帆村ほむら魯公ろこう
状況を知った参謀本部の判断らしいが、
さっぱりわけがわからない!
――にしてもだ、この号外……
昨今さっこんの心中ブームと怪人現象を、
強引に結び付けようとしておるな。
帥先そっせんヤを増やすばかりだ――
喪神もがみ梨央りお
帥先そっせんヤって、率先そっせんするからですか?
片仮名のヤって屋のことですか、
普通に書くと率先屋ですよね?
帆村ほむら魯公ろこう
ブンヤの洒落しゃれだろうて。
この心中騒ぎ、何かありそうだ。
風魔、早速戸山とやまへ向かってくれ!

戸山衛戍病院とやまえいじゅびょういん・モルグ〕

銀河ぎんがゼットー】
検死医はアストラルを見たらしい。
バシーンと怪しい光が走ったと、
そういう報告だったそうだ!
彼らはアストラルを知らんからな。
でもボクはピーンと来たね!
参謀本部もピーンと来たんだ、きっと!
売笑婦ばいしょうふの思念がアストラル化した。
だとすればだ、このモルグにいるはず!
だが、現世では見えにくいぞ――
御託ごたくは沢山だな、勿論もちろんだ!
よし、この新開発の幽体刺激装置に、
電気を通して見るぞ!!

そう言うとゼットーは手に持つ2本の電気コードを接触させた。装置というより、普通の電気コードであった。

【売笑婦アストラル】
アタシは教えの通りにした――
ちゃんと死ねたよね……
死ぬ間際までしか覚えていないけど。
銀河ぎんがゼットー】
うぉう! 出たぞ、喪神もがみ君!
この反応、計算通りであーる!!
【売笑婦アストラル】
今がよみがえりの時かい?
――違う気がするよ……
さては金神こんじんは現れたのかい?
銀河ぎんがゼットー】
こ、金神こんじん
それが現れるとは、何事!?
一体全体、何が起きるっ!!
【売笑婦アストラル】
アタシ、だまされた?
フフフ……単純ね、アタシも。
悔しいから、あんたも道連れね!
銀河ぎんがゼットー】
喪神君! さぁ、審神者さにわの出番だぞ!!
を召喚して、戦うのだ!!
僕の愛しいたちよ、いでよ!!

《バトル》

銀河ぎんがゼットー】
素晴らしいグレ――ート!!
ボクのもたいしたものだろう!
ふほーっ!!
さぁて、君!
今の現象は何だ?
考えるまでもなく、解明したぞ!
女の思念が死によってぎ取られ、
セヒラに触れてアストラル化した。
実に明瞭明晰めいりょうめいせき含蓄がんちく深き推論だ!
しかーし!
何故、女アストラルは金神こんじん等と……
――わからん、さっぱりだ……
女は生前、
金神こんじんの存在を強く信じていたのか!
うーむ……そうかも知れん――
何者かにそうまれ……
――何と言うか、これを……
そうだ!!
洗脳だ! 女は洗脳されておった!
答は現場にある、そうだろ喪神もがみ君!
喪神君!
ここは君の機動力にゆだねる。
ボクは研究室に戻ることにするぞ。

不忍池しのばずのいけ

下谷したや署の巡査】
こら! 立ち去れ!
怪人などおらん、ここは平定へいていされた!
むむ……
特務の……方ですか、
その徽章きしょう山王さんのう機関ですね!
失礼しました!
怪人が出たなんてうわさが飛び交い、
不埒ふらちやからが詰めかけまして!
死にそこなった学生が、
怪人になったと、もっぱらの噂です。

寛永寺かんえいじの僧】
弁財天べんざいてん様をお招きするこの地で、
新宗教が活動をするのです――
怪しげな神職しんしょく風体ふうていの女が張本ちょうほんです。
信者は明階めいかいだの権正階ごんせいかいだの、
僧侶の位を名乗ります。
修行を積んだわけではないでしょうに。
傍迷惑はためいわくな話ですよ。

御徒町おかちまちの老婆】
あの死んだ女、
ここに何度も来ておったわい。
巫女みこさんみたいなのと一緒にな。
あれはもしや新宗教かいな……
他にも何人かおったのう、
まだまだ騒ぎは続くんじゃわい!
あの学生、よっぽど女に、
入れ込んでおったようじゃな。
けどな……
あの女のやり方じゃ、
死ねなんだ、そういうことじゃな。

明階めいかい信者】
私はこの世にてつとめを果たす。
教えの通りであるならば、
終末の時、多くの者がよみがえるだろう。
私はそれを見届け、命を終える。
それは無駄死むだじになどではない。
宿命、そう、宿命なのだ。
お前の仕事もおしまいだ。
さぁ、よみがえりにそなえるんだ。
私につとめを果たさせてくれ!!

