ユリア・クラウフマン

 アーネンエルベ極東分局の研究者。錬金術師であり、科学者でもある。ホムンクルスの研究と開発に携わっている。セヒラが潤沢な東京でなら研究も進展する、との考えから来日した。
 独逸本国でしきりと喧伝されるアーリア人優生思想からは距離を置いており、理知的な態度を失わない。日本文化や日本人に対しても概ね好意的なようだ。メイド型のホムンクルスたちをフロイラインと呼び大切にしているようだ。

IMG_1535
IMG_1585