山郷武揚やまごうぶよう

 如月鈴代の叔父である。鈴代の父、如月宗達の妾腹の子であり、その仲は芳しくなかったようだ。後に新潟の山郷家に婿入りしている。
 東雲流帰神法の審神者としての修練を積んでいたようで、セヒラの満ちた帝都にて魔神を求める言動も幾度か確認されている。
 一見温厚そうではあるが、その裡には野心を秘めているようだ。

yamagou
IMG_2208