《バトル》

明階めいかい信者】
ふふふふ……
これが答なのか――
長年、求めていたものは、これか!
――まぁよい、つとめは果たせぬが、
これでよみがえりはできる。
せいぜい、終末を迎え、
苦しむがいい――
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし
上野うえの界隈かいわいのセヒラ、下がりませんが、
一旦、帰還してください!

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さん!
新しい情報があるんです、
それで戻っていただきました。
帆村ほむら魯公ろこう
そうなんだよ、風魔ふうま
探信儀たんしんぎをいじくっていて、
いろいろわかってきた――
危険思想の新宗教がからんでおる。
不忍池しのばずのいけぁさんも言っておったろう、
巫女みこさんみたいななりの女だ。
セヒラは観測するが、怪人はいない。
ある種の念が反応している、
そうとしか考えられん。
その念を強めているのが、
帝都満洲からのセヒラだと思われる。
帝都の上野うえのに照応する位置に、
帝都満洲の街ができた――
そう考えておかしくないのだ、
帝都満洲、どこまでの広がりを、
見せるというのか……
まったく想像だにできん。
喪神もがみ梨央りお
帝都満洲が広がると、
帝都にもアストラルが現れ始める、
そんなこと、あるんでしょうか?
それに……
あのアストラルが言った金神こんじんのことも
気になります。
帆村ほむら魯公ろこう
金神こんじん、終末、よみがえり……
洗脳された連中がいろいろと、
事を起こしているようだな。

第一章 第九話 帝大の森

帝大ていだいキャンパス〕

東京帝国大学。
3人は正門から続く銀杏いちょう並木を歩き、
建築中の法文ほうぶん科校舎を脇に見ながら進んだ。
喪神もがみ風魔ふうま如月きさらぎ鈴代すずよ九頭くず幸則ゆきのりの3人はゴエティアをつた博士にたくすべく研究室を訪ねようとしていた。

九頭くず幸則ゆきのり
おい、風魔ふうま
ちゃんと行先の地図ぐらい
用意しとけよ。
これじゃ迷子じゃないか。
如月きさらぎ鈴代すずよ
無線で梨央りおちゃんに場所を
聞けないのかしら?
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし、上野、本郷帝大ほんごうていだい付近、
セヒラ急激に上昇中。
九頭くず幸則ゆきのり
おい、梨央りおちゃん、研究室は
どっちだい?
【着信 喪神もがみ梨央りお
法文経ほうぶんけい一号館とだけ。
そちらの位置がわからないので、
何とも言えません……
って、あれ?
幸則ゆきのりさん……
鈴代すずよさんを送っていったんじゃ……
如月きさらぎ鈴代すずよ
ごめんなさい、私が無理を
言って一緒に連れてきてもらったの。
【着信 喪神もがみ梨央りお
危ないですよ、鈴代すずさん。
すぐお戻りになったほうが……
如月きさらぎ鈴代すずよ
大丈夫よ。
私……少しでも風魔ふうまさんの
お役に立ちたいの。
だから、帰れと言われても
帰れませんわ。
帆村ほむら先生にもそうお伝えになって。
【着信 喪神もがみ梨央りお
鈴代すずよさん……
九頭くず幸則ゆきのり
梨央りおちゃん、法文経ほうぶんけい一号館ってのは、
どっち行けばいいんだ?
【着信 喪神もがみ梨央りお
もう! だからちゃん付けは
やめてください!
九頭くず幸則ゆきのり
つれないねぇ。
【着信 喪神もがみ梨央りお
研究室の場所は
学生に聞くなりしてください。
それより怪人かいじんに注意です。
兄さん、鈴代すずよさんもいるのだから
十分に気を付けてください。
如月きさらぎ鈴代すずよ
確かに急に瘴気しょうきが……
このゴエティア偽典ぎてんの影響である
気がします。
九頭くず幸則ゆきのり
お前たちの事案ってのは
ヤバいものばっかりだな。
まったく……

【白山の令嬢】
……ああ……イヤ……

石燈籠いしどうろうのそばで、着物の女性が
何かに怯えるように立ちすくみ、
辺りをうかがっている。

【白山の令嬢】
……助けて……
如月きさらぎ鈴代すずよ
どうしたんでしょう……
様子がおかしいです。

【ハムラビ法科生】
赤坂あかさかに出た怪人かいじん、車を投げたそうだ。
興亜日報こうあにっぽうの怪人特集にあったよ。
その話、寮生にしたら、
自分もできるって言い出して――
そいつ、切通坂きりどおしざかで車投げたんだ。
その時以来、そいつの姿見ないな……

波斯ペルシャ文科生】
波斯ペルシャのアケメネス朝には、
宦官かんがん怪人かいじんがいたそうだ。
巨大なてのひらで人の頭を掴んで、
握りつぶすんだって。
帝都にもそんな奴、出るのかな。

【白山の令嬢】
たくの弟、定清さだきよ、法科の学生なんです。
本郷ほんごうの下宿に一人暮らししますが、
三週間前から音信不通で……
先生にお尋ねしたところ、
ずっと欠席ですって。
下宿には同じパンフレットが沢山――
人生よろづ相談のパンフレットです。
私、気になって、神田かんだの相談所に、
行ってみたんです――
ドアーを開けて、相談所に入って……
次に気付いたら表にいました。
――頭が割れるように痛くって……
あああ、痛い……芯から響くぅぅ……
――皆で……何をしたのですか?
あああ、定清さだきよを返せ、私を返せ!!

《バトル》

【雑役夫】
西亜細亜アジア研究室かね?
あのつた先生に用とは
物好きもいるもんだ。
それなら法学三号館だ。
法文経ほうぶんけいの校舎は建築中でね、
文科は法科に間借り中なんだよ。

帝大廊下ていだいろうか

葡萄牙ポルトガル学科生】
西亜細亜アジア研究室?
ああ、それならあの眼鏡に
聞くんだね。
奴はたしかつた先生のゼミに入りたくて日参してたよ。

【メソポタミア神科生】
つた教授の研究室を探しているだって?
教授に何の用がある?
お前達のような無学の徒がおいそれと
会えるお方ではない。
それに軍人などが足を踏み入れたら
けがれる!
とっとと出て行くんだ!
九頭くず幸則ゆきのり
おいおい、俺たちには
大事な用があるんだよ。
ここに来るように呼ばれたんだ。
【メソポタミア神科生】
は? 呼ばれた? つた教授に……
来るように言われた、だと?
……何故だ……
……何故だ………

【メソポタミア神科生】
ニビル星を救うには、
地球のゴールド是非ぜひとも必要だ。
金を蒸気にして散布しなくては!
宇宙生命体の神々、アヌンナキの王は
大勢を連れて地球に降りた。
彼らが奴隷として創造したのが人間。
シュメール人はこうして誕生した。
つまりは、人類の始祖だ!
僕はつた教授の研究を手伝ううちに、
自分に神々の血の流れるを知った。
僕は、アヌンナキの末裔まつえいなのだ!
そんな僕を差し置いて、
貴様、教授の研究を横取りする気か?
断じて許さん!!

《バトル》

【メソポタミア神科生】
うう……僕はいったい?
おや? 君たちは?
九頭くず幸則ゆきのり
眼鏡君、俺たちにつた先生の
西亜細亜アジア研究室の場所を
教えてくれないか?
【メソポタミア神科生】
ああ……それなら僕が
案内するよ。

【メソポタミア神科生】
先生、新田にったです。
失礼します。

蔦博士研究室つたはかせけんきゅうしつ

扉が開いた先には書物にもれたような老教授の姿があった。

つた博士】
ああ新田にったか、お前の研究員入りは
論文提出後と言ったろう。
とっとと帰れ。
わしは今忙しい。
ン? おお! 帆村ほむらのところの……
喪神もがみ君……だったかな。
使いで来たのじゃな。
如月きさらぎ鈴代すずよ
つた先生、失礼いたします。
つた博士】
やっと終わった――
鑑定の結果、ゴエティアと判明して、
引き続き解読を行ったのじゃ。
これはしかし稀代きたいの奇書じゃよ!
偽典ぎてんじゃよ、何者かの編纂へんさんによって、
もたらされたものじゃ。
数千年前の悪魔を定義して、
そこに兵器を与えておる。
この書にはしるされておる――
一体、何者が、これを……
わからん! だが、解読は済んだ。
如月きさらぎ鈴代すずよ
悪魔に……兵器……
それは本来の悪魔とは違うのですね。
つた博士】
ああ、悪魔に人の手が入っておる。
やがて悪魔は悪魔に戻っていく、
その宿命にあるのかも知れんなぁ。
九頭くず幸則ゆきのり
悪魔が兵器をげているのですね……
うーん、さっぱり想像がつかない。
つた博士】
まぁ、無理もない。
さて、新たに書が見つかったとか。
帆村ほむらが伝えてきたぞ――
このノオトに解読した内容がある。
原本はまだ調べたいのでわしに
預からせてくれ。

風魔ふうま偽典ぎてんの解読書を受け取り式部しきべから預かった古書をつた博士に差し出した。
表紙を一撫ひとなでした途端、つた博士の瞳に歓喜の光が宿った。
そして震える指先でページる。

つた博士】
ンンンン~ム!
これは確かにゴエティア偽典ぎてん
可能性が高い古書じゃ!
さらに前のものを補完する形で
書かれておるようじゃ。
早速さっそく鑑定に掛かるとしよう!

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

帆村ほむら魯公ろこう
任務ご苦労だったな、風魔ふうま
喪神もがみ梨央りお
お帰りなさい、兄さん。
九頭くず幸則ゆきのり
梨央りおちゃ~ん! ただいま~!
喪神もがみ梨央りお
なんで幸則ゆきのりさんまで一緒なんですか!
鈴代すずよさんを送りもしないで!
如月きさらぎ鈴代すずよ
ごめんなさい。
幸則ゆきのりさんを責めないで。
私が無理を言ったのです。
帆村ほむら魯公ろこう
……まったく、鈴代すずよ女史じょしにも
困ったものだな。
九頭くず幸則ゆきのり
一度言い出すと、聞かないですから。
鈴代すずよさんは。
銀河ぎんがゼットー】
ゴエティア偽典ぎてん! ゴエティア偽典ぎてん
帆村ほむら魯公ろこう
なんだ、声もかけずに入って
来るとは……
騒がしい……
銀河ぎんがゼットー】
よ~く戻った、喪神もがみ風魔ふうま
どこだ、どこにあるんだ?
ゴエティア偽典ぎてんの解読書!!
おお、これか。ふふふふふ……
うふふふふふふ……
読めるぅ! 読めるぞ!!
喪神もがみ梨央りお
そりゃ、解読されて
ますからねぇ……

第一章 第三話 博士の異常な愛情

山王機関さんのうきかん課〕

銀河ぎんがゼットー】
なるほど、やはりそうか。
境界値きょうかいち三・五六九九五…… ファイゲンバウム点は……
んんん?喪神もがみ風魔ふうまクンじゃないか。
ボクになにか用かね?

の様子が気になったんだろう?なるほどなるほど!
実にいい心がけじゃないか!
君もが大好きなんだろ?
判ってる、判ってる。
大丈夫だ、心配ない。
ボクの後ろにある水槽を見るがいい!ここでが誕生する。
いわば、人造子宮じんぞうしきゅうという訳だ。
美しいだろ? 妖しいだろ?
こんな混沌こんとんから現れる姿がいとおしくない訳ないじゃないか?
だが、予想外の事が起きてしまった。
実はな…… この課からが逃走したのだ!
うぉぉぉ! 何故だ!
何故、こんな事に!
ボクとしたことが、何たる油断!何たる失態!
そこでだ!手分けして逃げたを回収しなければならない。
生憎あいにく、ボクは野外活動に生まれつき向いていない!
見れば判るだろう?
そこでだ、君、風魔ふうま君は怪人を鎮定ちんていしてくれたまえ!
その刹那せつなは人を離れる――
ボクがしょう超絶稼働ブンブンブンさせて、別の人にく前にを回収する。
どうだ、ワンダホーな計画プランだろ!!
はそれほど遠くには行かない。
必ずやこの近辺の人にくはずだ。
逃げたは……ヒー、フー、ミー、
――なんと! あろうことか、
全部で七体だ!!
なんという……ボクとしたことが……――この激しい落胆ぶり!!
あまりにも美しいの姿……つい夢想の中を漂っているうちに、
とんだ逃走劇をもたらしてしまった!
七体全部の回収は無理かも知れんが、
せめて一体、いや二体、いや三体……
風魔ふうま君、すべては君の腕に、かかっているのだ!まさにこの帝都の命運がぁ!!
いやいや、この上なく反省している。本当かな? 勿論もちろん!!
風魔ふうま君、善は急げだ、頼むぞ!

山王さんのうホテルまえ

【着信 喪神もがみ梨央りお
兄さん、麹町こうじまち署に通報がありました。山王さんのうホテル前に挙動きょどうのおかしな人物がいるとのことです。
セヒラ探信儀たんしんぎで確認しましたが、確かにわずかなセヒラを観測します。念のため巡視パトロールをお願いします。

セヒラ探信儀たんしんぎ――その原理はセヒラを波形に変換する、霊式れいしきヘテロヂンという技術によるものだった。
帝都には大型の探信儀たんしんぎが設置されている。渋谷しぶや戸山とやま大崎おおさき……市内6箇所にある。
ただし空白域も存在した――

四谷見附よつやみつけから陸大のある青山あおやま一丁目、赤坂離宮あかさかりきゅう青山墓地あおやまぼちも空白域であった。赤坂あかさか山王さんのうホテル近辺もそうだ。
しかし、赤坂あかさかには山王さんのう機関があり、本部には性能の良い探信儀たんしんぎが備わる。その1基で赤坂あかさか青山あおやまは広くカバーできる。

【麹町の婦人】
この近くで怪人かいじん騒動があったのは、ちょうど旧正月の頃でしたわ。あの時も山王さんのうホテルにいましたの。
春の新作レースの展示会があり、澳洪ハンガリーのレースも随分ずいぶんと出ていましたわ。
今日は新茶の予約会――最近は、どうなのですかねぇ、その騒動とやらは。

【不機嫌そうな男】
ああ、もう四十八分も待ちます。うちのさいは時間の観念が無くてね、困ったもんですよ、まったく。
それはそうと、そこの外套コオトの男、さっきから独り言がみませんね!

陰鬱いんうつそうな男】
嗚呼ああ、春よ、俺を牢獄ろうごくから解き放て。
この肉体という牢獄ろうごくから!慟哭どうこくの肉体から!

陰鬱いんうつそうな男】
ああ、そうか!貴様がこの牢獄ろうごく看守かんしゅなのだな!俺の力の前に屈する時が来たぞ!

《バトル》

陰鬱いんうつそうな男】
俺はやっぱり出られない……ああ、また独房どくぼうに戻るのか――
あああ、頭が痛い……割れるようだ。脳楽丸のうらくがんを……飲もう……
【着信 銀河ぎんがゼットー】

陰鬱いんうつそうな男】
ようし、喪神もがみ君!一体回収したぞ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
また通報がありました。
一ツ木通ひとつぎどおりの方で怪人かいじんを見たと匿名とくめいで通報がありました。
溜池通ためいけどおりを渡ったすぐのところです。怪人が大通りに出る前にふせいでください!

一ツ木通ひとつぎどおり

料亭の黒塀くろべいいき風情ふぜいを見せる一ツ木通ひとつぎどおり。まだ日中ながら、行きう人々は、春の陽気に浮かれたかのようにも見える。

若女将わかおかみ
春宵しゅんしょう、一刻、値千金あたいせんきん……
あああ、春は、なんかこう、
心がうずくのよねぇ~
――アンタ、ナニよ!そんな不景気な顔してさ!

【苛立っている男】
畜生ちくしょう! 
兄貴の奴、突然、家に帰ってきやがって!
あきないをぐつもりだと?

【苛立っている男】
ふざけんな! 
どのつらで言うか!
親父の最期、看取みとったの、俺だ!
家は俺がぐんだ、くそったれ!!

《バトル》

【苛立っている男】
はぁはぁはぁ……決心したよ!
今から帰って、兄貴と……

【着信 銀河ぎんがゼットー】
ひょひょひょ!いいぞ~その調子だ!二体目、回収完了っ!

若女将わかおかみ
このところの怪人かいじん騒動で、お客がめっきり減ったのよ。
誰に文句もんく付ければいいの?

【着物の女】
最近、人生よろづ相談の案内、よく見かけるわよね。
電話で予約するんですって。

【作家志望の青年】
君ぃ、僕はね、記念すべき第一回茶川ちゃがわ賞に応募したんだ!あっはっ!
これで僕も文壇ぶんだんの一員!
どんな話かって?
ははは、君には想像もつかないね。
――怪人三面相かいじんさんめんそうが出てくるんだ!
一人で三つの顔を持つ怪人かいじんさ。
阿修羅観音あしゅらかんのんから思い付いたんだよ!
怪人三面相かいじんさんめんそうは、女を襲うんだ――
ふふふ…… 僕のかんではね、
君たちの怪人は日枝神社ひえじんじゃさ!

日枝神社ひえじんじゃ

日枝神社ひえじんじゃ―― 宮城の南東、裏鬼門うらきもんを守る霊的結界で日吉大社ひよしたいしゃより勧請かんじょうされたやしろである。
日吉大社ひよしたいしゃは、山や森に座す国津神くにつかみ山王さんのうとしてうやまい、たてまつっている神社で日枝神社ひえじんじゃ山王さんのうと深い関わりがある。

【着信 銀河ぎんがゼットー】
喪神もがみ君…… 何だか妙なんだ…… 今しがた、三体目が回収された――
でも、君じゃないよね?――他のが戦っている…… そうとしか思えない。

【参拝客】
赤坂あかさかの方が騒がしいですね。何があったのかしら――
宅は墨国メキシコ公使館の脇ですの。山王さんのう様のお護りにあずかりますのよ。

【巫女】
ここ、日枝神社ひえじんじゃの主な祭神さいじん大己貴神おおあなむちのかみ大山咋神おおやまくいのかみです。
大己貴神おおあなむちのかみ出雲いずも大社にまつられる大国主神おおくにぬしのかみの別名です。
大山咋神おおやまくいのかみは山の神様です。比叡山ひえいざんの神様とされ、日枝ひえ日吉ひよしもこの山の名を意味しています。

【きてる巫女】
私が求め過ぎなのでしょうか……大山咋神おおやまくいのかみさま……
あなたのお姿を想うに、私は……
――あなたのたくましいかいなが、
この私を包むのです――
ああ、神さま、大山咋神おおやまくいのかみさま!

【きてる巫女】
私はあなたの中で、昇るのです!
ああ、大山咋神おおやまくいのかみさま……
あなたと合一ごういつするのです、
今、ここに!
――お前はなぜ邪魔をする!!

《バトル》

【きてる巫女】
やはり……私は求めすぎました。それゆえ、自分を失いました――
神さまは高みに戻られました。
私は……地をうのです……
もう、神さまはおいでにならない――

【着信 銀河ぎんがゼットー】
よし!を回収した…… 逃げたはあと三体だ!
【着信 喪神もがみ梨央りお
新たなセヒラ反応です。料亭、初松の前です――あの有名料亭ですね!

意気いき軒昂けんこうな軍人】
ここは実にいいな!セヒラが渦巻うずまいているではないか!
ああ、気分が高ぶる――
もう原隊には戻らん!いや、このまま戻って、あの小隊長を――
ん? 
――誰何すいかする!!貴様は誰だ?

意気いき軒昂けんこうな軍人】
貴様、山王さんのう機関の帥士すいしだな?
ふふ……まずはお前をぶち殺してから
帆村ほむら
銀河ぎんが血祭ちまつりに上げてやる!

《バトル》

意気いき軒昂けんこうな軍人】
嗚呼ああ……俺は自分を保てない…… 地上から消えざるを得ない。だがやがてまた、きっと――

【着信 銀河ぎんがゼットー】
よーし、よし!
喪神もがみ君、君は最高だよ!
はあとニ体……ん?
おかしいな。今ので最後だ。
やはり、他に怪人かいじんと戦い、
回収した者がいるようだ……
【着信 喪神もがみ梨央りお
黒ノ八号帥士くろのはちごうすいし、任務完了です。
山王さんのう機関本部に帰還してください。

山王機関本部さんのうきかんほんぶ

喪神もがみ梨央りお
兄さんの他に、怪人かいじんと戦った人物がいるようですね。
だとすると……
かなり腕の立つ者の仕業しわざ
そうじゃありませんか?
――私、何だか胸騒ぎがします。
それに……
匿名とくめいの通報者も気になります……

銀河ぎんがゼットー

 山王機関魔神課所属の研究員。この世の何よりも魔神が好き、と言った様子で魔神の研究に日々邁進している。
 その話し方は実に独特で、興奮すると難解な早口で専門用語を連発するが、聞く方の理解は端から求めてはいないようだ。しかし、話すさまを見ているとなんとなくこちらも楽しい気持ちになってくるのは、きっと彼の愛嬌の成せる業なのだろう。

IMG_1498
IMG_1497



ゼットーの名調子 ADV版

※BGMが流れます。ご注意ください。

ゼットーの名調子

〔山王機関本部課〕

ひょんなことから風魔ふうまは、
山王さんのう機関の課を訪れていた。
銀河ゼットーの名調子が始まる――

【銀河ゼットー】
おーほほほほ!
驚き桃の木の木!
ボクのちゃんたちが、
こんなに活躍するとは、
実に驚き千万、ヨロコバシー!
君のためにぐゎんばって、
ワンダホーなしょう する!

だがしかーし!
時にぐゎんとなるのだよ、
セヒラ光が強くなって、ぐゎん!
ん? 文献ではセフィラ光だ――
そうだよ、その通りなり~!
だが日本人はセヒラと言うぞ、
ヒレステーキにグラヒック!

で、この特製遠眼鏡のお陰だな、
セヒラ光から我が身を守れている。
こうやって眼鏡を上げるとだな――

ボクのまなこは真にチャーミングっ!

いやはや、セヒラ光をじかに見ると、
瞬時にアストラルになってしまう、
そう文献にはあるんだ。
恐っそろしいじゃないか、君!

アストラルだぞ、アスちゃんだ!
魯公ろこう隊長はアスに興味津々――
いやいや、その話は止そう――

まだじかにセヒラ光を見た者はいない。
セヒラ光を見てしまうというのは、
ある種の被曝ひばくであるな――

ふーっ……
思い出すのは父のことだ――
父、猥太郎、通称ワイ太郎は、
恐ろしきウランで被曝ひばくしたのだった!
――ウランを七輪にべるとは……

あれは二十年ちょい前のこと――
京都帝大の助教だった我が父は、
若き一人の学生と昵懇じっこんになった――
二人は日夜研究に取り組んだ。
研究室に泊まり込んでは、
原子核の研究に打ち込んだ!

独逸ドイツの研究所から手に入れたウラン、
そいつの原子核に中性子をな、
ズコーンと打ち込む、ズコーンとな!
するとだ、君!
強大なエネルギーが発生する、
そういう完璧理屈があったのだよ!

だが実験は失敗続き――
百三回も失敗したとな。

何を思ったかワイ太郎はついに禁断の!!
おーほほほ!
よりによって七輪だ、秋刀魚さんまだ!
ウラン鉱石を火にべるとはな!
エキサイトな発想じゃないか!
サイエンチストはそう来なくては!
神の領域に踏み込めり~

父と仲良しだった助手学生は、
なんと言ったか……確か……
柄谷がらたになんとかと言ったぞ!
今じゃグレートな学者か、
さもなくば……
――いやはや、はやいや。

ところで見給え、君!
ボクのちゃんがポチャンする、
あの見事な水槽すいそうをだ!
これまた独逸ドイツが開発した、
ゼーラム三八三がたぷんたぷん!
気持ちよさそなちゃん!
独逸ドイツではセヒラ不足で、
顕現けんげんせんらしいな!
ふーはははは!
我が神洲しんしゅうではそんなことはない!
わんさかかんさかセヒラがくぞ。

アラヤ界にじかに繋がる穴もある――
独逸ドイツ人はそう言っておったな!
穴……これまたなんて言ったか――
そうだ!思い出したぞ、
ロッホだ!ロッホ、ロッホッホ!

――ふぅ……
思うにだ、君!
ちゃんはロッホから
じかに現れるわけではない――
そう考えられているぞ。
ではどうやってあの姿になるのか……
ボクは深く深~く考えたが――

わからん!
さっぱりわからん!

こればかりは仕方がない。
悪魔と兵器の思念が、
どっかでひっそり合わさって、
ぐつぐつされている――
そう思うのだがな。
――大いなる謎だ。

しかーしだ、君!
ボクはしょう をブンブンさせて、
ちゃんをちゃぽーんする、
それでお役に立てるのだ!
おーほほ!

さぁ、今日も頑張ってブンブンだ!
超絶稼働でブンブンブーンだ!